JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

先日従業員が、顧客の契約書を偽造し、会社からその報酬を受っとっていたことが発覚しました。  どのような対応がよろし

質問者の質問

先日従業員が、顧客の契約書を偽造し、会社からその報酬を受っとっていたことが発覚しました。
 どのような対応がよろしいでしょうか? 被害額は130万以上です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

今後のご対応がご質問ですね。

まずは、有印私文書偽造及び同行使などの罪で刑事告訴してください。
警察に捕まえさせるのがよろしいかと存じます。
会社対従業員で話し合っても、そういう者は事の重大さを認識しないものです。
警察が動くことで、加害者自らが「賠償をしたい。」と申し出てくることはよくあることです。
こうなれば、会社の損害自体は取り返せます。

警察が動かなかったり、動いても向こうから賠償を申し出てこない場合は、民事の損害賠償請求訴訟を提起することになるでしょう。
文書を偽造したこと、偽造した文書を使ったこと、それによって損害が発生したことを立証できれば損害賠償請求が認められます。


今回、その従業員が偽造した契約書等の資料はすべて保管しておいてください。
証拠がないと警察が動きませんし、民事裁判でも勝てなくなってしまいます。
質問者: 返答済み 4 年 前.


本人は少しずつでも返すとは言っています。


偽造した書類は、本人がほとんど破棄したと思われます。


 毎月の締めに申告する書類しかないのですが、名前住所などはわかります。


 当社とすれば金額が全額帰ってくるのと今回調べるのにかかった事務経費をもらえればいいんですが、刑事告発などして全額返金できますでしょうか?

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
返すと言ってるとは言っても口約束です。
厳しい言い方ですが、犯罪者の言い分をまともに聞いてはいけないと思います。

全額回収できるかどうかは、相手にどれだけ金があるかにかかってしまいます。
金が残っているのであれば、刑事罰を軽くするために必死に返すでしょう。

要は、相手のことが信用できないので、
返済するために強制力をいかに持たせていくかということが重要です。
諸経費も含めて相手に返済させることは可能です。

法律 についての関連する質問