JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

当方福岡県西鉄沿線に住んでおります。4年ほど前に駅の拡張で土地30坪を譲渡致しましたが、状況の変化で工事はとん挫して

質問者の質問

当方福岡県西鉄沿線に住んでおります。4年ほど前に駅の拡張で土地30坪を譲渡致しましたが、状況の変化で工事はとん挫しております。土地の返還を要求することは可能でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
回答前に情報をください。

・譲渡とは売買ですか。そうでなければ、どういった形式ですか?

・なぜ工事が頓挫することで、返還を求めたいのでしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.

駅の拡張という大義でしぶしぶ譲渡した訳です。しかしその目的がほとんど消滅した今日代金を返還して、活用したいと考えております。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
なるほど。

駅の拡張のために譲渡したことが明白であり、
そうでないのであれば譲渡しなかったいえる場合であれば、
売買契約をなかったことにできる可能性はあります。

しかし、工事が頓挫しているだけで駅の拡張自体は進んでいる、
工事が頓挫することがやむを得ない事情であった場合などであれば、
駅の拡張がないわけではなく、ただ遅れているだけです。
そうすると、駅の拡張がないとの理由で譲渡をなかったことにすることはできません。

現実的には、譲渡をなかったことにすることは、駅の拡張計画そのものがなくならない限りは、ほぼ不可能とお考えください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話掛けます。町の周辺の土地買収が随分遅れ西鉄側も町に対して業を煮やしたみたいで、拡張工事は全然進捗しておりません。又電車の乗降客の伸び悩みで計画そものの必要性がなくなったのかも知れません。計画そのものが廃止という確認(町の担当者との)が取れた場合には契約無効の裁判を起こすことになるのか、話し合いでの解決にするのか、どちら選択がベストでしょうか?宜しくお願いします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
相当困難ですが、
・計画があったからこそ売った
・計画がなければ売らなかった
ということが立証できれば、戦う価値はあります。

一般的に、話し合い→訴訟の流れです。
訴訟をせずに話し合いで済むのであれば避けた方が賢明です。
話し合いで解決しないときにはじめて訴訟をすることになります。

法律 についての関連する質問