JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

私の兄が、3~4年前まで賃貸していたアパートの家賃滞納の件で相談お願いします。 連帯保証人である私に今日、家主が委

質問者の質問

私の兄が、3~4年前まで賃貸していたアパートの家賃滞納の件で相談お願いします。
連帯保証人である私に今日、家主が委任した会社から「賃料等のご請求・訴訟予告通知書」が
郵送されました請求金額58万円(家賃は月2万8千円)で、9/26日支払期限と書いてあります。
滞納していたのは事実ですけど、私のもとへは、その間一切連絡がないのに支払わなければいけないのでしょうか。また、支払場合はどんな方法がありますか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
弁護士です。

原則として、連帯保証人は借り主と全く責任を負いますので、請求された金額を支払う必要があります。

ただ、例外的に額を減らせる場合はあります。
質問者様もお考えのとおり、
58万ということは、約2年にわたって滞納を許し続けてきたのです。
もっと早く解除しておけば、多額の滞納に至らず済んだのです。
そういった措置をせずにためるだけためて請求するのは、
賃貸人の権利濫用だという法的主張ができる可能性があります(裁判所も同様の考えです)。

では実際に何ヶ月までなら許されるのかという点については明らかではありませんが、
質問者様は支払額を減らしたい立場ですから、3ヶ月前後までが妥当だなどという反論をされたらいいでしょう。

また、滞納している間に賃貸借契約が更新されていた場合には、更新以後の責任を負わないことになりえます。

こういった観点から反論してみてください。

そして、一ヶ月分すら払わなくてもいいという結論にならないことは、やむを得ません。
実際にどういった方法で支払うかについては、分割の方法等について相手と協議して決めることです。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。


今日の出来事なので、また相談があると思いますが、その場合この金額内の


相談で宜しいのでしょうか。


 

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。


今日の出来事なので、また相談があると思いますが、その場合この金額内の


相談で宜しいのでしょうか。


 

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
判断が難しいのですが、全く新規の質問であれば新たに料金を支払ってスレッドを立ち上げていただく必要があり、こちらの回答に不明な部分がある場合には、この金額内というルールです。

少しくらいであれば、このままで結構ですよ。

法律 についての関連する質問