JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
gyoenlegalに今すぐ質問する
gyoenlegal
gyoenlegal, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 485
経験:  中央大学法学部卒業渉外法律事務所・司法書士事務所を経て新宿にて司法書士事務所を開業
70015703
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
gyoenlegalがオンラインで質問受付中

孤独死のその後で困っています。 2カ月ほど前なのですが、 昨年の10月から住んでいる古い分譲マンションの真上

解決済みの質問:

孤独死のその後で困っています。

2カ月ほど前なのですが、
昨年の10月から住んでいる古い分譲マンションの真上の階で、一人暮らしの年配の男性がお亡くなりになりました。

その事は、親族の方が連日家財道具を運び出す作業をしている時に、夫が何事か聞いてきたので分かりました。

親族の方は女性2人で隠れるように、清掃業者には依頼せずに自分たちで部屋の片付けをしているとの事でした。
また、発見されたのが死後数日であった為、上の階で発生したハエが我が家に複数匹入って来る事があり、ニオイも少し出ていました。
日が経つにつれハエやニオイは収まりましたが、先月8月の初旬に、その方たちは挨拶もせずに姿を見せなくなりました。郵便物が
たまっては無くなっているので、回収はしているようです。

ここ からが問題なのですが、最近我が家で食器棚の位置を変えた際に気付いたのですが、元あった場所の天井にごく薄いシミが見つかりました。中古マンションとは言っても、クロスは全て新装したので、当然初めから汚れているのではありませんし、食器棚との間には空間があったので、食器棚の色が付いたのでもありません。

もしかすると上の階から故人の体液が滲みていたのでは…と考えてしまい、近頃はよく眠れなくなってしまっています。

違っていれば思い過ごしで済み安堵出来ますが、万が一思っていた通りである場合、親族の方から何か弁済はして頂けるのでしょうか?

それから、マンションの理事会にも何も伝えていないようなので、その親族の方の連絡先が分からない為非常に困っています。何か連絡先を調べる方法を教えて戴けないでしょうか。

事を荒立てず、穏便に済ますためにはまずどう行動すると良いかを
指南戴ければ幸いです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  gyoenlegal 返答済み 5 年 前.
司法書士のgyoenlegalと申します。
少しでもお力になれれば幸いです。
分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、評価の前にお気軽にご返信下さい。

簡潔に回答させて頂きます。

万が一思っていた通りである場合、親族の方から何か弁済はして頂けるのでしょうか?
→上の階から の何かが原因であるのが裏づけることができるのであれば、上の階の方に賠償を求めることができます。

それから、マンションの理事会にも何も伝えていないようなので、その親族の方の連絡先が分からない為非常に困っています。何か連絡先を調べる方法を教えて戴けないでしょうか。
→住民票・戸籍から追っていく方法がございます。実は住民票や戸籍は正当な理由があれば、第三者でも請求を行うことが出来ます。ここでいう正当な理由とは債権の回収・債権保全等も含まれます。もし仮にそのシミが上の階からのものであることが証明できるものを取得できれば、上の階の相続人に対し損害賠償請求権をもちますので、それを市役所に見せれば戸籍や住民票を取得できます
住民票を取得すための具体的な流れを説明します。
①分譲マンションとのことですので、亡くなったのは登記の名義人だと思います。そうだとしたら法務局で上の階の登記事項証明書(登記簿謄本)をまず取得してみてください。
②登記事項証明書には住所と氏名が載っていますので、その方の住所地を確認します(通常その分譲マンションが住所地になっていると思います)
③住所地の市役所に行って、債権者である旨の資料を提示の上住民票を取得します(本籍地の記載ありのを取ってください)
④本籍地が分かったら、本籍地その市役所に出向くか郵送かでその方の出生にさかのぼる戸籍を取得していきます。
⑤そうすれば両親や配偶者・子どもの有無が分かりますので、相続人はだれかを確認して今度は相続人の本籍地に戸籍の附表というのを取り寄せます。
⑥戸籍の附表は住所が載っておりますので、相続人の住所が判明します。

手間と労力がかかりますが、通常この方法で相続人をたどり、穏便に済ませたいのであれば最初から請求書を出すのではなく、まずお手紙でこのようなことがあったのでお話がしたいというやんわりとした内容のものをお出しになるとよろしいかと思います。

ご参考になれば幸いです。
わからない点がありましたら、評価の前にご質問くださいますようお願いいたします。
gyoenlegalをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問