JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

職場の同僚の妻から不貞で200万請求されました。反論した後、裁判官より和解の提案がありました。 自分に払えるお金 50万円を提案しました。先日この提案に対して、裁判官からは

解決済みの質問:

職場の同僚の妻から不貞で200万請求されました。反論した後、裁判官より和解の提案がありました。
自分に払えるお金 50万円を提案しました。先日この提案に対して、裁判官からは 150万が相場と提案されているということでした。
 
 相手の男性が結婚している事は知っておりましたが以下の理由で、何度も何度も離婚が確実であるという具体的な証拠を職場で公然と見せられ、本当に婚姻関係が破たんしていると思わされていた状況にあったのです。
その点を裁判で主張し自分の名誉を守るため、少額でも減額を希望していますが、可能ですか?

 1支店は10人ぐらいで、その会社の会議室で、離婚届に共通の上司、同僚に離婚届証人欄にサインし  てもらった。また、その離婚届には、妻、彼のサインがしてあったのを見せられた。 (遠まわしですが、離婚届けにサインしたことを同僚、上司も証言している(メールあり)
 
2.その上司と社員に離婚をどうしたらできるか相談していたし、その相談していたことを書いた書類のコピーが  ある。(家庭裁判所に認知の調停の際提出。DNA鑑定で2人の子と証明されるも認知せず、調停不成立)

3.不倫を嫌う私は何度も付き合いを拒否したにかかわらず、しつこく近いうち確かに離婚するからと言い続けた  メールが複数ある。


 また、相手の男性を傷害や詐欺で訴える事は可能でしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
1~3の事実があれば、結婚していたことを知っていたとはいえ、慰謝料を減額する理由にはなります。
ただ、その証拠があるのかという問題が残ります。
証拠があれば、質問者様の主張が認められる可能性は高いです。
裁判は1ヶ月に1回程度ですので、主張しようか迷っているようであれば、早く主張した方がいいです。

>相手の男性を傷害や詐欺で訴える事は可能でしょうか?

 

殴られて怪我をしたことを示す証拠があれば、傷害で慰謝料請求をすることは可能です。

 

詐欺で訴えることはできません。

騙されていたことを立証できないでしょうし、仮に騙されていたとしても、何かをとられたわけではないためです。

慰謝料はだまし取られたものではありません。裁判手続きに則って、適正に支払うことになるものです。

jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問