JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

弁護士からの通知書がとどきました。

解決済みの質問:

弁護士からの通知書がとどきました。 先日、元交際相手の弁護士から、通知書が送られてきたのですがどう対応すればいいかわかりません。 内容は、このようなものです。 ① 『結婚式のスライドショーで使いたいから、その間に写真を沢山撮りたい』 と言って、旅行先で夥しい数の写真を撮影した。 ② 『結婚したら駅まで迎えに来てもらうこともあるだろうから車の練習をしてもらいたい』 と言って、自動車の運転練習をさせた。 ③ 『栄養士の両親に認めさせるように料理の腕をあげてほしい』 と言って、手料理の勉強させた。 このような発言は、結婚合意の成立を認めるには十分なものと言えます。 そして、他の女性と交際する為に、婚約破棄しました。 貴殿に、上記の婚約破棄を理由とする債務不履行ないし不法行為に基づく損害賠償として、金200万円を 二週間以内に振り込んで下さい、支払がない場合は損害賠償請求訴訟を提起しますのでという内容です。 『』の部分が私が交際中に言った内容です。 しかし、そのようなことを言った記憶がありません。 交際期間は半年位です。 私は、婚約破棄にあたるのでしょうか? 損害賠償金は支払わないといけないのでしょうか? 損害賠償請求訴訟になった場合は200万以上の支払いがあるのでしょうか? 沢山の質問申し訳ありません。 質問で抜けている部分も多いと思いますが、よろしくおねがいします。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

弁護士が送る通知書としては、きわめて一般的な文章です。

ご質問が多いので、順番を変えて回答します。

仮にですが婚約が成立していた場合には、それを正当な理由なく破棄した場合には、
慰謝料の支払義務を負います。

婚約には決まった形はなく、
・二人がどう考えていたのか
・周りからどう思われていたのか
・親への挨拶は済んでいたか
・同居していたか
など、すべてを考慮して婚約といえたかどうかを判断します。

ご質問に書かれた事情からは、
①は結婚式を挙げることを意識した発言で、婚約成立に傾きます。
②も結婚を前提とした発言です。
③は少し弱いですが、親に認めさせるというのは結婚するということが暗に含まれています。
相手も弁護士ですから、依頼者(=元交際相手)に有利な事情をうまく書いています。
現実に婚約成立といえるかは微妙なところですが、
相手の弁護士は「十分」と書くに決まっていますね。

ですから、質問者様は言ったおぼえがないのでしたら、明確に支払義務を否定すればいいのです。
「通知書に記載のありました私の発言については事実無根であり、婚約が成立していなかったことは明らかです。
したがいまして、貴殿の要求に応じることはできません。」
といった内容で返信することになるでしょう。

これだけの情報では裁判の結果を予想することはできません。
相手に何も証拠がなければ、0円で済むでしょう。
また、元交際相手に理由があって、交際を止めたのであれば正当な理由で交際を止めたのですから、損害賠償金を支払う義務はありません。
仮にすべて証拠をおさえられていても、数十万~100万円程度でしょう。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

早々の返信ありがとうございます。



婚約の件ですが、


私には、結婚する気はありませんでした。


親にあいさつもしておりません。


同居もしておりません。


このような状況からでも婚約とはなりますか?




証拠となりうるものは一体どのような物があるのでしょうか?



あと私の言った内容ですが、言ってはいないと思いますが、すべて言ったことは覚えていません。


その言った、言わないの証明はどのようにするのですか?



たびたびの質問で申し訳ありません。


専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
指輪を買ったりしていませんか?
結婚するんだ、などと誰かに紹介したことはありますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

ファッションリングのペアリングは購入しました。

知人等にも紹介等はしたことはありません。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
ペアリング程度ですね。

質問者様のお話をうかがう限りでは、婚約とはいえないでしょう。
両親への紹介、式場予約、婚約指輪の購入等がないと厳しいです。
カップルである以上、結婚を前提とした発言をするのは普通です。
万が一、質問者様が忘れているだけで、相手が主張した発言があったのだとしても、
婚約とは言い難いです。

言った言わないの証拠は、ずばり録音や録画です。
携帯のメールも重要な証拠です。
「言わない」ことを立証する必要はなく、
「言った」と主張する側が「言ったこと」を立証する必要があるのです。
「言った」ことを立証する義務を負っている側は、とても不利です。
ですから、元交際相手側が何も証拠を握っていなければ、裁判で主張が認められることはありません。
何も証拠がない場合には、弁護士がただはったりで請求してきたということも考えられます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

では、今後は元交際相手の弁護士へ

『通知書に記載のありました私の発言については事実無根であり、婚約が成立していなかったことは明らかです。
したがいまして、貴殿の要求に応じることはできません。』

といった内容を書面にて送ればいいですか?

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
そうですね、だいたいそういった内容になるでしょう。

何も証拠がなければそれであきらめるはずです。
何か証拠があって、可能性を感じるならば強引に訴訟提起してくる可能性もありますが、
不十分な証拠しかなければ裁判所は請求を認めません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

アドバイスありがとうございました。

また質問があればまたご連絡するかもしれません。

その際は、よろしくお願いいたします。

法律 についての関連する質問