JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

こんちには。神奈川県に住んでいるxxxxと申します。個人で訴訟を起こそうとしています。被告は学校法人で原

質問者の質問

こんちには。 神奈川県に住んでいるxxxxと申します。 個人で訴訟を起こそうとしています。 被告は学校法人で原告は私です。 請求の趣旨は入学金の返還です。 私は当該学校法人の欠員募集試験の前に入学を辞退しましたが、当該学校法人が入学金の返還に応じない為、裁判になりました。 それに当たりいくつか質問があります。 ①被告は学校法人になるのですが、その学校法人の過去の受験者数や合格者数を被告に裁判所に提出してもらう為、訴状に「求釈明の申し立 て」の項目を作り、その旨を記載しております。又、文書提出命令申立書を作成し、訴状と一緒に提出しようと考えています。 ⇒その他に原告が被告に当該文書(受験者数や合格者数)の提出の要求をする手段はあるのでしょうか? ⇒又、文書の提出を請求する際にその文書の実際のタイトル(当該学校法人にて使用されているタイトル)を知っている必要があるのでしょうか? ②以前、同じ被告に対し、同じ趣旨の訴訟を起こそうとしましたが、訴状に不備があり、そこで訴訟がストップしてしまったところで訴状を取り下げました。 ⇒このような場合でも再び訴訟は起こせるのでしょうか? ③その際に全部事項証明書を取得しましたが、当該学校法人は大きな学校法人の一つでその本店となる学校法人は大阪に住所がありました。以前、弁護士の方からそのような場合でも東京の裁判所で訴訟が起こせると聞いたのですが、どのようにすれば、よいのでしょうか?当方仕事があり、大阪まで何度も行くのは無理です。 宜しく、お願い致します。 xxxx

投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

こんにちは。
司法書士です 。
わかりやすい回答を心掛けておりますが、ご不明点がございましたらお気軽にご返信ください。
少しでもお力になれれば幸いです。

ご質問について回答させていただきます。
①被告は学校法人になるのですが、その学校法人の過去の受験者数や合格者数を被告に裁判所に提出してもらう為、訴状に「求釈明の申し立 て」の項目を作り、その旨を記載しております。又、文書提出命令申立書を作成し、訴状と一緒に提出しようと考えています。
⇒その 他に原告が被告に当該文書(受験者数や合格者数)の提出の要求をする手段はあるのでしょうか?
→裁判提起前でしたら民事訴訟法第132条の2以下に基づく、訴えの提起前における証拠収集の照会という制度があります。
 訴えを提起しようとする者が、訴えの被告となるべき者に対し訴えの提起を予告する通知(予告通知)を書面でした場合には、その予告通知をした者(予告通知者)は、その予告通知を受けた者に対し、その予告通知をした日から4ヶ月以内に限り、訴えの提起前に、訴えを提起した場合の主張又は立証を準備するために必要であることが明らかな事項について、相当の期間を定めて、書面で回答するよう、書面で照会することができます。
また相手の返答が不十分であり返答が無い場合自ら証拠収集が困難であれば、裁判所に訴え提起前の証拠収集処分申立をすることもできます。
弁護士さんを立てないで裁判をする場合、東京簡裁であればアドバイスしてくれる窓口がありますので、管轄が東京簡裁になるようでしたらそちらもご利用になられることをお勧めします。

【民事訴訟法第132条の2以下の詳しい条文はこちらをご覧ください】
http://www.houko.com/00/01/H08/109.HTM#s1.6

⇒又、文書の提出を請求する際にその文書の実際のタイトル(当該学校法人にて使用されているタイトル)を知っている必要があるのでしょうか?
→ズバリの名前までは分からなければ不要ですが、こういう文書という特定は必要です。

②以前、同じ被告に対し、同じ趣旨の訴訟を起こそうとしましたが、訴状に不備があり、そこで訴訟がストップしてしまったところで訴状を取り下げました。
⇒このような場合でも再び訴訟は起こせるのでしょうか?
→前訴で判決が出ていないのであれば訴えは可能です(民事訴訟法第262条2項)。

【関連条文】

民事訴訟法
(訴えの取下げの効果)
第262条  訴訟は、訴えの取下げがあった部分については、初めから係属していなかったものとみなす。
2  本案について終局判決があった後に訴えを取り下げた者は、同一の訴えを提起することができない。

③その際に全部事項証明 書を取得しましたが、当該学校法人は大きな学校法人の一つでその本店となる学校法人は大阪に住所がありました。以前、弁護士の方からそのような場合でも東京の裁判所で訴訟が起こせると聞いたのですが、どのようにすれば、よいのでしょうか?当方仕事があり、大阪まで何度も行くのは無理です。
→ご質問者様の住所地を管轄している東京の裁判所に普通に訴状を提出すれば結構です。入学金返還請求でしたら法的性質としては不当利得にあたるものと思われますので、返還義務の履行地として、民事訴訟法第5条に基づき、ご質問者様の住所地を管轄している裁判所に訴えることが可能です。(訴状にその旨を書いてもいいし書かなくてもいいです。)

【民事訴訟法第5条1項1号】
(財産権上の訴え等についての管轄)
第5条
次の各号に掲げる訴えは、それぞれ当該各号に定める地を管轄する裁判所に提起することができる。
一  財産権上の訴え
義務履行地
(以下省略)

質問者: 返答済み 4 年 前.

迅速に対応して頂き、ありがとうございました。


①につきまして質問がございます。それは実際にどの様な手順を踏めばよいのかという事です。大変お手数ですが、手順に番号を振っていただきご説明願えると幸いです。法律の素人でも解り易くお願い致します。


 


以上、何卒宜しくお願い申し上げます。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

回答いたします。

ネット上で説明するのは非常に難しく、またわかりやすく書こうとしてもどうしても長くなってしまいますので、まとまっている文献のページをご紹介させていただきますね。
こちらの16ページ以下に訴え提起前の証拠収集手続きの解説があります。
またこの点の書式もございますので、これをなぞっていただければ、ご質問者様のご希望に沿う書面ができるのではないかと思います。
【民事訴訟における証拠収集の手続き-東京弁護士会】
http://www.toben.or.jp/message/libra/pdf/2008_10/p02-19.pdf

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
質問された内容について、回答が得られましたら評価を頂けますと幸いです。

なおわからない点がございましたら、補充説明をさせていただきますので、お気軽にご返信ください。
宜しくお願い申し上げます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

返信が遅くなり、申し訳ございません。


仮にこの件を先生にお願いすると費用はどのくらいかかるのでしょうか?


お教え下さい。


 


P.S. このサイトを使うのは初めてなので、回答を評価するともう先生と連絡がとれなくなるという可能性もあると思い、まだ回答の評価をしておりません。もし大丈夫ならばその旨お伝えくだされば、評価をいたします。


 


それでは、何卒、宜しくお願い申し上げます。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
評価をして頂いても返信機能は失われませんので、ご安心ください。

なお、サイトの規定上、残念ながら私が直接依頼を承ってはいけないことになっております。
代理人として司法書士や弁護士を付けるので あれば改めて先生をお探し頂く必要がございますので大変申し訳ないですがご了承ください。
もし、お知り合いにいらっしゃらなければ、司法書士会(140万円までの請求に限る)ならば無料で、法テラスや弁護士会ならば一度法律相談を通して(30分5000円、なお法テラスは収入要件満たせば無料)紹介してもらうことが可能です。

本件のような返還請求のだいたいの相場くらいならばお話できます。
もしよろしければ返還して貰いたい入学金の額を教えていただけますか?
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

約168万円です。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

ご評価ありがとうございます。
168万円では司法書士が代理することができませんので、訴訟までのすべてをお願いしたい場合は弁護士さんにご依頼していただくことになります。
なお着手金が20-30万円、報酬金は返還された金額の1 5%くらいが相場ですが、事務所によって異なりますので、報酬を聞いてからご依頼されてもよろしいかと存じます。

※日本弁護士会連合会(日弁連)に報酬の目安(基準ではありません)のページがありますので、ご紹介させていただきます。ある程度は参考になると思います。
http://www.nichibenren.or.jp/contact/cost/legal_aid.html

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


以前お世話になった弁護士の先生に


お願いしてみようと思います。


 


以上、宜しくお願い申し上げます。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
頑張ってくださいね。
うまくいくことを祈っております。
質問者: 返答済み 4 年 前.

大変お世話になりました。


頑張ってください。


僕も頑張ります。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ありがたいお言葉ありがとうございます。
また何か疑問点が生じましたらお気軽にご相談くださいね。
(なおこちら内容への返信は大丈夫です。)

法律 についての関連する質問