JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

はじめまして お尋ねしますが法人会社ですが固定資産税が未納で換価の猶予にするなら担保とると言われたのですが保証協会に代位返済してもらっているので担保の枠がなく取れないと言われました

質問者の質問

はじめまして お尋ねしますが法人会社ですが固定資産税が未納で換価の猶予にするなら担保とると言われたのですが保証協会に代位返済してもらっているので担保の枠がなく取れないと言われました 会社の代表者である個人の財産を担保に取りますと言われたのですが取る事が出来るのでしょうか? 宜しくお願い致します
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

税金を滞納しているからといって個人の財産を強制的に担保にとることはできませんので、あくまでも会社の代表者が自分の財産を担保として提供する(物上保証という保証の一種です)のであれば、法人の財産に対する差し押さえは一定期間猶予しましょうという話でしょう。

 

代表者が自らの財産で滞納している税金の保証をするということで、猶予期間内に法人が固定資産税を支払えなかった場合には、担保に提供した個人の財産が差押え→売却されてしまうことになります。

 

自ら担保に提供しなければ法人に対する固定資産税の滞納で代表者個人の財産を差押えることはできませんので、私財を注ぎ込んででも会社財産に対する差押えを回避したいという場合でなければ、しない方がいいです。

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
回答をご覧になり、疑問は解消されたでしょうか?
より詳しい説明が必要な点がある場合は、その旨ご返信ください。
補足の説明をいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 


連絡遅くなりすみません
解答有難うございます


市役所が言うには会社の支払いを2年間分割にした上で個人の財産を


担保に入れて欲しいとの事


 地方税法では個人の承諾なしでも担保を取る事は出来ると言われましたがそのような事は出来るのでしょうか


6月から話し合いが始まって現在に至っていますが良い方向になりません


何か良い方法は無いものでしょうか?


宜しくお願い致します

専門家:  AE 返答済み 4 年 前.
2年間分割にすれば支払えそうなのであれば担保に提供するのもやむなしですが、確実に無理なのであればその固定資産を手放す方向で検討すべきだと思います。

最初にお答えしたとおり、法人の税金の滞納について強制的に個人の財産を担保にとる(もしくは差押えをする)ことはできず、あくまでも任意で提供を受ければ担保にとることができるだけですので、市役所がどのような根拠で言っているのかは不明です。
考えられることとしては、税金が課されている固定資産が個人と法人で共有であったり、法人の税金について個人が納税保証をしている、あるいは法人会社というのが合名会社等で、あなたは無限責任社員になっているといった場合ですが、そのような事情があるのでしょうか。


税金を滞納されている方からのなんとかなりませんかというご相談は多いのですが、税金は本来納付期限までに全額を納めなければならず、滞納すれば財産を差し押さえられても文句は言えない国民の義務です。
徴税の担当者は国民全員の利益のために回収する責任を負っているのであり、他の納税者との公平を欠くことになりますから免除や減額にはほとんど応じてくれませんし、最終的に全額納付できることが確実と言えるぐらいの計画を立てないとそう簡単には応じられないのです。
仮に個人の財産を担保に提供したとしても会社がきちんと納付できれば何も問題なく担保から外れるわけですから、個人として担保提供を求められるというのはある意味覚悟を試されてるとも言えるかもしれません。

法律 についての関連する質問