JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

はじめまして。ネットで婚約破棄について調べていた所、ここへ辿り着きましてご相談させて頂きます。昨年、お見合い

解決済みの質問:

はじめまして。ネットで婚約破棄について調べていた所、ここへ辿り着きましてご相談させて頂きます。


 


昨年、お見合いパーティーにて知り合った男性(40)と1年半交際し、13年のお正月に互いの両親の挨拶をして来年籍を入れましょうという事になっておりました。 当初、彼は×1で20代で離婚をし5年前に癌の手術をしたと言っておりました。


 


お付き合い初めて半年の頃、会社のパソコンが不調になり、彼が自前のパソコンを貸してくれました。その時に、偶然画像を見てしまいました。私と知り合った半年前に海外で結婚式を挙げている写真です。目の前が真っ暗になりまして、留守の彼の家へ返却しにいきました。正直、裏切られた気持ちで一杯でしたので、家の中を色々物色してしまいました。 マンションの名義が始めの奥様との共同名義であること。癌の他に難病を患っている事など。 病気による不安から、出会い系で知り合った精神疾患の女性と結婚したとの事。


その後はその話し合いをし、今年の年初に(色々あったけれども、今年は名義変更もし互いに前向きに)と言う 話しになりました。(この時も、本人は過ぎた事を言われるのは納得がいかないらしく、嘘よりも隠していたと言う気持ちだったようでした)


 


そんな中、今年の夏に私が仕事でリストラに合いまして、その時に彼が(それならいい 機会だし、年内一杯ゆっくり過ごして、来年の1月に彼宅で一緒に生活するべく引越しをしましょう。そしてお正月に互いの両親に挨拶へ)と言う言葉に嬉しく思い、夏はほぼ彼の自宅で忙しい彼の生活面のサポートをし、自宅と二重生活をしていました。


 


前々から、つまらない嘘をつく人でしたが、先日なんだか気持ちが落ち着かず、寝ている彼の会社携帯を調べてみると、5月に出張に出かけていた彼が出先で浮気をしていたことが発覚しました。


それを問い詰め話し合いが何度と繰り返されました。私は感情を取り乱す事無く接していました。


 


彼は難病で将来的に人工透析になるのは免れなく、食事面など私なりに微力ですがサポートしてきました。 でも、それも彼にとっては(無言のプレッ―シャー)とか、(出張続きでストレスが溜まってやってしまった。 それも、どうでもいい相手だろう!)とか、病気の事を言い出され気が付くと励ましている自分がいました。


 


私は、去年の病気の事、×2と言う発覚した事実を受け止め彼を支えながら将来を考えていました。 彼は(今回の事は隠し通してそのまま一緒にと考えていた。別に正直結婚なんてしなくてもいいと思ってる)と。


 


病気の事があるので、自身も将来に期待を見出せなく不安であるのはわかります。 しかし、何もない私に沢山の嘘をついてきてその場限りの対処をしている彼に納得がいきません。


 


私自身も恥ずかしいですが、40過ぎです。彼と一緒にやっていきながら、もし望めるのであれば 2人の子供を…と考えていました。


やりきれない気持ちで一杯です。


お金が全てと考えているわけではありません。


誠意をもって、状況が悪い彼でも心から愛して信じていた私の貴重な時間を 返してほしく思います。


このようなケースで慰謝料を請求できるのでしょうか?


 


長文となりすみません。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
はじめまして、弁護士です。

慰謝料を請求できる可能性は高いです。
40代という年齢で1年以上交際し、両親への挨拶も済ませ、
入籍しようという約束までしていたのであれば婚約が成立していたというべきです。

婚約を正当な理由なく破棄した場合には損害賠償責任を負います。
本件の相手男性は、浮気やウソという不誠実な態度をとっており、
相手のせいで結婚が成立しないわけですから、損害賠償請求が可能です。

問題は証拠です。
物色した際に見たものやPCの中身について、質問者様の手元にございませんか。
もしなければ、相手に黙って収集してください。
これまでの相手との交際の経緯について、何か残っているものがあればすべて
とっておきましょう(物品だけではなく、メール等も)。
証拠がなければ勝てる裁判も勝てません。
逆に証拠さえあれば訴訟の結果はかたいです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

先ほど、婚約破棄について相談させて頂いた者です。


 


二度目の結婚の画像は手元にあります。


彼の病気だと言う証明書みたいなものも。


今回の浮気のメールは相手方の携帯内にあり、すでに目の前で削除して


ないものと思われます。


私と交際し始めたメールは全部とってあります。


 


 


今回のケースで慰謝料はどれくらいとれるものでしょうか?


 


 

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
浮気の証拠があると可能性は強くなりますね。

婚約破棄ですと、結婚した後に浮気をされるよりは額が下がる傾向にあります。
今回のケースですと100~200万円前後におさまると考えます。

ただ、この額は裁判官に認定してもらう場合の額です。
訴訟提起前に支払交渉をする場合には、より多額の請求をするのが普通です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問