JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

回答が得られなかったので、再度投稿いたします。  内装業をしていますが、施工した物件に関して元請け先から入金がない

解決済みの質問:

回答が得られなかったので、再度投稿いたします。
 内装業をしていますが、施工した物件に関して元請け先から入金がないうえに、手直しを理由に明細不明の迷惑料を請求されています。 4月に施工済みの2物件(本来なら5月中に入金予定)6月に施工済み2物件(7月末に入金予定)ほか、諸工事含んでの工事代の入金がありません。 
 元請けとい っても、大手工務店の営業の知り合いという友人を元請けにして新築の内装工事をいたしました。
当初はこの友人は最初の口利きだけにして、今後工務店さんと取引が続くようなら当社と工務店さんとの直接取引に切り替えるとのことで、契約書等は交わしていませんでした。 3件ほど工事終わった後に、手直しを理由に物件の契約金額より多い損失金というものを請求され、次回、ほかの工事費も合わせての入金時に損失金を差し引くというFAXが届きました。
 当帆では14万6千円の契約金額に対して18万7千の金額では納得いかなかったので、領収書とうの明細を下さいとの旨を配達記録にて郵送いたしました。
 が、その後7月末まで入金がなく(その時点で請負工事はすべて完了しており、金額は合わせて85万円でした。)何とか、8月の頭に20万円の振り込みがありました。 ただ、未だに明細は提示してもらえず、その他の入金もないままなので、9月末に請求書として 先に振り込みのあった20万円、損失金18万7千円、支払予定の紹介料8万6千円を引いた38万円余りの請求書を郵送しました。

 長くなりましたが、本来なら56万円ほどの入金がある予定だったので、その分仕入れ先に猶予をお願いしたり、足りなかった分を借り入れしたりという事態になってしまったので、こちらとしても迷惑料を請求できるでしょうか?
また、請求できるとしたらどれくらいの金額が適当でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 5 年 前.

最後に長くなりましたが、ということでまとめられておりますが、
前段は経過説明で、ご質問内容は、こちらからの迷惑料請求の可否、ということで
よろしいでしょうか?
それとも、前半部分についても回答をご希望でしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

前段に対しては、本人は話を持ってきただけで何も施工等の作業はしていないのに、20万振り込んで、何の明細もないということに納得がいかず、このまま払われない・明細の提示もなければ詐欺というか、犯罪行為に当たるのでは…と思っています。


 そのことも踏まえて、迷惑料を請求できるのかが知りたいです。


 


前段の手直しの件も現場監督から事前に聞いたところでは、当方に覚えのない手直しも含んでいたようですが、手直しの内容も知らされず、手直しも他の業者に頼んだといわれました。 すべて相手方の一方的な話で迷惑料を請求されたのでただただ、納得がいかずにおりましたが、実質問題の入金がない為にこちらにも損害というか、信用問題に発展してくるので行動を起こしたいと思っております。


 


 

専門家:  kionawaka 返答済み 5 年 前.

 

 詐欺というのは、欺罔行為→錯誤→財産的処分行為があることが必要ですが、財産的出捐がありません(消極的利益の損失はありますが)。下線部をすべて質問者様にて立証しなければなりません。

 

 他方、前段の迷惑料とは法律的にも全く成り立たない主張ですから(理由は後述)、無視してかまいません。

迷惑料金を差し引いて払ってくるということは、支払拒絶ですから、残代金の支払請求が可能です。

 

 請負代金支払請求ということで、当初の契約額から既払い額を差し引いた額を訴訟で請求するのが一番早いと思います。ご自分でできなければ弁護士に依頼することです。

 

 質問者様がわの迷惑料も、これも法律上は請求不可です。不法行為に当たること、故意・過失、相当因果関係に立つ損害の立証などが要求されますが、そもそも要件を満たしていないからです。

kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1377
経験: 中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問