JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

被告である父は22歳から65歳まで年金を勤め先の企業で納めた。 22歳から53歳までは前妻と婚姻関係にあり、前妻と死

質問者の質問

被告である父は22歳から65歳まで年金を勤め先の企業で納めた。 22歳から53歳までは前妻と婚姻関係にあり、前妻と死別後の60歳から現在83歳に至るまでが後妻である原告との婚姻期間となるが、その内年金を納めたのは60歳から65 歳までの5年間のみであり66歳からは年金を受給している。

現在月額50万円(内厚生年金は40万円)の年金を受給しているが、本ケースの場合に現在後妻と離婚し年金の第3号分割(0.5対0.5)をした場合、およそどの程度の金額を毎月後妻に分割する事になるのでしょうか?


現在別居中の後妻より家裁で離婚申し立てと年金分割(第3号分割)を請求されておりますが、判例を調べると年金受給者側が勝訴した例がない為、いっその事、離婚と年金分割を裁判所に認める答弁書を早めに提出したほうが、裁判に敗訴して多額の裁判費用の支払いを言い渡されるよりも得なのではないかと考えますが、いかがでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

初めまして、夫婦・男女問題法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それはお父様のことでいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 今回の年金分割の対象となる部分は

お父様が新しい奥様と婚姻期間中の保険料を支払っていた期間分になります。

よって60歳から65歳の期間の部分が年金分割され

手続きをすれば、相手の奥様が何歳かはわかりませんが

年金時給時に反映されます。

 年齢から、3号分割が始まる以前(平成20年4月)だと思いますので

ご夫妻様で合意した合意分割か、家庭裁判所に決めていただく形です。

最大が50%ずつになります。

あくまで厚生年金分で、仮に、奥様も厚生年金に加入されていた場合

保険料の多い方から少ない方に分割するので、場合によっては

奥様が損をする場合もございます。

 月額50万円とはかなり大きな年金額になります。会社の役員か何かをされて

いたのでしょうか?

 多分、お話から40年以上かけていますから、そのうちの5年分ですから

たいした額の移動ではないと思います。

詳しくは、年金事務所でご確認すれば、時間はかかりますが教えていただけるはずです。

現状では、年金分割自体は拒否はできませんので

裁判費用の無駄を考えれば、最初から応じていても良いと思います。

とは言え、離婚は調停前置主義ですから、必ず家庭裁判所の調停を経て

調停が不調になった時に、裁判に移行することができます。

調停の費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。

ただ、年齢が年齢だけに、弁護士の先生に代理交渉をしていただくのも手です。

 あるいは、年金分割は避けられませんから、最初から協議離婚で

離婚協議書を公正証書で作成した方が、離婚後のトラブル防止にもなりますし

手間もかかりません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 4 年 前.

この度は早々にご返答ありがとうございました。

厚生年金の分割が5年分という明確な帰還が判り大変参考になりました。

ただこの5年間は父が会社役員時代で年収2000万ほど頂いていた期間に当たるため多分沢山の厚生年金を納めていた期間と思われます。

現在裁判で争わなければならないほど、再婚相手の方とは揉めています…金額的にさほどの額にならないのであれば離婚に踏み切りたいというのが父の考えです…年金事務所に計算をしてもらうのは本人でなくても代理で娘の私でも出来るのでしょうか。又具体的にどの様に申し込んで調べて頂けば良いのでしょうか…実際分割の具体的金額を調べることを弁護士さんにお願いすることは可能ですか。

専門家:  supertonton 返答済み 4 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

ご相談者様のお父様の委任状があれば、ご相談者様でも手続きは可能です。

住所地の管轄の年金事務所に行くだけです。

ただし、どういうシステムか、1か月位かかる時もあるようです。

簡単なのは、社会保険労務士の先生にご依頼されれば

面倒な手続きはしてもらえるし、割と早い段階でわかるようです。

 また、余計な心配ですが、後妻の方は、現時点では相続権もあるので

念のため、遺言を公正証書で作成しておけば、最悪でも

遺留分だけで済みます。

相続等を考えると、ご相談者様にも多大な影響があるはずですから

少しは譲歩しても早目の離婚が得策です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ご丁寧なご返信ありがとうございました。早々に先生のご指示に従い対処したいと思います。もう一点お伺いしたいことがございます。父の場合離婚成立し年金分割がされた場合相手が分割された年金を受け取るのはいつまででしょうか…父が亡くなるまででしょうか、それとも相手が亡くなるまででしょうか。相手の方も高齢です…(現在72才くらい)


もう一点、父は現在脳梗塞で治療を受けております。健康上の理由で離婚や、相手側からの請求申し立てに対しある程度猶予期間を設けることは出来るのでしょうか。離婚に応じるとしても出来るだけ時間を稼いで年金分割の実行を送らせた方がよいのではとも考えられますが、如何でしょうか。

質問者: 返答済み 4 年 前.
,
2012年9月6日 7:35 EST
ご丁寧なご返信ありがとうございました。早々に先生のご指示に従い対処したいと思います。もう一点お伺いしたいことがございます。父の場合離婚成立し年金分割がされた場合相手が分割された年金を受け取るのはいつまででしょうか …父が亡くなるまででしょうか、それとも相手が亡くなるまででしょうか。相手の方も高齢です…(現在72才くらい)

もう一点、父は現在脳梗塞で治療を受けております。健康上の理由で離婚や、相手側からの請求申し立てに対しある程度猶予期間を設けることは出来るのでしょうか。離婚に応じるとしても出来るだけ時間を稼いで年金分割の実行を送らせた方がよいのではとも考えられますが、如何でしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.
,
2012年9月6日 7:35 EST
ご丁寧なご返信ありがとうございました。早々に先生のご指示に従い対処したいと思います。もう一点お伺いしたいことがございます。父の場合離婚成立し年金分割がされた場合相手が分割され た年金を受け取るのはいつまででしょうか…父が亡くなるまででしょうか、それとも相手が亡くなるまででしょうか。相手の方も高齢です…(現在72才くらい)

もう一点、父は現在脳梗塞で治療を受けております。健康上の理由で離婚や、相手側からの請求申し立てに対しある程度猶予期間を設けることは出来るのでしょうか。離婚に応じるとしても出来るだけ時間を稼いで年金分割の実行を送らせた方がよいのではとも考えられますが、如何でしょうか。
質問者: 返答済み 4 年 前.
,ご丁寧なご返信ありがとうございました。早々に先生のご指示に従い対処したいと思います。もう一点お伺いしたいことがございます。父の場合離婚成立し年金分割がされた場合相手が分割され た年金を受け取るのはいつまででしょうか…父が亡くなるまででしょうか、それとも相手が亡くなるまででしょうか。相手の方も高齢です…(現在72才くらい)

もう一点、父は現在脳梗塞で治療を受けております。健康上の理由で離婚や、相手側からの請求申し立てに対しある程度猶予期間を設けることは出来るのでしょうか。離婚に応じるとしても出来るだけ時間を稼いで年金分割の実行を送らせた方がよいのではとも考えられますが、如何でしょうか。

法律 についての関連する質問