JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

姉が配偶者を亡くし子供もいなくて遺言書もないまま有価証券を遺して亡くなりました。その相続手続きの中で父が認知した非嫡

解決済みの質問:

姉が配偶者を亡くし 子供もいなくて遺言書もないまま有価証券を遺して亡くなりました。その相続手続きの中で父が認知した非嫡出子(A・父の実兄の養子になっています)の存在がわかったのですが、Aが姉の死後亡くなっていたのでAの配偶者の方(子供なし)に相続の手続きをしました。ところが証券会社からAの養子先の兄弟が法定血族になるので相続権があるという指摘がなされました。他に姉の兄弟や兄弟の遺児といった相続人がいても、そして姉のいとこでもある法定血族に相続権はあるのでしょうか。ご多忙のところ恐縮ではございますが、ご検討いただければ幸甚。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

姉の配偶者及び子が先に亡くなっており、ご両親・祖父母等の直系尊属も亡くなっている場合、まず姉の死亡という第一の相続により姉の相続人になるのはあなたとAです。


そして姉の死後にAが亡くなったことにより第二の相続が発生し、「Aが姉の遺産を相続する権利」という財産がAの相続人であるAの配偶者及び養子先の兄弟に相続されることになります。
Aの兄弟が相続人として関わってくるのは姉との関係ではなく第二の相続によるAとの関係によるものですので、疑問をお持ちになっているような事情は影響しない訳ですね。

 

したがって証券会社の言うように、姉名義の有価証券の相続手続きには、あなた、Aの配偶者、Aの養子先の兄弟の全員による手続きが必要になります。

 

まずは端的にお答えいたしましたが、より詳しい説明が必要な点がございましたら評価をせずに続けてご返信ください。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

一行目の「姉の配偶者及び子が先に亡くなっており」は「姉の配偶者が亡くなっており子もおらず」の誤記です。
失礼いたしました。

質問者: 返答済み 4 年 前.

Aが養子にいくことによる養子先の兄弟の相続順位は、亡くなった姉の兄弟と同一順位なのでしょうか。従兄弟と相続しあうことがあるというのが法律ならば仕方がありませんが…。なお他の証券会社2社では同じ書類を出してAの養子先の兄弟まで相続がいくということはありませんでした。この2社の方が金額が高いという皮肉な結果に驚いています。

質問者: 返答済み 4 年 前.

Aの養子先の兄弟(叔父の子供ですから私の従兄弟にあたります)と相続順位は同じなのでしょうか。法定血族には相続に制限はないのでしょうか。他の証券会社2社からは同じ条件でAの養子先の兄弟まで相続がいくという指摘はありませんでした。この2社の方が金額が高いという皮肉な結果に驚いています。法律が弱者を助けるためにあることは理解していますが、当事者の感情としては?が残ります。

質問者: 返答済み 4 年 前.

Aの養子先の兄弟(叔父の子供ですから私の従兄弟にあたります)と相続順位は同じなのでしょうか。法定血族には相続に制限はないのでしょうか。他の証券会社2社からは同じ条件でAの養子先の兄弟まで相続がいくという指摘はありませんでした。この2社の方が金額が高いという皮肉な結果に驚いています。法律が弱者を助けるためにあることは理解していますが、当事者の感情としては?が残ります。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

姉とほとんど関係の無いような親族が相続人となることに違和感を感じるのも無理は無いと思います。
法律の規定は亡くなった方が遺言書を残していない場合に補充的に使われるものであり、どうしても亡くなった方の遺志やご親族の感情と一致しない部分も出てしまうことが多いです。

 

法律上、相続の順位というのは相続人になる資格の順番を言うので同じですが、相続できる割合(相続分)は異なります。
まず姉の相続について、両親を同じくするあなたに対して、一方のみが同じであるAの相続分は半分になります。
つまり姉の遺産について、あなたが3分の2、Aが3分の1の権利を持つということです。

そして第二の相続により、Aの権利である3分の1がAの相続人に相続されます。
まずAの配偶者が12分の3(3分の1×4分の3)、残りの12分の1(3分の1×4分の1)をAの養子先の兄弟および血の繋がった兄弟全員(あなたも含まれます)で分けることになります。

 

既に手続きの終わった証券会社2社は養子縁組の記載を見落としたのでしょう。
法律的には最後の証券会社の言っていることが正しいです。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問