JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

おはようございます。 飲食店(居酒屋)を経営しています。朝まで営業のお店ですが、先日、警察から12時以降お酒を提供

解決済みの質問:

おはようございます。
飲食店(居酒屋)を経営しています。朝まで営業のお店ですが、先日、警察から12時以降お酒を提供するなら深夜の営業許可が必要で、その届け出をしていないことを指導され先日届け出ました。警察からはステッカーを渡すのに10日かかるからそれまでは12時 以降、営業してはいけないと言われました。言われたとうり12時で閉店していますが、許可を承認してもらうというより届け出の義務があるなら警察が届け出書類一式を受けとった時点で届け出が済んでいると考えてはいけないのでしょうか?
警察からのステッカーの10日の説明が余りにも曖昧というか適当なので疑問に思いました。
毎日赤字なので必要ないなら通常通り営業したく思っています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 4 年 前.

深夜営業の届出は、本来は事前にしておかなければならないものですので、いまから届ければ以前の営業についてはお咎めナシというのであればむしろ温情措置です。
法律上、違反に対しては50万円以下の罰金と定められていますのでステッカーの交付まで待った方が良いです。


根拠となるのは次の法律・規則で、届出を10日前までにすることが要求されているのでステッカーの交付も10日経過してからになります。

 

・風営法
(深夜における酒類提供飲食店営業の届出等)
第三十三条  酒類提供飲食店営業を深夜において営もうとする者は、営業所ごとに、当該営業所の所在地を管轄する公安委員会に、次の事項を記載した届出書を提出しなければならない。
一  氏名又は名称及び住所並びに法人にあつては、その代表者の氏名
二  営業所の名称及び所在地
三  営業所の構造及び設備の概要

・風営法施行規則
(深夜における酒類提供飲食店営業の届出)
第七十八条  法第三十三条第一項 に規定する届出書の様式は、別記様式第四十一号のとおりとする。
2  法第三十三条第三項 に規定する営業の方法を記載した書類の様式は、別記様式第四十二号のとおりとする。
3  第一項の届出書は、深夜において当該酒類提供飲食店営業を開始しようとする日の十日前までに提出しなければならない。

AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問