JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私はパワーストーンのお店をしています。 お客様からクレームがあり返品を了解しカードも切っていましたが、キャンセルし

質問者の質問

私はパワーストーンのお店をしています。
お客様からクレームがあり返品を了解しカードも切っていましたが、キャンセルして和解しましたが、後日カード会社から加盟店取り消しの事になり
また今日も別のクレジット会社から他の会社からの情報で加盟店取り消しの通知を受けました。
これは損害賠償の対象にならないですか?
よろしく回答お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんばんは。

損害賠償請求は相当難しいと言わざるを得ません。

まず、カード会社の加盟店取り消しを金銭的な損害に換算しにくいです。
損害賠償請求という以上、金銭賠償してもらうことになります。
そこで、損害がいくらかを考えることになりますが、カード会社の加盟店取り消しは金銭的な評価をしにくいです。

次に、結局のところ和解が原因であって、相手の責任とするのが難しいところがあります。
相手の一方的な行為によって、今回の結果が引き起こされたならまだしも、
和解したということは質問者様の意思も反映されているわけです。
したがって、完全に相手が原因というわけではないので、損害賠償請求は難しいです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
和解しました件は納得しましたが、その情報を得て後から加盟店取り消しを言ってきたクレジット会社は25年間何のトラブルもなくいいお付き合いをしてきましたがいきなり今日、他の情報機関から流れてきた事で、加盟店取り消しを言ってきています。
この件はもうどうしようもない事ですか?
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
この返信は「詳しい回答を期待した」、ということがあてはまるのでしょうか。
さきほどの回答のどこを詳しく求めているのでしょうか。
マイナス評価をたてに新しい質問をするようなことが再度あった場合には回答を控えます。

加盟店の取り消しをするかどうかは、カード会社が決めることです。
今回の経緯を説明することで、
決済に問題はなかったのだとカード会社に認識してもらうことで、取り消しを撤回してもらうほかありません。
質問者様が、ご自身の非を認めないのであれば、和解などするべきではありませんでした。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
補足します。

質問者様が詐欺をしたのでないのであれば、一方的に加盟店取り消しは不合理です。
カード会社は、質問者様の会社が詐欺をしたと疑っているのでしょう。
ですから、その疑いさえ晴らせば、取り消しは撤回させることができるはずです。
ましてや、これまでの付き合いが長いのですからなおさらです。
がんばってください。

法律 についての関連する質問