JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

3年前に250万を貸しました。500万にして返すといっていましたが、始めから困っていると思い、500万はあてにしない

質問者の質問

3年前に250万を貸しました。500万にして返すといっていましたが、始めから困っていると思い、500万はあてにしないで貸しました。でも、3年たってもまだ120万しか返してくれません。だんだん憤りを覚えてきました。
株に手を出してお金を持ちあわえないような生き方をしている人だから、いくら督促しても返してくれません。
泣き寝入りは頭にくるので時効までのあと7年の間にはきちんと返してもらいたいのですが。
いい加減な対応ばかりする人にどんな方法があるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
はじめまして、弁護士です。

今回のような内容は、とても多いご相談の1つです。
率直に申し上げて、相手との人間関係や気遣いはあるのだと思いますが、法的手続きを利用することをおすすめします。
個人間での督促では、いつまでものらりくらりとした対応が続きます。
相手に「これは返さないとまずい。」と思わせないと、時効(本件では10年)が来てしまいます。

まず、質問者様だけでも容易に行える手続きとして、支払い督促があります。
裁判所に行って、「支払い督促をしたい。」といえば、その場で教えてもらえると思います。
数千円で済みます。
これを行えば、裁判所から相手に対して支払うよう催促をしてくれるので、かなりのプレッシャーがかかります。

他に、弁護士に頼んで、弁護士名義での内容証明郵便で催促してもらうという方法もあります。払わないと訴えるぞ、といった文面を入れるので、プレッシャーは強いです。
だいたい3~5万円です。

さらに、訴訟を提起するという方法もあり得ます。
これを行うには、弁護士に頼むのが簡便です。費用は20~30万程度です。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。


裁判所はどの裁判所に行けばいいのですか?


相手の住んでいる家庭裁判所でしょうか?


よろしくお願いします。

専門家:  jo-ban 返答済み 5 年 前.
支払い督促・少額訴訟をするのであれば、相手の住所地を管轄する簡易裁判所です。

京都なのであれば、
http://www.courts.go.jp/saiban/kankatu/kyoto/index.html
こちらを見るといいでしょう。

法律 についての関連する質問