JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

動物愛護と管理についての法律 愛犬が相次いで原因不明で亡くなったり、怪我をしたため警察から呼ばれています。 今後

解決済みの質問:

動物愛護と管理についての法律
愛犬が相次いで原因不明で亡くなったり、怪我をしたため警察から呼ばれています。
今後どうなるのでしょうか?
こちらもなぜこんなに続いたかわかりません。
うちの子たちはとられたりするのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

動物の愛護及び管理に関する法律は、犬等の愛護動物をみだりに殺したり傷つけたりすることや、えさや水を与えずに衰弱させること、捨てることなどを禁止し、これらの行為を行った場合には刑事罰が課される犯罪になることを定めています。

 

警察から呼ばれているということは、何者かが警察にあなたが上記の行為を行っているのではないかという通報をしたため、警察としては事実を確認したいと考えているのでしょう。
あくまでも任意に事情を聞きたいと言われているだけですので警察に行く義務はありませんが、警察の呼び出しを無視すると何かやましいことがあるのではないかと誤解を深めてしまう危険性もありますし、一度は警察に行ってありのままをお話した方がよいです。

 

あなたがきちんと飼育していたこと、虐待したり傷つけたりもしていないこと、原因不明で亡くなったことなどをちゃんと話しさえすればすぐに誤解は解けるでしょう。
もし亡くなったときや怪我をしたときに獣医さんに見せていたのであれば、獣医の連絡先を教えてそちらに聞いてもらったほうが早く誤解が解けるかもしれませんので、それも検討してみてください。

 

警察その他の機関があなたから強制的にほかの子を取りあげてしまうといったことはないので、大丈夫です。

 

(参考)
第四十四条  愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
2  愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、五十万円以下の罰金に処する。
3  愛護動物を遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。

質問者: 返答済み 4 年 前.
回答ありがとうございます
どうも動物病院から情報がいっているようなのですが、早く解決させるために、他にアドバイスはありませんか?
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
なるほど。動物病院から情報が行ったのですね。

警察に疑われているのが問題なのですから、早く解決するには警察で話をして誤解を解くのが第一です。
獣医師に診せたときにはあなたを疑うような言動があったのでしょうか。
個人的には、虐待等をする飼い主は獣医に連れて行くこともしないのではないかと思いますが・・・・・・。
もし獣医師がどのような理由で通報したのか心当たりがあるのであれば、その部分について合理的な反論ができれば疑いは晴れるでしょう。

心当たりがないのであれば事実をそのまま話せばそれだけで良いです。
怪我をした時の状況を話したり、原因不明で立て続けに亡くなってあなたも悲しんでいることをそのまま話してください。
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
回答をご覧になり、疑問は解消されたでしょうか?
より詳しい説明が必要な点がある場合は、その旨ご返信ください。
補足の説明をいたします。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
遅くなりすみません
ありがとうございました

法律 についての関連する質問