JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

固定資産税の件で・・・金額等は大したこともないのでこちらでは払いたくないと言ってる訳ではなく延滞金に納得できないというか役所の対応に納得できないのですがそういう物なのか知りたいです

解決済みの質問:

固定資産税の件で・・・金額等は大したこともないのでこちらでは払いたくないと言ってる訳ではなく延滞金に納得できないというか役所の対応に納得できないのですがそういう物なのか知りたいです。

H24年9月25日に九十九里町役場より「H21年度分の固定資産税が未納なので延滞金3年分を合 わせて9/30までに役所も窓口に来い」という内容の郵便が届いたのでこちらも領収書をさがしても見当たらずもしかしたらとは思いますが、H21年からH24年9月25日まで1度もその事に触れた内容の郵便物が届いたことは無いので町役場に問い合わせた結果下記の様な回答がありました。
その内容をみても3年間1度も通知されなかった理由には納得できないのですがそういうものとしてあきらめるものなのでしょうか?
通知する義務は無いのでしょうか?

役所に話すにしても知識が薄いのでただのクレーマー扱いになるのは悔しいです。
(メールの返信の名前も間違えるような失礼さも腹立たしいのですが)


~~~~役所より~~~~~~


小山智子 様

平成24年9月25日に問合せいただきました件について回答いたします。

小山様の過去5年分の納付履歴を確認いたしますと下記の通りです。
平成19年度固定 平成19年5月23日 50,500円 
平成20年度固定 平成20年5月22日 50,500円 
平成22年度固定 平成22年7月 6日 43,900円 
平成23年度固定 平成23年9月21日 43,900円 
平成24年度固定 平成24年6月 4日 35,400円 

以上の履歴から平成21年度分の納付確認がとれておりません。
また、督促状・催告書がこれまで送付されていませんでしたが、現在考えられる理由といたしましては、過去に分割納付等なにかしらの約束により一時的に発送を見合わせたもと思われます。
(平成16年に分割納付の申出履歴あり)
今回については平成21年度が未納となっており、見直しをかけたところ発送を見合わせる正当な理由がないため送付させていただきました。


九十九里町役場 税務課 徴収係
担 当:高橋       
電 話:0XXX-XX-XXXX
FAX:0XXX-XX-XXXX
mailXXX@XXXXXX.XXX
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

まさにお役所仕事という感じでご納得がいかないのも無理は無いと思います。
ただし、回答としては諦めて支払うのがもっともあなたの利益に適う選択ですというものになります。

 

法律上、町には納期限までに納税されなかった場合に原則として20日以内に督促状を発する義務がありますので、通常は内側がシールされたハガキ等で督促がされます。
ただしこの義務に反して督促がなかったことを理由に納税者がその責任を追及したり、延滞税を免除してもらうことはできません。納税については法律で全ての国民に周知された義務ですし、平成21年度分についても同年の4~5月には納税通知書によって通知はされていたはずですので、督促が無かったから支払わなくて良いということにはならないわけです。

 

もっとも督促がされていればすぐに未納に気付いたでしょうし、それにより延滞税がかさむことも無かったのもまた事実ですから、その点を強く主張して本税のみならすぐに支払うので延滞税は免除しろと窓口で交渉してみるのは良いでしょう。
前述の通り強制することはできませんが、裁量で免除してくれることはあります。

ただし延滞税の金額や交渉にかかる労力・気持ちの負担を考えると、最初にお書きしたとおり支払ってしまうのが最もあなたにとっての利益に適う選択だと思います。

 

※参考 地方税法
(固定資産税に係る督促)
第三百七十一条  納税者が納期限までに固定資産税に係る地方団体の徴収金を完納しない場合においては、市町村の徴税吏員は、納期限後二十日以内に、督促状を発しなければならない。但し、繰上徴収をする場合においては、この限りでない。
2  特別の事情がある市町村においては、当該市町村の条例で前項に規定する期間と異なる期間を定めることができる。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問