JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

私の知人の話です。 中古買取業者に勤める知人Aさんは、先日、車の買取に顧客の下へ訪れました。 その車は新車定価は

解決済みの質問:

私の知人の話です。
中古買取業者に勤める知人Aさんは、先日、車の買取に顧客の下へ訪れました。
その車は新車定価は250万円のフォレスターでした。
ただ、年式も新しく程度も良かった為、120万円の買取となりました。
併せて、お客様には、その120万円で新たに車(115万円)の購入をして頂きまし た。
買取の車は、後日この115万円の車を納車する際に併せて引き取りとなります。

ただ、この際に誤ってAさんは120万円で買い取るはずが220万円と記載してしまいました

後日、その事に気付いたお客様に「220万円で買い取れ」と迫られました。
「220万円で買い取らないなら、115万円の車も買い取らない。この契約は破棄」とも言われました。
「確かに120万円とは聞いた、ただ書類に220万円と書いてある以上は220万円だ」
と言われて大変困っています。

この知人を助けたいのですが救済方法はありませんでしょうか?
仮に220万円とはっきり記載した場合も「120万円と聞いた」と言ってる以上は220万円の書類は差し替え不可能でしょうか?
新車定価250万円の車を4年落ちで220万で買い取るとは常識を逸脱しています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

法律上、契約というのは双方の意思の合致により成立します。
つまり重要なのはお互いの意思であり、契約書というのはその結果を書面に残して証拠とすることで後日の紛争を防止するという性質のものに過ぎず、契約書の記載よりも合意した内容が優先します。
したがって、今回は120万円で買い取ることで合意しているのですから、契約書の記載ミスで220万円となっていてもその金額で買い取る必要などないのです。

問題は220万円という金額について契約書という証拠が残っているのに対して、120万円であるというのは口約束で明確な証拠が無いという点です。
新車定価が250万円で4年落ちの車に220万円の買値を付けるというのは特別の事情が無い限り客観的に見ても不合理と言えますから、万が一お客様が始めから220万円で買い取る契約だったと主張して裁判で争うことになっても勝ち目が無いわけではありませんが、契約書が残っていることは不利に働きます。
いまのところ120万円と聞いたことは認めているようですから、お客様のお話のなかで120万円だったと認める内容の発言を録音し証拠を残しておけると安心でしょう。

もちろん、契約書で極めて重要な金額の部分を書き間違うという重大なミスをしたのは事実ですから、その点は謝罪した上で、それでも無理な要求をするようであれば不当な要求には応じられないとハッキリ言うべきです。
先方も契約の破棄には応じる意思があるようですので、そのようなお客様と無理に契約を維持するよりも、破棄した方が知人にとって有益でしょう。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問