JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

ただ今、離婚を考えています。  35歳男性です。 子供2歳半です。  性格の不一致によるものですが、弁護士をつ

質問者の質問

ただ今、離婚を考えています。 
35歳男性です。
子供2歳半です。 
性格の不一致によるものですが、弁護士をつけて離婚調停に
した方がいいのか、迷っています。 
養育費やら面会などの事があるので教えて頂けますか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 4 年 前.

はじめまして、弁護士をしておりますので、お答えさせていただきますね。

弁護士をつけるかどうか悩まれているということですが、

現在の段階でつける必要はないかと思います。

(弁護士でいう私が言うものなんですが…)

なぜかと申し上げますと、

まず弁護士費用が目安として30万円程度が必要であること、

養育費の額は表がありまして、弁護士をつけようがつけまいが額が変わることはまあないということ、

面会については、そもそも子どもの権利(親と会うことで健全な成長をするためのこどもの権利です)という側面があり、これもまた、弁護士をつけようがつけまいが、あなたに有利に決まるかというと別物ということ、

現在、慰謝料や財産分与の額でもめているわけではないということ

調停にするというのはお二人の合意ですので、調停はまとまりやすいということ、

しかも貴方は親権(監護権)を争うつもりではないということ

という5つの理由からです。

今後、とんでもない額の慰謝料の請求や、過大な財産分与を請求されれば、

調停委員はかならずしもあなたの味方ではない(もうしわけないですが、本当に、法律をしらずに先入観だけで委員をされている方もいらっしゃるので、中立の立場でない委員さんすらいるものですから)ので、その場合には、貴方の味方になる立場である弁護士をつけたほうがよいとは思いますが。

もちろん、その際にも、たとえば、あなたが、奥様にまだ愛情をもっており、奥様と、単なる性格の不一致で、今後彼女が困らないようにできるだけの財産分与をしてあげたいと思われているのでしたら、奥様の思うとおりにしてあげればよいので、あえて弁護士をつける必要もないかと。

結論としましては、いずれにせよ、現段階では、特に弁護士をつける必要もないと思います。

調停は、大抵、ひと月に1回のペースで入りますので、これは弁護士をつけたほうがいいという段階になれば、弁護士をつけても、全然遅くないですよ。

なお、どのような弁護士をつければよいのかわからないということであれば、弁護士会にまずはその旨伝えれば、紹介してくれるかと思います(北海道の弁護士会の実情はしりませんので不確実ですみません。)。

なお、蛇足ですが、お子さんの年齢、あなたが父親であることからすれば、あなたがおっしゃるように、ほぼ(9割以上)の確率で親権監護権は奥様にいきます。

回答の中で、不十分な点、追加で聞きたいということであれば、ご遠慮なくご質問くださいね。

法律 についての関連する質問