JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

gyoenlegalに今すぐ質問する

gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

父と継母の財産分与のことで困っています。 父には3人の実子がおり、継母には2人の実子がいます。 父はアルツハイマー

解決済みの質問:

父と継 母の財産分与のことで困っています。
父には3人の実子がおり、継母には2人の実子がいます。 父はアルツハイマー認知症で9月5日に精神病院に
入院しました。 私は兄と弟の間の長女ですが、病院より医療後見人になるように依頼され、現在家庭裁判所で
手続き中です。  継母の年金は父が不足分を追納して、月8万円あります。  父は月15万円です。
今まで父の年金で継母は生活し、自分の年金を実子の名義で1千万円以上貯蓄しております。
これからの父の医療費も払えるか心配してます。 継母も要介護1で認知症とかかりつけのDRから言われてますが、まだ食事、排せつ、入浴、着替え等は出来ますが、毎日買い物に行って、残ってる食材の管理ができず
料理も出来なくなってます。
悪徳業者に騙され、130万ほどとられ、クレジットカードも作らされていました。
問題は継母が父の通帳と印鑑を離さず、まだ、父の年金から生活していることです。

父の年金で生活し、光熱費等も父の通帳から自振して、自分の年金は実子のために貯蓄して、父の入院費
も心配しなければいけない状況です。
近々、継母の実子と会う予定です。
一応継母の認知について話し合うという名目ですが、今の段階で会わないほうが得策でしょうか?

一応夫婦の財産形成は二人のものと思うのですが、このまま放置してれば、継母の財産はすべて継母の
実子のものです。 養子縁組はしていません。
どういう解決方法があるか教えてください。
父が亡くなる前に解決しておきたいのですが。
よろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

司法書士です。
分かりやすい回答を心がけてはおりますが、 ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。
大変な状況だと思いますが、少しでもお力になれればと思っております。

>「父はアルツハイマー認知症で9月5日に精神病院に入院しました。」「問題は継母が父の通帳と印鑑を離さず、まだ、父の年金から生活していることです。」
→とのことですが、お父さんは意思能力はある状態ですか?継母が通帳と印鑑を管理していることはお父さんは知っていますか?

>今は、長女の私が家庭裁判所で医療後見人の手続き中です。
→これはお父さんの成年後見人になる手続きを行っているという意味ですか?

質問者: 返答済み 4 年 前.

父はまだ意思能力はあります。まだらボケです。


父の成年後見人ではなく、医療に関することのみです。


父も、継母も、継母の認知症は理解していません。


 


よろしくお願いします。

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.

返信ありがとうございます。
2点ほど提案できます。

1、法定後見制度の利用
→まだらボケの状態であれば「後見」までは難しいかもしれませんが、「保佐」「補助」の制度を使ってお父様の財産を守る方法が考えられます。
ただし、裁判所に毎年事務報告や財産目録を出さなければいけないので結構手間です。また医師の診断書も必要です
しかし、登記がなされますので、対第三者との関係では非常に有効です。

2、財産管理等の委任契約の利用
→①の手続きは、毎年裁判所に提出するものがあって結構たいへんです。また意思能力や判断能力が欠けていない時には利用できません。
財産管理等の委任契約とは、財産の管理や生活上の事務の全部または一部について、本人自らが選んだ代理人に対して、具体的な管理内容を決めて委任するも のです。
こちらは逆に完全に意思能力が失われてしまえば使うことができません。
財産管理等の委任契約は、当事者間の合意のみで効力が生じ、内容も自由に定めることができます。この契約を意思能力や判断能力があるうちにお父様とご質問者様とで締結しておき、財産管理の権限を移しておけばご心配は払しょくされます(後に無効と言われないように公正証書で作られるのをお勧めします)。

「一応夫婦の財産形成は二人のものと思うのですが、このまま放置してれば、継母の財産はすべて継母の実子のものです。」という不安があるのであれば、上記の方法を使って、お父さんの財産管理権をこちらに移しておき、必要な分を継母に渡してあげるという方法が法的な解決方法となろうかと思われます。

>一応継母の認知について話し合うという名目ですが、今の段階で会わないほうが得策でしょうか?
→今のうちに話しておいてもよろしいかと思います。その際治療費でお金がかかり継母の年金だけでは足りない旨を伝えましょう。お父さんの年金は?と聞かれたらこっちも治療費に使い、それでも足りず持ち出しの状態になっているから、できるだけそちら側で継母に対して金銭的な援助をできないかというような話に持っていきたいですね。

ご参考になれば幸いです。
質問の趣旨と異なる回答であったり分からない点がございましたら、当職への評価の前にご返信ください。

質問者: 返答済み 4 年 前.

「財産管理等の委任契約の利用」についてですが、父は私が医療後見人になることさえも抵抗してました。 継母も「家の家長は私だ 」と言って最後まで父に取り入るつもりです。 私の真意も理解できず、継母の思いどうりに操られている状態です。 継母はやっと入れた病院でさえも退院させていいという始末です。認知のため体温計の扱い方、料理ができないので、父の食事は豆腐、桃、おかゆのみで衰弱していきまた。  父が発熱しても気がつかない状態でケアマネージャーから早急になんとかするようにと私に連絡があり、やっと入院できた状態です。    


私が父に何を言っても信用されていません。


継母も私の介入をうざがっています。


以前、継母の実子(娘のみ)が私に連絡を取ってきた時、財産はいらないので、母を引き取ると言ってきたことがあります。


それも信用できるかどうかはわかりませんが、もし、話し合いで解決できるなら、それもいいかと思いますが、どうでしょうか?


解決できるなら、文書化して公に認められる状態にしたいのですが、どうしたらよいでしょうか?


ちなみに、継母の二女は私の父の妹、すなわち私の叔母の二男の嫁です。


複雑に絡み合ってますが、話し合いで解決はむずかしいでしょうか?


長男も弁護士さんに相談しているようですが、継母の貯蓄は全部向こうに渡していいというスタンスです。


私と弟は、継母からひどい扱いを受け、心情的に兄のスタンスは受け入れられません。


どうか、回答をよろしくお願いいたします。


 

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
ご返信ありがとうございます。

複雑なご事情がおありなんですね。

>以前、継母の実子(娘のみ)が私に連絡を取ってきた時、財産はいらないので、母を引き取ると言ってきたことがあります。それも信用できるかどうかはわかりませんが、もし、話し合いで解決できるなら、それもいいかと思いますが、どうでしょうか?
→それをやって頂けるならそれでよろしいかと思います。

>解決できるなら、文書化して公に認められる状態にしたいのですが、どうしたらよいでしょうか?
→文書化していただいても構いませんが、扶養義務について文書化にしてももともと存在する義務を明確にしただけの意味で法的にはあまり効果はありません。あなたが扶養するって言いましたよねとは言えますがこれをもって強制は難しいです。

>複雑に絡み合ってますが、話し合いで解決はむずかしいでしょうか?
お父様と継母がそういう関係ですので、どちらかというと子ども同士でお話合いをして頂く方がよろしいですね。難しいかどうかは一度話し合われてみないとわかりませんし、当職もご事情をすべて把握しているわけではございませんのでまだ難しいとは判断できません。

なお、ご質問者様の意向に沿うようにするのであれば、どのくらい財産が散逸するかの不安はありますが、お父様と継母の認知症が進んだあたりで、成年後見の申し立てをするのが一番良いと思います。成年後見人には継母は間違いなくなりませんし、候補者としてご質問者様を届けておけば親族の中で一番お父様のご事情を知っているご質問者様が後見人として選任される可能性が高いです。

即効性のある手続きをとれないのが残念ですが、今後のためにこのような方法があるんだというのを知っていただければと思います。

ご質問の趣旨にそぐわない回答でしたら、当職への評価の前にご返信ください。
ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

考えたのは、なんとか継母の養子になれないかということと、継母の実子の名義で貯蓄があるので、生前に財産放棄してもらえないかということです。


そうすれば、私が相続人になることができ継母の財産を葬式代、必要経費を引いたあとの残りの財産を5人の子供たちで5分1ずつ平等にわけることができると思うのですが、むづかしいでしょうか?

専門家:  gyoenlegal 返答済み 4 年 前.
継母の養子になるには継母の了解の上届け出が必要になりますので今になっては難しいと思われます。
また残念ながら相続前の相続放棄はできませんので、継母の実子にそのような約束を取り付けても法的拘束力を持ちません。

やはり解決策としてはお父さんの財産をいかに散逸させないかを考えなければならないかと思われます。
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験: 中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    3395
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    444
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee さんのアバター

    srlee

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    43
    早稲田大学卒業。1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    27
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shihoushoshikun/2013-7-1_22326_TshirtMale.64x64.jpg shihoushoshikun さんのアバター

    shihoushoshikun

    司法書士

    満足した利用者:

    1629
    東京司法書士会所属
 
 
 

法律 についての関連する質問