JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

6月にビルのオーナーに頼まれて8階建てのビルの2階に1ルームを11部屋作りました、その工事代金800万円が未だもらえ

解決済みの質問:

6月にビルのオーナーに頼まれて8階建てのビルの2階に1ルームを11部屋作りました、その工事代金800万円が未だもらえず業者全員困っています。7月末に支払う約束が8月の半ば、末、9月はじめ、半ば、末、と伸ばして未だ支払いがありません。皆、材料費の支払いや生活費に困っています。こうなったら詐欺罪で訴えて、民事で損害賠償と慰謝料も含めて支払請求しようかと話しています。いかがなものでしょうか?またその場合の方法や金額などが知りたいのですが。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
回答前に確認させてください。

方法、とありますが、弁護士に頼むつもりがないということでしょうか。
弁護士に頼めば方法は考えなくても済むはずです。
質問者: 返答済み 4 年 前.
,裁判をして回収できれば、弁護士に頼みたいのです、その場合の金額や、弁護士の選択の方法などがわからないのです。また現場は横浜の関内です。
質問者: 返答済み 4 年 前.
,裁判をして回収できれば、弁護士に頼みたいのです、その場合の金額や、弁護士の選択の方法などがわからないのです。また現場は横浜の関内です。
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
わかりました。

まず、詐欺罪で訴えるかどうかは質問者様が決めることではなく、検察官が決めることです。
民事と刑事を分けてください。
詐欺罪で刑罰を科しても、お金が返ってくるわけではありません。

本件は、詐欺というよりも債務不履行に基づく損害賠償請求の事案です。
工事をしたにもかかわらず、代金を支払わないのですから、請求はほぼ確実に認められるでしょう。
慰謝料は精神的な損害ですから、医師の診断書等がなければ請求することはできないとお考えください。今回の代金未払いで、精神的に参ってしまったなどの事情が必要なのです。
したがって、請求できるのは工事代金+遅延損害金であるとお考えください。
遅延損害金の額を高くするために、支払期限の延長には応じないようにしてください。
遅延損害金発生時が遅くなってしまいます。
800万円を請求すると仮定して、
着手金40~50万、満額回収した場合の成功報酬が90~100万円が相場です。
弁護士によって異なりますので、事前に費用説明がある弁護士がいいでしょう。

弁護士の選び方についての質問はとても多いのですが、
弁護士の腕で勝敗が変わることはほとんどありえません。
事実は1つであり、法律というルールも変えようがないからです。
年数を重ねたから、勝率が上がるとかそういうことはないのです。
また、代金未払い案件でしたら、ほぼ全部の弁護士が扱えます。
弁護士の選び方は、いくつか事務所をまわってみて、説明がていねいで誠実か、安心して任せられそうかなどの人間的な相性で選ぶべきです。
中には横柄な弁護士もいて、不愉快に思いながらも「弁護士なんてこんなものか」と考えて頼む方がいますが、紛争を任せる以上ストレスを感じる相手に頼むのはおすすめできません。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問