JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

8年間不倫を続け、交際当初は不倫相手も既婚者であることを知りながら、私と交際を始めました。交際3年目ぐらいに、離婚し

解決済みの質問:

8年間不倫を続け、交際当初は不倫相手も既婚者であることを知りながら、私と交際を始めました。交際3年目ぐらいに、離婚したと嘘をついて引き続き交際を続けて、相手には結婚を ほのめかすことも交際期間中に言っております。最近別れることを決めて連絡を途絶えるようにしていたところ、不倫相手から500万の請求を最近うけております。(弁護士経由にて内容証明にて)。相手は私がまだ既婚である事実もつきとめたうえでの請求と思います。この慰謝料は妥当な金額なのでしょうか?身から出た錆とは言え、300万程度が妥当ではないかとふんでます。ご意見お聞かせください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お辛い状況にあると思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 ご相談者様の性別が書かれておりませんが、男性側と言うことでよろしいでしょうか?

既に弁護士の先生から500万円と言う慰謝料の提示がされておりますが

ご相談者様の資力の状況もありますが

500万円と言うのは、最初はブラフ(はったり)的な部分もあるでしょう。

今後の、減額交渉に関わってきます。

 8年前の、不倫の場合は、当初から、奥様といずれは離婚して相手の女性と

結婚すると言うようなお話だったのでしょうか?

その場合は、奥様がいらっしゃることを知っての交際ですから

慰謝料を請求すべきなのは、ご相談者様の奥様です。

 ただ、その後、ご相談者様が、離婚をしたと偽り、更に結婚をほのめかして

交際していましたので、その時点からは、相手の女性に対する貞操権侵害は

あり得ます。

貞操権侵害の場合は、100万~400万円程度の慰謝料が認められる場合も

ございます。

 判例もありますが、その場合の女性は19歳の未成年と言うことで考慮されいて

その女性の年齢にもよりますが、不法原因給付的な内容で

損害賠償請求を認められないこともあります。

今回は、当初は不倫関係を知っていたところに問題点はあります。

 とりあえず、対抗手段としては、ご相談者様の奥様から相手の女性に対して

不貞行為に対する慰謝料請求をしてもらうことです。

慰謝料は相殺はできませんが、相手が譲歩して少しでも減額出来ればと

思います。

 とは言え、奥様に発覚して欲しくないと言う思いがあれば、口止め料的な

部分はあります。

 その場合は、公正証書なりで、しっかり合意書を作成してもらうことです。

お金をもらった途端に、口外する方もいらっしゃいます。

 また、慰謝料に対しては、分割で支払って良いですし

当然、最初から減額要求をしても構わないでしょう。

 内容証明等で、弁護士の先生の事務所にそのような内容を書いて

送ると良いですね。

内容証明の作成に関しては、民事法務専門の行政書士か弁護士の先生にご依頼されると良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


アドバイスありがとうございます。もう少しアドバイスを頂きたく、下記経緯の詳細確認頂き、再度アドバイス頂けないでしょうか?


 


交際当初は未婚といって彼女と交際をはじめる。


交際直後に既婚と彼女がわかるが、その際はそのまま交際を継続。


*子供がいなければ、彼女としては私と妻が別れるのは実現すると信じていた感がある。


しばらくして、子供がいることが分かるが、その際に離婚をすることを約束する。結局離婚はしきれなく、離婚したと彼女に嘘ををつき、交際中は結婚をほのめかすことも何度も言ったのは事実。


 


彼女とは真剣に結婚したいと思っていたのは事実です。


そのための約束をしたのは事実です。


 


正直、妻とは彼女と付き合いだしてから一度も性交渉はもっておりません。ただ、子供がかわいく、また子供が片親になることを考えると、離婚にふみきれなく、ずるずると交際を続けてきた経緯です。


 


彼女に対してはきちんとしてあげたかったが、嘘でかためた(離婚している)時間がたちすぎ、何度も別れるとお互い話をしましたが、私も彼女を本気で愛しており、また彼女もそうであったため、時間だけがずるずるたち、今回別れることえを決意し、話せばまた情にながされて嘘を続けてしまうと思い、連絡をたったところ、慰謝料の請求内容証明が送られてきたのが経緯です。


 


正直、彼女のことは今でも愛しております。


結果ひどいことをしたのは分かっているので、誠意ある対応はとりたいと思ってます。ただ、500万は正直法外で私の経済力では非常に厳しいです。正直、本人と一度話したいのですが(お金のこと含めて)、向こうが代理をたてている以上、本人と話をするのは難しいのでしょうか?


 


本ケースの妥当な慰謝料、また本人との話あいの場を設ける方法をアドバイスください。宜しくお願いします。

法律 についての関連する質問