JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

滋賀県在住の72歳です。昨年息子(40歳)が同じ団地の娘さんを名指し、卑猥な落書きをしました。先方の親御さんは激怒さ

質問者の質問

滋賀県在住の72歳です。昨年息子(40歳)が同じ団地の娘さんを名指し、卑猥な落書きをしました。先方の親御さんは激怒され訴訟を起こされ、罰金刑(簡易起訴)で20万円の罰金を支払いました。
息子は先方の奥さんから自分の娘の悪口を言われて、腹が立ったから腹いせにやった云っています。刑事訴訟が終わるまで一年かかりましたが、先日先方から100万円の慰謝料と息子の現住所から立ち退き、永久に帰ってこないように との条件で示談の申し入れがありました。先方の娘さんは高校3年生でしたが、現在は卒業し大学生です。落書きはすぐに消去されこの件で娘さんに嫌がらせなどの行為はなかったと親御さんは言われています。
息子は反省して二度とこのようなおろかな真似はしないと云っていますが、嫁は離婚を申し立て三人の子供は親権を嫁に取られ現在は鹿児島県にいます。養育費として毎月6万円の仕送りをしています。事件のあと精神的におかしくなって専門のセラピーに通わせていますが、病名は破壊障害だということです。すでに現住所からは他所に移転しています。
落書きの代償としては息子は社会的には十分制裁を受けていると思いますが、このような場合の慰謝料、立ち退きの要求に応じなければならないでしょうか、ご教示くだされば幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
当方は司法書士です 。
回答がついておりませんでしたので、私が回答させていただきます。
わかりやすい回答を心掛けておりますが、ご不明点がございましたらお気軽にご返信ください。

「落書きの代償としては息子は社会的には十 分制裁を受けていると思いますが、このような場合の慰謝料、立ち退きの要求に応じなければならないでしょうか、ご教示くだされば幸いです。」の質問について回答させていただきます。

刑事的な制裁を受けておりますが、民事での示談とはまた別の問題です。
しかし、100万円の慰謝料と立退きは絶対に受け入れなければいけないのかというと、民事訴訟が起こされているわけではない現時点ではあくまでここは交渉できる部分です。本件事案で決まった示談金相場があるわけではありません。とりあえずキリのいい100万円を請求してみようと思って先方は提示しているのかもしれません。

息子さんは社会的に制裁をうけ、非常に反省しており、妻からは離婚を申し立てられ、病院にかかっている状態であるため、100万円の慰謝料の減額と立ち退きまでは勘弁できないかをお願いできないかと言ってみてはいかがでしょうか。
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
質問された内容について、当職からの回答に満足頂けましたら「評価」を頂けますと幸いです。

なおわからない点がございましたら、補充説明をさせていただきますので、お気軽にご返信ください。
宜しくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

返信はここからでいいのかどうかわかりませんが、ほかに返信欄がないようですので、説明が不十分なところを補足します。


息子はすでに離婚しています。妻からもこの行為の責任を離婚という形で取らされているわけです。本来ならば支えにな らないといけないはずの嫁が、恥ずかしいからという理由で離婚を迫り息子は応じたわけです。子供たちとも鹿児島ではたびたび会うこともできません。息子が永久にこの場所に帰ってこられなくなると、私たち夫婦も高齢で、いつ動けなくなるか、あるいはどちらかが死亡すれば、息子の手助けが必要です。嫁に対する財産分与や、移転の費用などで資産的には破産状態の息子に、年金生活の親では将来一緒に住むことは絶対に必要となると思っています。慰謝料はともかく刑事罰を済ませた人間に、ここに住んではいけないということがいえるのでしょうか。その点について法的な見解を教えていただきたく存じます。、

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご心痛お察しいたします。
息子さんにとってつらいことがたくさんあったのですね。

「慰謝料はともかく刑事罰を済ませた人間に、ここに住んではいけないということがいえるのでしょうか。その点について法的な見解を教えていただきたく存じます。」と の質問に回答いたします。
相手の心情としては、それだけの補償が欲しいということです。
法的には"裁判所の判決"で相手方に100万円の慰謝料と立ち退きが認められない限り、支払い義務があるわけではなく立退きもしなくて大丈夫ですよ。

ですから、ご質問者様や息子さんのご事情を話して頂き、もう勘弁してほしい裁判もしないでほしいと相手方に訴え理解を求めてみてはいかがでしょうか?
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

相手方は立ち退きに固執されていて、立ち退きをしなければ裁判に持ち込んでも立ち退きをさせるというニュアンス話されています。裁判になれば立ち退きを命じられる場合もあるのでしょうか。同義的な意味合いではなく法律上の問題として落書き程度でそんなケースがあるのでしょうか。常識的には殺人罪でも刑を終えて出所してきた人に、ここに住むな、あそこに住むなとはいえないと思いますが法律上では違う見解があるのですか。ご教示ください。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
法律に落書きをしたらそこには住んでいけないという規定はありません。
最終的には裁判官の判断ですが、退去するだけの金銭的な余裕もなく、またご質問者も高齢であり、ゆくゆくは息子さんに面倒を見てもらわないといけない現実を鑑みるとそこまでの判断ではなく金銭賠償で落ち着くようには思われます。
向こうが裁判するのであれば、この点を裁判所に訴えてお金に関してはやむを得ないにしても退去に関しては徹底的に争う余地はありますよ。
質問者: 返答済み 4 年 前.

よく分かりました。ありがとうございました。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご参考になったようでよかったです。
うまくいくことをお祈りしています。

法律 についての関連する質問