JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
remember2012に今すぐ質問する
remember2012
remember2012, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  社会保険労務士事務所経営
64449363
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
remember2012がオンラインで質問受付中

今の会社で仕事をはじめ、本日始めての給与支払を受けました。実際の計算は半月分(15日締め)ですが、社会保険料はまるま

解決済みの質問:

今の会社で仕事をはじめ、本日初めての給与支払を受けました。実際の計算は半月分(15日締め)ですが、社会保険料はまるまる1カ月分差し引かれています。これは間違いではないのでしょうか?辞めるときに帳尻が合うように、最後の月は控除はされないようになってるのでしょうか?

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご相談ありがとうございます。労働分野専門の社会保険労務士です。

早速、回答させていただきます。

 

社会保険の被保険者期間は月を単位として行います。

具体的には、被保険者の資格を取得した月からその資格を喪失した月の前月までを被保険者期間とします。

被保険者の資格を取得した月とは・・・入社した日の属する月

被保険者の資格を喪失した月とは・・・退社日の翌日の属する月

つまり、社会保険料は月単位で徴収され、日割りではありません。

 

>最後の月は控除はされないようになってるのでしょうか?

例えば、9月30日退職であれば、資格喪失月は10月(退職日の翌日である10月1日の属する月)となり、9月分の社会保険料が発生します。

一方、9月29日退職であれば、資格喪失月は9月(退職日の翌日である9月30日の属する月)となり、社会保険料は8月分までとなります。

質問者: 返答済み 5 年 前.

remember2012さま


 


迅速な回答ありがとうございます。


よく理解したと思ってますが、再度詳細質問させてください。


 


上記の説明では、退職日がどの月であっても、末日か、末日の1日前の違いで、1カ月分の支払が違ってくるという意味ですよね?


 


この「退職日の翌日」という考え方に、休日や祝日というのは考慮に入りますか?


 


 


 

専門家:  remember2012 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

ご相談者様の仰る通りです。

末日か、末日の1日前の違いで1カ月分の社会保険料の差が生じます。

社会保険料は労使折半ですので、会社によっては保険料節約のため、従業員の退職日を末日の1日前にするようにしているところもあります。

しかし、従業員にとってみればその月は社会保険の被保険者でないということになりますので、国民年金の加入の手続きなどが必要になり、そのようなことをやっている会社はごくわずかです。

「退職日の翌日」というのに休日や祝日、曜日などは関係ありません。

remember2012をはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問