JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

独身で身寄りのない認知症の夫の伯母を5年間ほどサポートしてきた。40代の主婦です。 夫はこの春から単身赴任中です。

解決済みの質問:

独身で身寄りのない認知症の夫の伯母を5年間ほどサポートしてきた。40代の主 婦です。
夫はこの春から単身赴任中です。
認知症の伯母宛の手紙の扱いについてお尋ねします。

認知症の夫の伯母(89歳)に海外に住んでいる義妹がお金を無心する手紙を送ってきます。伯母は手紙を読んで理解する力はまだある程度あります。 老人ホームに昨年から入居しており、義妹から郵便物が届くたびに伯母が精神的に不安定になるので職員から本人に渡さないことを提案され今は私が受け取っています。 この夏に骨折して2カ月入院し、先週ホームに戻れた所。 入院中に義妹から2通手紙が届いており、純粋に見舞いの内容なら渡そうと思い、伯母には無断で開封して確認したところ、見舞いを言ってはいるものの結局は送金を催促する内容だったので、もう、どうしても渡したくないと思いました。  

昨年の夏にも催促があり、その時、伯母が認知症と診断されたこと、お金のことは兄である夫に相談して
欲しい旨メールで伝えた所、私のメールに対しては返信してこなくなりました。

伯母に落ち着いて暮らしてもらうためには、義妹の手紙はもう、一切伯母に渡したくない。ただ、このように
私が本人に無断で伯母宛の手紙を管理することは違法行為になるのではないかと心配になっています。
専門家の御意見をお聞かせ戴けたらと思います。よろしくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

司法書士です。
分かりやすい 回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。
少しでもお力になれればと思っております。

伯母の承諾なく行われた手紙の開封及び見せないという行為は刑法上「信書開封罪」及び「信書隠匿罪」に形式的には該当します。
しかし、いずれの罪も親告罪と言って、伯母若しくは義妹からの告訴がなければ、警察は動きませんが、義妹が知ったらちょっともめそうですので、見せない行為はあまりお勧めしません。

***************************************************
【関連条文】
( 信書開封)
第133条
正当な理由がないのに、封をしてある信書を開けた者は、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。
(親告罪)
第135条
この章の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。

(信書隠匿)
第263条
他人の信書を隠匿した者は、6月以下の懲役若しくは禁錮又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する。
第264条
第259条、第261条及び前条の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。
*************************************************

なお、ここからは私からの提案ですが、義妹からお金を無心されてもすぐに渡せない環境を作ればよろしいかと存じます。
具体的には、成年後見制度の利用(意思能力や判断能力の欠如がある状況)若しくは財産管理等委任契約(意思能力や判断能力がまだしっかりしている状況)を旦那様か専門家(司法書士はこの分野に強いです)と締結して、伯母様の財産管理権を後見人等移しておけば、後見人等の承諾がなければ、義妹にはお金を渡すことが法的にできない状況が出来上がります。
このような手続きを行えば、手紙を見せず刑法上の罪にあたるのではと心配することはなくなるのではないでしょうか。

後見手続きや財産等委任契約についてもっと知りたい場合は、司法書士の団体としてリーガルサポートという公益団体がありますので、そちらにご相談いただければもっと資料をもらえますし、詳しいことが聞けますよ。
参考までにホームページのURLを載せておきます。
【公益社団法人成年後見センターリーガルサポート】
http://www.legal-support.or.jp/

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のお返事ありがとうございます。


後見人をお願いすることはこれまでも考えておりましたが、夫があまり乗り気でなく今にいたっております。私の知りたいポイントとしては、お金を送るか否かが問題と言うよりも、伯母に義妹から手紙か ら届くと、これまでの経緯からそれだけで、伯母の状態が悪化するので、伯母に義妹の手紙を見せたくない。ということです。 ただ、それが罪にあたるということであれば、やむを得ないのかと思いますが、やっと骨折から回復してホームに帰って来たところなのに、また、調子が悪くなる可能性が高いとわかっていて、義妹の手紙を伯母に見せたくないのです。


 


逆に認知症高齢者にお金を無心し続けるという行為は罪にならないのでしょうか? もめたくはないのですが・・・。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

>伯母に義妹から手紙から届くと、これまでの経緯からそれだけで、伯母の状態が悪化するので、伯母に義妹の手紙を見せたくない。という ことです。 
そのお気持ちは非常によくわかります。
後見業務ではこういったことは日常茶飯事で、よく質問も受けます。
ただ、法律までは犯してほしくないのと見せなかったことによる争いが起こる可能性があるのであれば、専門家として判断するなら残念ながら見せてあげてくださいとしか言うことができません。
そしてできる限り渡さないように伯母 をサポートしてあげてくださいというアドバイスになります。

>認知症高齢者にお金を無心し続けるという行為は罪にならないのでしょうか? もめたくはないのですが・・・。
→認知症高齢者でも判断能力がある状況下でお金を出すことの意味を分かって渡してしまえばそれは有効です。ただちに罪に問うことはできません。
ただし、判断能力がない状況下で勝手に預金を引き出したり、物を持ち出す行為は窃盗ないし横領罪に該当する場合はあります。
gyoenlegalをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

やはり、親書を見せないのは厳密には法律的に問題があるということはよくわかりました。


 


高齢者のサポートは難しいですね。伯母の寿命をとるか、自分が罪をかぶる覚悟を固めるかということになってしまうわけですね。


 


ありがとうございました。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
そのための後見制度だったり財産管理等委任契約があります。
今後避けては通れない問題ですので、一度家族でお話しして躊躇してきた後見制度等の利用を含め、いろんなことを再考されることがよろしいかと存じます。


高齢者のサポートは私も何件もやっておりますので、大変さはとても分かります。
一人で抱え込まずにこういったリーガルサポートなどの機関などで直接相談されてもいいと思います。
また何かございましたらお気軽にご相談ください。
頑張ってくださいね。

法律 についての関連する質問