JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

離婚して10年近くたちます、障害を持つ子を含め2人の子供がいます。 養育費や、生活にかかるお金は、一部支払い続けた

解決済みの質問:

離婚して10年近くたちます、障害を持つ子を含め2人の子供がいます。
養育費や、生活にかかるお金は、一部支払い続けたきました。
それに、離婚してからも連絡を取り行き来もしていまし た。
最近再婚したい人ができその旨を伝え、金銭的援助などはこのまま持続
していくつもりで、その旨も話しましたが
相手にはなかなかわかってもらえません、きっと一人で子供二人を育ててきていて
私に頼っている部分がなくなるという不安からだと思いますが、いろいろ言ってきます。
ほとんどが感情論だと思いますが、法律的には再婚に関しての弊害は何か起こりうるの
でしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.

司法書士です。よろしくお願いします。

 

 

離婚が成立しているのであれば、再婚するのは質問者様の自由であって、だれもそれを留めることはできません。法律で禁止されることでもありません。

 

まして、二人のお子さんのための養育費をこれからも支払い続けるということを約束しているのであれば、生活において何の心配もないのですから、やはり感情的に受け入れられないのだと考えられますね。

 

 

ただし、唯一法律的に状況の変化があるとすれば、「相続分」に関する問題です。

 

質問者様が再婚しないなら、質問者様の財産は二人のお子さんに全て相続されます。

 

しかし、質問者様が再婚した場合はお相手の方(再婚する方)に相続財産の半分を取得する権利が与えられます。

 

したがって、質問者様が再婚するかしないかで、お子さんの相続分が変わるという事情は発生します。もしかしたら、そういった点を元奥様は懸念しておられるのかもしれません。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問