JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

中学2年の娘が 下級生を 取り囲み 日ごろの 態度を 注意したところ 相手の親御さんから 謝罪を求められ 校長室

解決済みの質問:

中学2年の娘が 下級生を 取り囲み 日ごろの 態度を
注意したところ
相手の親御さんから 謝罪を求められ 校長室にて 謝罪しました
後日 電話があり 親子3人の反省文を 提出して欲しいと いわれました
ここまでする 必要があるのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
法律的にどうかということであれば、反省文の提出を強制されたり、提出しなかったことをもって損害賠償の支払いを命じられる、不利益な取り扱いを受けるといったことはありません。あくまでも相手の親御さんの気持ちを収めるために要求されているというだけのことです。
したがって、こちらとしては校長室で謝罪したことをもって十分だと考えている、これ以上の要求は過剰なものであり応じるつもりはない、という対応でも問題は無いわけです。

法律を離れて言えば、相手が反省文で納得するのであれば事態の収拾のために相手の要求に応じることも選択肢の1つです。提出を拒否すれば反省が足りないと称して態度を硬化させることは容易に想像ができますし、もし本当に娘さんに非があったのであれば、ある程度は相手の気持ちに沿うよう行動することも必要でしょう。

一方で、相手がただ感情的にしている要求に応じ続けても事態の解決に繋がらないこともあります。相手がいわゆるモンスターペアレンツであれば、反省文を書いても内容が気に入らないと突き返してきたり、さらなる要求をしてきたりする可能性も考えた方が良いでしょう。その場合は、早めにハッキリと要求を拒絶しないとずるずると問題が長引いてしまうことになってしまいます。

ここでお答えできることは法律ではどうかということに留まりますので、実際にどこまで相手の要求に応じるべきか、という点は相手の親御さんの性格を考慮したうえで学校側と相談して決めるのが適切です。
法律的には、最初に申し上げたとおり要求に応じる必要はないという答えになります。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問