JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

9/3息子が友達の彼女に性的乱暴したと、その友達から電話がありました。警察に被害届も出して捜査してもらっているそうで

解決済みの質問:

9/3息子が友達の彼女に性的乱暴したと、その友達から電話がありました。警察に被害届も出して捜査してもらっているそうです。その時にその友 達にウチの息子が迷惑かけてごめんねと言いましたが、9/6にその友達から連絡があり彼女の親が会いたいので9/8か9/10に会ってくれとの事。警察に被害届を出してる時に親が会ってもいいのでしょうか?その時にはウチの息子は同席させないでくれとの事。どういう内容で会いたいのか聞くと「いや、会わせてくれと言われてる」しか言わないし・・。警察からも何の連絡もないし、息子本人も何も言わないので聞いていいものか悩んでいます。親友に相談したら、会わない方が良い、多分取り下げるから示談金を要求されるのでは、と言われました。それもあるかと思いますし、息子は19歳ですが、社会人として働いてます。そのような罪をお金で解決できるものじゃないとわからせたいし自分の責任を全うしてもらいたいと思ってます。アドバイスお願いします。
<補足>息子19歳、友達20歳、その彼女19歳、友達と彼女は3月くらいから同棲中、週末はウチの息子と友達の弟が泊まりに行ってました。1Dkの部屋。乱暴したとされるとき、友達の弟も宿泊中との事
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
こんにちは、弁護士です。

1 >警察に被害届を出してる時に親が会ってもいいのでしょうか?

問題ありません。
むしろ一般的には、被害者側から会ってくれと言われているのであれば、
積極的に会いに行くべきです。
相手の申告が本当であれば、相手は犯罪の被害者です。
不当な要求でない限りは、加害者側として真摯に対応するべきです。

ただ、ご質問の最後に「そのような罪をお金で解決できるものじゃないとわからせたいし自分の責任を全うしてもらいたいと思ってます」とあるので、息子さんの罪を軽くしようという意図がないのであれば、絶対に会わなければならないというものではありません。


2 >親友に相談したら、会わない方が良い、多分取り下げるから示談金を要求されるのでは、と言われました。

一般的には友人のアドバイスは誤りです。弁護士としては、示談を進めるのが通常です。
いずれにせよ、友達の彼女から損害賠償請求をされるおそれはあるのです。示談金の要求は、被害者側の正当な権利です。
仮に、示談をせずにこのまま捜査が進んだとしても、後に慰謝料等を請求されるでしょう。
それだったら、慰謝料を支払って、被害届を取り下げてもらった方が、息子さんにとっては有利なことは間違いないです。
つまり、慰謝料を支払って被害届も取り下げられないという最悪のケースよりは、慰謝料を支払って被害届を取り下げてもらう方がいいというわけです。


質問者様のケースですと、本人に責任を全うしてもらいたいというご意向があるようです。
それでしたら、ありのままを相手に伝え、「責任は本人にすべて負わせたい。慰謝料も後で息子に請求してください。」と言えばいいと思います。
ただ、被害回復が早い方がいいことは間違いなく、そのために親が協力するべきではないかという考え方もあります。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

返答有難うございます。


会う時にうちの息子は同席させないように言われてることに関しては、


どうなんでしょうか?ご両親と彼女とかがいるから会わせたくないからでしょうが、私は双方の意見を聞いてから判断はしたいと思いますし、不可解なのは息子とその友達の彼女が2ショットのプリクラを取ってることが不思議なんですが・・。


 

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
性犯罪であるならば、加害者本人に会いたくないというのは普通のことです。
弁護士が間に入っている場合には、加害者を会わせることには慎重になりますので、
とくにおかしなことではありません。

ですから、質問者様が被害者と会う場合には、その場で示談するのではなく、まずは話を持ち帰るという対応でいいのではないでしょうか。もしくは、事実をできる限り聴取した上で、被害者加速に会うというのでもいいでしょう。
双方の意見を聞いて、というのは、まさにごもっともな意見です。
プリクラが・・・というのは、お二人の間に同意があったのではないかということですね。
そうであれば、そのように言っても構わないです。
事実無根のことまで示談に応じる必要はありませんから、慎重に臨んでください。
ただ、息子さんも認めた場合には、真摯な謝罪が必要でしょう。

法律 についての関連する質問