JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

父親の弟が先月自殺をしました。60代で一人暮らしで、前妻との子供3人とも疎遠だったもので、警察から電話があり、父が引

解決済みの質問:

父親の弟が先月自殺をしました。60代で一人暮らしで、前妻との子供3人とも疎遠だったもので、警察から電話があり、父が引き取りに行きました。隣県でもあり、季節柄腐敗が始まっていたので、現地で火葬してから家に戻りました。
それから、その叔父の子供達に連絡を取りましたが、骨は川に流してくれ的なことを言われ、全てを放棄するので
葬式やらその他の面倒はこちらでみてくれと言われました。
仕方なく、身内での葬式やお寺での供養なども済ませ、これからどうするかを考え始めました。
叔父は水商売の若い女の人と付き合っていて、貯金も使い果たし、借金も多数あるようです。
生命保険も何件か加 入していたようですが、解約したり、そこからも多額の借り入れをしたりしていたようです。
どこから手をつけてよいのやら、全く分かりません。現時点では、保険関係も、実子しか確認もできないようですし。
放棄をするなら早くしてくれればいいのに、はっきりしませんし、突然、3人いる実子のうちの一人が、生命保険の証書を持ち出し、保険金だけは、雑費として自分がもらう、あとの借金問題はこちらで、などと言い出しました。葬儀費用やその他費用で、70万以上はかかってしまっています。現時点では、プラスもマイナスも全然分からない状態です。
母は悩んでうつ状態になってしまいました。私達はどうしたらいいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

まずは落ち着いてください。
落ち着かないと解決する問題も解決しません。
専門家がいくらアドバイスしても、結論を出したり財産を計算するのは質問者様達です。

生命保険ですが、契約上の受取人というものが決めてあるはずです。
一方的に自分がもらうから、と言ってもらえる性質のものではありません。
また、気をつけていただきたいのですが、一方的に言われたことには明確に反論をしてください。
今後、万が一調停や訴訟などになった場合には、主張責任というものが課されますので、反論をしなかったということは相手の主張を認めたことになってしまうのです。
なぜか葬儀費用まで負担させられてしまったおり、故人には冷たい話ですが、
葬儀費用は息子たちに負担させるべきものであったと考えられます。
要は、マイナスの財産は質問者様たちに負わせ、プラスの財産はもらっていくという考え方なのでしょう。これに応じるのをやめてください。

形式的に言えば、相続人ではない者が、「後の始末」をする義務はありません。
今からでも相続人らに葬儀費用の負担と、受取人が子でないならば生命保険証書の返還を求めてください。
行動に移さないと状況がどんどん悪化します。

繰り返しになりますが今は、質問者様たちが相手の要求をすべてのんでしまっている状況です。
悩むのは当然なのです。
質問者様たちが負担するべきもの(ほとんどないはずです)と、負担するべきでないものを分けて、後者については相続人らにしっかりと負わせてください。これ以上、相手の要求を鵜呑みにしてはいけません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

少し補足をさせていただきます。


生命保険は、受取人は叔父の亡くなった妻になっています。その方は、3人の子供達の母親ではないのですが、受取人が亡くなっているので、実子であるその3人が受取人になるのではないかと思うのです。


ですので、果たして金額がいくら支払われるのかも、その子供達にしか分からないし、あちらの考えでは、その保険金を受け取ってから、他のものに関する相続やらを放棄したいということのようです。


相続を放棄しても、保険金は受け取れるとの話も聞きましたが本当でしょうか。


葬儀代や、お寺での供養の手続きも、こちらで済ませてしまっているしで、父や兄は、実子達が放棄した後の手続きをする気でいるようです。


実際に放棄をしてもらわないと、何一つ進みません。


どこから始めたらよろしいでしょうか。


叔父の住んでいて、自殺を図ったのは分譲マンションで、叔父名義です。


そこを片付けて引き払ってから売りに出すなりしたいのですが、今の状態では、こちらには何もできません。


まずは実子達と話し合いをしたいのですが、放棄してもらうようにするには、何が必要なのかも手続きも分かりません。


保険金だけ実子に受け取られて、後のいくらあるか分からない借金問題だけをこちらがするのが当たり前なのでしょうか。


マンションに置いてある家電、家財道具は高価なものでまだ使えるものばかりでして、それらの物も実子がもらう、と言っております。


お金が無いから、葬儀費用も供養のお布施なども出せない、とも言われました。


どう行動していけばいいのかを、教えていただきたいのですが。


どうぞよろしくお願い致します。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
相続放棄をしても保険金を受け取れるのは本当です。
保険金は相続財産ではないのです。

相手があることですから、まずは相手と話し合いの場をもってください。
さきほど回答したとおり、話し合いではなく一方的にすべてを押しつけられている状態です。

相続放棄をしてもらう、ということはできません。
相続放棄をするかどうかを決めるのは本人の意思ですから、それを強制や請求など出来ないのです。相続放棄に関しては、相手がどう出るかを待つしかないのです。

>保険金だけ実子に受け取られて、後のいくらあるか分からない借金問題だけをこちらがするのが当たり前なのでしょうか。

当たり前ではありません。
借金問題も実子たちが処理するべきです。
そもそも、質問者様達が借金問題を抱える理由などありません。
質問者様が借金問題を押しつけられたと認識しているだけで、実子が処理するべき問題なのです。質問者様は借金問題を抱えていないので、誤解しないようにしてください。
実子が相続放棄をすることで、借金もなかったことになります。
ただし、相続放棄をするのであれば、家財道具などもすべて放棄することになりますから、渡してはいけません。
質問者: 返答済み 5 年 前.


何度も申し訳ありません。だいぶ理解できてきた気がしますが、もう少しだけ教えてください。


実子達は、相続は放棄する、とは叔父が亡くなったときからずっと言い続けているのですが。


来週には話し合いをすることにはなっています。


もし、放棄をしたら、お骨などの問題もあるからとかで、こちらが相続をする、と父や兄が言っております。


そうなると、やっぱり借金などを含めて背負うことになるのですね。


マンションのことなどもあり、面倒なので、こちらも関係なくしてしまえばよいと思うのですが、ここまでの費用もかかってしまっているし、マンションも車も放っておいたら管理費や税金がかかってくるし、供養の問題もあるしお骨を放り出せないから、との父の考えがあるようです。


父や兄がそういう風にしていくつもりなもので、家の者も借金を抱え込むような気持ちになって今から悩んだりしてしまうのだと思います。


となると、実子が放棄したら、相続手続きなりをしないといけないのでしょうか。


そうなった時点で、専門家に依頼して、手続きをする方がいいのでしょうか。


何度も質問を重ねてしまい申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
まだ理解が伝わっていないようです。
相続放棄をするということは、借金もすべて放棄するということです。
債務が多い人の相続人は、そうやって債務を逃れることができるのです。
ですから、相手が相続放棄をしたのであれば、質問者様も相続放棄をすればいいのです。
そうすれば借金を負うことはありません。、

相続放棄ですが、家庭裁判所に書類を出すだけの難しくない手続です。
専門家に頼むまでもないかと存じます。
どうしても不安であれば弁護士等に頼むといいでしょう。
相続放棄だけであれば、高くはならないはずです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問