JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

現在、友人との間で金額を貸しております。 誓約書等の書類は持っていないのですが、 メールでの証拠は残っております

質問者の質問

現在、友人との間で金額を貸しております。
誓約書等の書類は持っていないのですが、
メールでの証拠は残っております。
ただ、具体的な金額は記していないため、
証拠が不十分になるのかもしれません。
少額訴訟を考えておりますが、
内容証明を送付した方がいいのでしょうか?
具体的にどういった証拠が必要になりますか?
現在の有力な証拠としては、「お金は必ず返す」
というメールと貸した金額を把握している証人だけです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

内容証明は送付したほうがよろしいかと存じます。内容には貸付額、返済期限(無ければなくてもOKです)を明記してください。

 

その他、これから集められる有力な証拠というのはなかなか難しいかと存じますので、相手の反証にもよりますが、返済を約束したメール、証人、内容証明で十分争っていくことは可能かと存じます。

 

その他、金銭の交付は、どのように行いましたでしょうか?現金手渡しではどうしようもないですが、振込等で行っているのであれば、通帳の写し等も証拠として提出されるとよろしいかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.


金銭は手渡しで行いました。


今のところメールで催促をしているのですが、返事がきません。


内容証明は現住所が分からないので、実家に送るつもりです。


内容証明を送った旨もメールで伝えた方がいいのでしょうか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

おっしゃるとおり、現住所宛でないのならメールでもいいのでご連絡すべきかと存じます。

請求の意思は相手方に届かなければ意味がありませんので、できるかぎり相手方の認知しうる状況を作る必要がございます。

 

また、費用等の兼ね合いもあろうかと存じますのでひとつの選択肢としてご提案いたしますが、内容証明の作成、送付のみ司法書士や行政書士に依頼するというのもよろしいかと存じます。

 

司法書士や行政書士に依頼すれば、職権で相手の住民票をとりよせ現住所を調査す

ることも可能です。

 

※この現住所の調査のみ依頼することはできません。これはあくまで内容証明作成の一部としてのみ可能です。また、相手方がちゃんと住民票を移してない場合は、調査できない場合もございます。

 

内容証明の作成だけであれば、1~2万程度で引き受けて頂ける事務所もあろうかと存じますのでご一考ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.


恐らく現住所の特定は難しいと思います。


それでも内容証明は送った方がいいのでしょうか?


また、メールで送る文面に必要な項目やどのような内容で送るべきでしょうか?


 

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

裁判をするおつもりなら少しでも証拠となり得るものは多い方が良いので、仮に自宅あてでも内容証明を送っておくほうがベターです(必須ではありませんが、やっておいたほうがなお良いということです)。

また、メールの内容は内容証明と同じく、貸付額、返済期限、請求の意思を明記し、ご自宅に内容証明郵便も送付している旨、ご記載頂ければよろしいかと存じます。

質問者: 返答済み 5 年 前.


もし可能であれば例文を送っていただいても宜しいでしょうか?


また、もし裁判で勝訴できた場合どのようなフローで金額は返済されるのでしょうか?

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

○○様

平成〇年〇月〇日、金〇円、返済期限〇の約定にて貸し付けた金銭の返済を請求いたします。平成〇年〇月〇日までにご連絡頂けない場合は、法的手段に移らせて頂きますのでその旨、了知下さい。

 

 

 

仮に裁判に勝っても相手がそれで払わなければ、強制執行という手続きをする必要があります。相手の給与や預金を差し押さえて強制的に金銭を回収する手続きです。

相手の財産は裁判所が調べてくれるわけではありませんので、もし何も差し押さえるものがない又は見つからない場合は、回収不能という恐れもございます。

質問者: 返答済み 5 年 前.


貸している金額は47万円なのですが、


勝訴できる可能性やリスクを考えると訴訟を我慢した方がいいのでしょうか?


今は日雇いで給料を稼いでいるようです。


客観的な意見をお願い致します。

専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

あくまでここでお聞きしている限りの情報からの判断ですので、難しいところですが少額訴訟自体は勝てる可能性も十分にあろうかと存じます。

 

ただ、先にも述べたとおり強制的に回収するには相手の資産状況等によるところが大きいのも事実です(腹立たしいことですが、無いところからは取れないということです)。

 

少額訴訟自体は、それほど難しくもないし、費用も安価(自分で対応するなら1~2万程度)ですので、やってみる価値はあろうかと思いしまし、相手もさすがに裁判沙汰までなってビックリして払ってくる可能性もあろうかと思います。

 

ただ、相手がそのくらいのことで払うような人間ではないと思うような相手なら、ある程度差し押さえられる資産があるという見込みがないと、裁判には勝ったけど結局お金はもどってこなかったということになる恐れは強いかと存じます。

 

このように相手次第というところもありますので、断定的な判断はできませんことご了承ください。

法律 についての関連する質問