JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

過払いを弁護士に依頼しましたが、不正がありました。訴状委任状を、事務員が書いていて、しかも押印までしたいました。委任

質問者の質問

過払いを弁護士に依頼しましたが、不正がありました。訴状委任状を、事務員が書いていて、しかも押印までしたいました。委任契約書も交わしていません。無権代理でした。口頭では依頼したものの、委任状が交わされていない事実、しかも裁判所に提出する印鑑まで、偽造されて、私文書偽造にあたりますが、これでは過払いの金額も正しいかどうか判りません。弁護士は警察に行ってもいい、裁判してもいいと開き直りです。もちろん懲戒請求はするつもりです。私文書偽造で訴えてもいいでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

ひどいですね。同業として大変残念に思います。
過払いや債務整理は、弁護士とのトラブルが多い案件です。
質問者様があたった法律事務所のように弁護士がやっていないところが少なくありません。

委任状の件ですが、有印私文書偽造罪と有印私文書行使罪が成立します。

懲戒請求をしたのは、正しいご判断です。
弁護士との直接面談はありましたか?
なければそれも懲戒事由です。

計算については、おそらくどの法律事務所もソフトを使ってやっているので、
間違っているということは、通常はあまり考えられません。
もちろん、それさえも適当にやっている不良弁護士である可能性は否定できませんが。

ご自身が依頼した案件なのに訴状も判決も見せないとは意味不明です。
普通は、裁判に出てきた書面はすべてご本人にお送りします。
訴状などは、個人情報もなにも質問者様の情報です。
金額不足などの見られてはまずい情報があるのかもしれないですね。

ともかくご質問の文書偽造の件ですが、訴えても構わないと思います。
その弁護士は相応のことをしたのですから、なんらかの責任は負うべきです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

過払い請求の時、裁判するのと、最初から和解に持ち込むのとではどう違いますか。和解だと金額を抑えられるのではと思いますが、裁判の方が戻ってくる金額が多いと聞きましたが、そうですか。

質問者: 返答済み 5 年 前.

過払い請求の時、裁判するのと、最初から和解に持ち込むのとではどう違いますか。和解だと金額を抑えられるのではと思いますが、裁判の方が戻ってくる金額が多いと聞きましたが、そうですか。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
裁判ではなく判決ですね。
確かに判決であれば満額です。和解の金額は低くなります。
ただ、判決にすると控訴されて支払が先延ばしになったりしますので、
多少の減額であれば妥協して和解するという弁護士は普通にいらっしゃいます。
それは弁護過誤とまではいえないように思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

弁護士に委任した後、カード会社に弁護士が開示請求をし、和解か判決かは弁護士が決めるのでしょうか。委任した本人には、どちらで請求するかは、問い合わせ はなかったんですが。例えば、開示請求が既に終わった時点で、不信に思った時に、(報告がないなどで)解任して、外の弁護士に委任してもよかったんでしょうか。何しろ、途中の経過報告が一切ありませんでした。再審で他の弁護士に依頼しても、どれ位の過払いがあるのか、カード会社はまた金額を出してくれるでしょうか。この位、私文書偽造をされると、弁護士の不当利得横領を疑いますね。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
新規のご質問ですので、できれば今後は新たにスレッドを立ててください。

和解か判決かは最終的には裁判所が決めます。
ただ、どちらにするかは原告被告両者の意見を尊重します。
本人に連絡がないなどとんでもない話です。
相当な不良弁護士といっていいでしょう。
過払いではないですが、本人を裁判所に連れて行って確認することさえあります。

解任は自由です。
そうされた方がよかったかもしれませんね。
そういう弁護士に限って、儲けが良かったりするのです。

再審して結論が変わるかは、今回の弁護士がどれだけの結果を引き出したか次第です。
いい加減にやっていたのであれば増額の可能性はあります。

確かに、弁護士が金に手を付けてるかは心配になりますね。
素直に返金に応じるといいのですが。
質問者: 返答済み 5 年 前.


弁護士が、こういうことはどの弁護士も司法書士をやっている事だからといっていました。もしより多い金額が降り込まれていたら、その確証を得るには


別の弁護士を立てても、カード会社が応じるかどうかは疑問ですね。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
また適当なことを言う弁護士ですね。最低だと思います。
医療ミスを医師全員がやっている、野球選手はみな打率1割と言っているのと同じです。

カード会社は「ご自身の弁護士から見せてもらってください。」などと言うでしょうね。

法律 についての関連する質問