JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

相続に関する相談です。よろしくお願いいたします。 1.相続されるべき農地の換地処分で、父からの曾祖母の名義が残

解決済みの質問:

相続に関する相談です。よろしくお願いいたします。

1.相続されるべき農地の換地処分で、父からの曾祖母の名義が残っていることを知りました。
2.これまでは、直系尊属の親と叔父がいるのでほとんど口を出していませんでしたが、金銭的な価値はともかく登記名義はきちんと移すべきだろうと、私は考えております。私から見れば、「高祖父母」の世代になります。
3.しかし、父・叔父に 聞くと「専門家に頼むと金もかかるし、田んぼで安いから、最終的には市に寄付してもいいんだけどな」と言ったりしております。
4.先ほど叔父に電話したところ、利害関係人は20人ほどいるようです。
5.名残で、叔父が直系の長男らしいので、名義を残すというのは心情的には分かりますし、どうも、その土地はいわゆる家父長制時代の名残のようで、叔父は譲るような気配はありません。私はそれでもかまいません。しかし、登記は移すべきと考えております。

なお、父・私と、叔父・土地はいわゆる帰省をするという関係で、主に叔父が土地管理を担当しているという事実があります。

以上の事実の上で今後どのように、行動すればいいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます

恐れ入りますが、情報りクエストをさせていただきたく存じます。

>先ほど叔父に電話したところ、利害関係人は20人ほどいるようです。

利害関係人とは、どのような方々でしょうか。相続人が20人いるということでしょうか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

>利害関係人とは、どのような方々でしょうか。相続人が20人いるということでしょうか。


 


いわゆる、相続人等が20名ほどいるという情報を入手しました。本籍が熊本で、土地も本籍と近接しています。


 


ただ、叔父の話では。その親戚含め20名は福岡から鹿児島まで点在しているようです。


 

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

了解しました。

>以上の事実の上で今後どのように、行動すればいいでしょうか?

司法書士の先生に依頼するほうがよさそうですが、

今の時点ですこしでもやれることがあるとすれば、

「専門家に頼むと金もかかるし、・・」といっている父・叔父の説得、

あと、相続関係の調査、です。

単独名義にするには、他の相続人全員と遺産分割協議をした書類なども必要になってきますので、同意がひつようです。

分かる範囲で、相続人の調査をしてみるとよいでしょう。

(戸籍が全国にちらばったり、養子や廃除などもあると、

大変な手間になります。)

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

やはり、大変そうですね。自分たちの世代で綺麗にすると言っておいて、確かに簡単に行く部分は、私が口出しするものでもないので、納得しました。


 


しかし、いわゆる実家の相続と言うものは本当に難しいですね。今回の質問の背景にはいわゆる墓(私の家系はお寺さんでの納骨堂ですが)を守るという感情的な部分も多々あると感じております。


 


私はいわゆる直系の長男ではないのですが、傍系の長男ですので、少々でしゃばりすぎたかもしれません。ですが、登記はきちんとなされるべきだと考えております。


 


ご返答、誠にありがとうございました。

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

ご相談者様の考えこそが、あるべき姿と考えます。

ただ、法律と感情がかい離することはありえますので、やむを得ないかもしれません。

また、子孫のために、という観点がご本人にどれだけあるか、ということですね。

また何かありましたら、ご相談ください。

なお、相続関係の調査は、行政書士も受任しております。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問