JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

11年ほど前に前妻が借金を作って他に男をつくっているのが発覚して離婚したのですが、その時1歳だった娘を引き取り、その

解決済みの質問:

11年ほど前に前妻が借金を作って他に男をつくっているのが発覚して離婚したのですが、その時1歳だった娘を引き取り、その子が今小学校6年生になってるんですが養育費はもらえるのでしょうか?
まだ子供の意思では判断できかねる状態なんですが子供の養育費もかさんできてるので親である僕に請求権があるのかどうか教えてください。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
こんにちは、司法書士です。よろしくお願いします。


>親である僕に請求権があるのかどうか教えてください。

正確には養育費は未成年の子どもが親に請求するものですが、離婚後に子どもの親権者となった親も、親権者とならなかった親に対して子どもの監護養育のための費用を請求(養育費の分担請求)することができます。

養育費の分担義務は、お互いの収入によって異なってきます。収入が多い方か多くの養育費の負担をすることになります。

義務者(元妻)に収入がない場合は養育費を支払うことができませんので、負担を強いることはできません。
収入がなくても 、将来収入を得る仕事をするなら、事情変更によって養育費を請求することができます。


養育費を相手に請求するには、相手の住所地の管轄の家庭裁判所に養育費の分担調停を申立てましょう。手数料は1200円と郵便切手代として数千円です。
調停は調停委員がお互いの話を聞いてくれます。その上で紛争を解決するために調整をしてくれます。必要な書類があれば持ってくるように言われます。調停委員の人達は不明な点があれば親切に教えてくれますので、心配なく調停
に望むことができるでしょう。こちらの要求を率直に伝え、聞かれたことには事実を話せばいいのです。

とりあえずは、家庭裁判所に調停を申立てることをお勧めします。家庭裁判所に行けば書類の書き方も親切に教えてくれますので、ご自分で申立てすることができるでしょう。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問