JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

御相談させて下さい。下記ネット記事の被害者の実弟です。私はヤクザでは有りません。普通に現場職人として

質問者の質問

御相談させて下さい。 下記ネット記事の被害者の実弟です。 私はヤクザでは有りません。 普通に現場職人として仕事をしております。 この事件の被害者に当る母親が今年、心労にて亡くなりました。 私の母でもあるのです。 相手方の弁護士から示談金の 話は母に有りましたが 犯人に対して更生をしろとの事で示談金は要らないと突っぱねたようです。 しかし、実際に弁護をしたのは組からの弁護人で更生をするとは考えにくいです。 それを思うと腹が立ち、民事裁判を起こせないかと考えています。 実際、2年前に兄のDV行為から田舎に逃がして穏やかに暮らしていました。 生活保護を受けざるを得ない不本意な移動しかさせられませんでしたし 現在、墓ですら建てる費用も捻出が苦しい状況にいます。 実父のDV、兄のニート、DV、組織に属した事によって失った命の為に 母は生前は相当苦労してきました。 母の犯人に対しての最後通告をも無視され、墓もままならず・・・ なんだか虚しさでいっぱいです。 母の故郷に少しの土地を買い墓を立て、兄も母の傍にもって行きたいと考えます。 どうか御知恵をお貸しください。  18日午前0時40分ごろ、XXXXXXの暴力団事務所から「若い子が暴れて人を刺した」と119番があった。A署員がかけつけると、事務所2階で40代とみられる男性が胸などから血を流して倒れており、近くにいた指定暴力団組員のB容疑者が「自分が刺した」と認めたため、殺人未遂容 疑で現行犯逮捕した。男性は病院搬送後に死亡。同署は男性の身元確認を急ぐとともに、容疑を殺人に切り替えて調べている。同署によると、B容疑者は事務所の住み込みで、刺された男性も暴力団関係者らしい。2階の部屋で口論となったといい、B容疑者は「4~5回包丁で刺した」と供述しているという。当時、1階にも別の組員がおり、119番通報した。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、ご家族のことで大変ご苦労をされたと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 お話から、場合によっては相続による慰謝料請求ができるかもしれません。

すでに、記事等から犯人は捕まっていますから刑事事件としては解決していくのかも

しれませんが、おっしゃる通り民事事件としての側面はまだあります。

 例えお母様が、慰謝料等はいらないと言ったとしても

それが口約束等であれば、証拠はないでしょうから慰謝料請求もあり得ます。

 今回の事件で、亡くなられたのは、ご相談者様のお兄様と言うことでしょうか?

お兄様には、配偶者の方やお子様はいらっしゃらなかったのでしょうか?

そうなると、推定相続人はお父様とお母様になります、。

お父様は、お話からいらっしゃらない感じですから

お母様が、民事事件の慰謝料請求者になりますが、そのお母様が慰謝料を請求せずに

亡くなっていらっしゃるのであれば、ご相談者様に、慰謝料相続権が相続されることになります。

また、お兄様と言う、ご相談者様のお身内が殺害されたのですから

ご相談者様も、相当のショックがあったと思いますので、それに対する

ご相談者様の固有の損害賠償とすることも可能です。

時効等の問題もありますが、今回の件は、時効を援用するのは信義則や権利の濫用に

あたるとして認められないかもしれません。

 ただ、問題は、お母様が、すでに示談書で慰謝料はいらないと署名捺印でも

されていますと、もめるかもしれません。とは言え、慰謝料0円と言うのは裁判等で

覆すことが可能ではあります。

 とりあえず、相手が刑務所などにいるのであれば、相手側の代理人の弁護士の先生か

その暴力団事務所に、内容証明等で、慰謝料の請求が可能です。

ただ、やはり相手は反社会的勢力には変わりありませんので

充分なご注意が必要でしょう。弁護士の先生にご依頼して代理交渉していただいた

方が、安全かもしれません。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問