JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

現在離婚協議中です。 妻から協議書が送られてきました。 (現在別居中。先月家を出ました。) 家賃(月1

解決済みの質問:

現在離婚協議中です。

妻から協議書が送られてきました。
(現在別居中。先月家を出ました。)

家賃(月13万円ほど)と婚姻費用15万円を
来年4月まで支払い、それ以降は養育費月12万円を
子供が22歳になるまで払えという内容でした。

月28万円も来年4月までに払う義務はあるのでしょうか。
これは飲む気はないので、このまますぐにでも裁判に持ち込もうと
思っています。
裁判中も28万円は払わなくてはならないのでしょうか?
支払いを拒否するとどうなりますか?

皆様のお力を頂戴したく存じます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
弁護士です。

一般的に紛争を始める前は、相手にふっかけてみるものです。

月28万が妥当かどうかは、
普段の生活にどれだけお金がかかっているか(婚姻費用)、
夫と妻の年収はどの程度か(養育費)
によって決まります。

差し支えなければ、質問者様と妻の年収をだいたいで結構ですので、教えてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

お世話になります。


 


妻は専業主婦で収入なしです。


 


私は手取り33万円ほどで、年収が750万円です。


 


どうぞよろしくお願いいたします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
養育費については月額8万(お子さんが1人で14歳以下の場合)、月額11万(お子さんが2人で15歳以上の場合)程度が妥当です。
相手の請求は過大で、裁判になったら認められない可能性が高いです。
22歳までというのは、お子さんが大学に進学することが前提となっている場合です。大学に進学する見込みが低い場合には、18歳前後まで養育費を支払うのが通常です。

また、離婚成立後は婚姻費用を支払う義務はありません。

裁判中に支払うべきなのは、妻側の最低限の生活費です。
これについては現在必要としている生活費から算出してください。

したがって、相手の請求は総じて過大であり、要求に応じない方がいいでしょう。
相手は請求しているだけですから、質問者様に支払い義務はありません。

相手が全く譲歩しないのであれば、調停・裁判をした方がいいでしょう。
そこで裁判例に基づく相場によって額が決められますから、
相手の過大な請求を第三者的立場から否定してもらえます。
質問者: 返答済み 4 年 前.
ご丁寧に回答誠にありがとうございます。

私が知りたい点は、
今月中に提訴予定ですが、それから裁判が始まり判決が出るまで数ヶ月ありますよね。その間の婚姻費用と家賃は毎月は払わなくても大丈夫ですか?判決で不利になったりしませんか?判決が出てからまとめて払うとか可能ですか?

とりあえず毎月28万円を支払うことが納得いきません。
妻側の最低限度の生活費とは28万円のことではないのですか?(相手がそれだけ必要と主張しているので)
28万円を要求していても裁判中は15万円とかしか支払わないとかしても大丈夫ですかですか?

判決で離婚までに28万円払う義務があると認定されれば
判決後差し引き分を払うことには納得できます。

月13万円の家賃は私名義です。
早急に名義変更あるいは家を出て行ってもらうことに同意
させる方法はありますか?そうすれば少なくとも15万円ですみますよね。
これも裁判で判断してもらうべきですか?
判決出るまでは居座られることになりますが、
その間はやはり私が払うべきですか?

細かい話ですみません。
お支払いはいたします。

どうぞよろしくお願いしますいたします。



専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
離婚が成立するまでは、裁判中であっても婚姻費用の支払い義務はあります。
払っても払わなくても、裁判に影響はありません。

28万円とは婚姻費用のことでしょうね。
裁判中は15万などとしても大丈夫ですが、
なぜ15万円なのかの計算根拠をある程度示せた方がいいでしょう。
逆に相手は相手で28万円の根拠を示す必要があります。

家を出て行ってもらうには、別途訴訟が必要ですが、
離婚成立時までは夫婦である以上、出て行ってもらうのは困難です。

賃料はあいにく質問者様が支払うべきです。
繰り返しになりますが夫婦である以上、配偶者を養う義務があるのです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問