JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

ネットで知り合い、好意を持ち、初めに年齢を嘘をついていたため、相手が本気になり、ネット上で、結婚するとまでなってしま

質問者の質問

ネットで知り合い、好意を持ち、初めに年齢を嘘をついていたため、相手 が本気になり、ネット上で、結婚するとまでなってしまい、その後、真実を話すと、脅迫され、それは嘘でしょうと言われたのを、怖いため、そうだといい、また、ごまかしてしまいました。
その後、間もなくから、何度も別れ話をしていましたが、受け付けてもらえず、ついに、真実を言ったら、裁判か金で解決するよう迫られています。
悪かったのは充分わかっていますが、裁判沙汰は大変困るので、それでは、車を買えと言われています。
今も、メールなどが来ています。
住所、氏名、個人情報が、すべて、知られてしまっています。
緊急なのですが、どうしたらよいか、よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

緊急ということで、短くお答えします。
裁判などしたところで、たいした請求は認められません。
車などもってのほかです。
ですから、裁判を恐れすぎないようにしてください。裁判をおそれていることを見透かされると、つけ込まれます。
そもそも、そういった相手が裁判を起こせるとも思えません。

そして、相手のしていることは恐喝です。
警察に相談するか、「あなたのしていることは恐喝です。」と反論してください。

とにかく、相手の主張に応じる必要はありません。
ですから、徹底的に否定するほか選択肢はありません。
質問者: 返答済み 4 年 前.

たくさん、証人がいる、署名も取れる、といわれています。


 


相手は九州で、裁判となれば、出向くことができません。


 


仕事柄、騒動は、困ると思い、口約束ですが受けてしまいました。


 


今、銀行印を送れとか、メールが来ています。


 


すぐに、警察に行ったほうがいいのでしょうか?

質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:その他.
今、どうすればいいのか、大変緊急なので
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

質問が再投稿され、大変緊急とのことですので前回答者に代わりに回答します。

 

銀行印を送るなどもってのほかです。絶対にしてはいけません。
あなた自身が気持ちを強く持ち、ハッキリと相手の請求を否定してください。
弁護士に相談した、これ以上続けるなら警察に行く、と断固として言えば止めることも多いです。

 

確かに、道徳的な意味ではネット上であっても嘘をついたり、その後に本当のことを話すチャンスがあったのにそれをごまかしてしまったことは適切とは言えないでしょう。
しかしそれらはネットを通じて大人同士が恋愛という状況で行ったことであり、他に何か金銭的なやり取りがあったとか、そういった事情はないですよね?
そうであれば、法律が介入してあなたになんらかの責任を負わせるような行為ではありません。
にもかかわらず、しつこくあなたに対して金銭その他のものを要求するのは、脅迫罪(刑法第222条)または恐喝未遂罪(同第249条、250条)になり得る行為ですので、続くようであれば迷わず警察に行ってください。

AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験: 民事法務専門
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


何度もすみません。


控訴すると言われました。


 


受けるしかないのでしょうか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

おそらく裁判を起こす、訴えるということを言いたいのだと思いますが、「控訴」というのは、裁判になって第一審の判決が下された後にそれに対して不服申立てを行う手続きのことですので、使い方としては完全に間違っていますね。

 

このことから想像できるのは、相手の方も法律の手続きについて全く詳しくなく、ただ感情的にそのようなお話をされているのだろうということです。

法律に詳しくない方が自ら裁判を起こす可能性は極めて低く、裁判のために弁護士に相談すれば訴えても勝ち目がないと止められるでしょうから、結局のところ訴えられる可能性は極めて低いといえますので心配ないでしょう。

 

相手の方には、訴えを起こすなら争う、そちらに争っても勝ち目がないことは弁護士に相談すればわかる、これ以上請求してくるようなら週明けにも警察に行くと伝えて、あとは一切の連絡を無視すれば良いです。

質問者: 返答済み 4 年 前.


すみません。


 


金銭のやり取りはありませんが、成行き上で、結婚詐欺を訴えるつもりだと思います。


 


口約束で、ネット上ですが、メール、電話などはしてしまっていました。


 


サイトの中の知り合いも、知っています。


 


この場合、結婚詐欺の罪は、どうなるのでしょうか?

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
結婚詐欺というのは結婚を餌に異性から金品を騙し取るという犯罪ですので、金銭等のやり取りがなければ犯罪として成立せず、相手の方が警察に行ったとしても追い返されるだけです。

相手が訴える可能性があるのは犯罪を扱う刑事事件としてではなく個人間の争いである民事事件であり、結婚の約束をしたのに一方的に破られたという婚約破棄を理由とする慰謝料の請求でしょう。

万が一裁判になったとすれば、相手はあなたとの間で婚約が成立していたことを主張・証明する必要があります。一般的には、双方の両親に挨拶した、婚約指輪を交換した、結納を行ったといった外形的な事情を挙げて証明していくことになりますが、今回はそのようなものは無いですし、そもそもあなたの方には初めから結婚する意思がなかったのですから婚約が成立しません。

婚約の形式には決まりがなく当事者間に誠心誠意結婚の約束があれば足りるというのが判例ですので、理論上はネット上だけで成立する結婚の約束というのもありえ無いとは言えませんが、会ったこともない相手との口約束だけで誠心誠意結婚の約束があったというのは無理だろうというのが常識的な感覚ですし、そのような主張が裁判所で採用されることも無いと思います。

法律 についての関連する質問