JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
mezasesakurasakuに今すぐ質問する
mezasesakurasaku
mezasesakurasaku, 平成25年6月末弁護士登録抹消確定
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 271
経験:  平成25年6月末まで弁護士業務(以降退会)
69318065
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
mezasesakurasakuがオンラインで質問受付中

先日は引越のクレーム(鍵)の件でご相談させていただいたものです。ありがとうございました。先生のおしえていたたいた通り

解決済みの質問:

先日は引越のクレーム(鍵)の件でご相談させていただいたものです。ありがとうございました。先生のおしえていたたいた通り伝えようと何回か電話しましたが留守電なので余計なことを書かずに鍵を直せなかったお詫びと受領代金を限度に保証させていただくと手紙に書いて送ったのですが現在まで連絡ありません。おそらく2万円前後で新しく購入できるような家具であったとスタッフは記憶しております。今日はすみません全く別件の質問ですが
弊社 は500坪位の事務所付き倉庫を借りて
営業しておりますが契約書の禁止事項で本件物件の全部または一部を転貸(同居、共同使用等これらに準ずる一切の行為を含む)と書いてあるのてすがお客様の荷物を保管し料金
をいただくことも転貸になるのでしょうか?最近
商売が厳しくお客様の保管が少なくなって来ていて事情も話し、いくらか貸借料を下げてもらいました。なんとか顧客を獲得しようと努力しましたら一部事務所もかしてほしいと言われましたが契約書に禁止とあるとダメなのでしょうか?転借承諾のお願いの書類を作成したら
大丈夫でしょうか?是非取引をさせていただきたいので何卒ご助言よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 5 年 前.

おはようございます。

大した家具でなくて本当に良かったです。

するべきことはきちんとしているのですから、このまま相手が何か言ってくるまで、すっきりさっぱり忘れておけばいいですよ。

さて、転貸の件ですが、

ぎりぎりアウトかぎりぎりセーフのどちらかです。

つまり、これを、無断転貸かと法律家(具体的には裁判官ですが)が聞かれると、人によって判断が分かれてしまいます。

たとえば、の話ですが、荷物の保管においては、荷物が完全にあなたの支配下にあり、お客がその荷物をとるためであっても、保管場所には絶対に入らない、さらに、荷物の保管場所は、決まっておらず日によって違うなど、一定の条件を満たせば、無断転貸にはならない(きりぎりセーフ)になると思います。

しかし、このような条件なかなか厳しいですし、後述しますが、相手が何を言ってくるかはわかりません。

そもそも、転貸が禁止されている趣旨というのは、

貸すほうは、あなた個人の属性(性格など)や事業の性質・具体的な使用方法(たとえば近隣に騒音や悪臭をだしてしまうとか)などを、貸す際に、検討して、あなた(もしくはあなたの会社)なら良いと判断して貸しているのに、

たとえあなたが知っていても貸す側にとって全然別の知らない人に使用されてしまうと、

貸す側にとっては、「約束が違うじゃないか」ということになる、

だからそれはやめましょう、ということなのです。

ざっくり言いますと、貸し手と借り手の信頼関係が壊れてしまうのですね。

となりますと、事務所倉庫に、お客さんの荷物を置いてお金をいただくということになると、

貸し手の性格にもよりますが、「え、そんなこと聞いてない、約束違反だ、出て行ってもらう」

などと主張してくる可能性があります。

そして、このような主張をされてしまうと、法的には、ぎりぎりセーフでもありぎりぎりアウトでもあり、法律の専門家としては、「貸し手がそんなこと言ってきてもいいがかりです」とは言うことができません。

ですので、あなたとしては、貸し手との信頼関係を損なわないように、

あなたがおっしゃるように転貸承諾のお願いを、次のようにしたらいかがでしょうか。

「会社の財政状況が厳しいのです、このままでは、せっかく下げてもらった賃料も払えなくなってしまうかもしれません。

ですから、打開策を考えたのです。

今、一部、借りているところにスペースがあるので、お客さんの荷物を預かろうかと考えているのです。

私としては、この荷物も自分のところの荷物とまったく同じ扱い、

つまりこの荷物が原因で、あなたとの賃貸借契約に何か差しさわりが出ましたら、責任を負いますので、共同使用も含めておよそ転貸ではないと考えておりますが、

念のため、家主様のご承諾をいただけますでしょうか。」

と説明して、承諾の一筆をもらうと、完璧です。

仮に、承諾の一筆をもらえなくても、

「あなたが説明して、家主がそれに強く反対しなかったという事実」が、証明できれば、

それは事実上は承諾と法的に評価できますので、安心です。

証明のために、できれば、家主さんに口頭で説明と転貸承諾のお願いをする際に、録音をしておいて、その録音データを残しておいてください。

もしくは、あなた一人ではなく、後日証言をしてくれる人をもう一人連れて行くこと、

または、説明お願いが終わってすぐに、できるだけ詳細に報告書を作成して、保管しておくこと

といったことでも、一応代替できるかと。

なお、一般的な家主であれば、このような事情であれば、一筆までは書いてくれなくとも、問題なく承諾はしてくれるとは思うのですが…

もし、上の説明ではイメージがわかない、もっとこの部分を詳しく聞きたい、といった点

ありましたら、どんどんご質問くださいね。

質問者: 返答済み 5 年 前.

お世話になります。


いつもありがとうございます。


弊社はお世話になっている不動産屋さんさんとは永年の付き合いがあり


営業倉庫として使用することはご存知なのでトラブルは生じにくいと思っています。今回は事務所として使用している建物があるのですが2階建てで2階を


弊社が事務所として使用しているのですが1階部分が空いており近くの同業


他社さんが事務所として使用したいと申し入れてきたのです。(約20坪程度) 弊社にとって願ってもない申し入れで協力することによりお互いのメリットが大きいのです。しかし契約書には先ほど書かせていただいたように


一部であっても転貸禁止となっています。


契約書に禁止とあっても転貸承諾のお願いの書類を作成し承諾をいただくことは可能でしょうか?


 


 


転貸使用料は全体の20分の1程度であり賃料は今までどおり弊社が支払うのでご迷惑はおかけしないと思います。


また同業他社の方なのでご迷惑をおかけすることもないと思います。


賃料は20分の1程度であっても転貸合意書はきちんと交わすつもりでおります。何卒よろしくお願いいたします。


 

質問者: 返答済み 5 年 前.

お世話になります。


いつもありがとうございます。


弊社はお世話になっている不動産屋さんさんとは永年の付き合いがあり


営業倉庫として使用することはご存知なのでトラブルは生じにくいと思っています。今回は事務所として使用している建物があるのですが2階建てで2階を


弊社が事務所として使用しているのですが1階部分が空いており近くの同業


他社さんが事務所として使用したいと申し入れてきたのです。(約20坪程度) 弊社にとって願ってもない申し入れで協力することによりお互いのメリットが大きいのです。しかし契約書には先ほど書かせていただいたように


一部であっても転貸禁止となっています。


契約書に禁止とあっても転貸承諾のお願いの書類を作成し承諾をいただくことは可能でしょうか?


 


 


転貸使用料は全体の20分の1程度であり賃料は今までどおり弊社が支払うのでご迷惑はおかけしないと思います。


また同業他社の方なのでご迷惑をおかけすることもないと思います。


賃料は20分の1程度であっても転貸合意書はきちんと交わすつもりでおります。何卒よろしくお願いいたします。


 

専門家:  mezasesakurasaku 返答済み 5 年 前.

いえいえとんでもないです、こちらこそ、回答読んで下さりありがとうございます。

 

さて、今回の転貸ですが、

ぎりぎりな線かと誤解しておりましたが、そのような事情ですと、残念ながら、必ず承諾が必要ですね。

承諾をもらっておかないと、下手をすれば賃貸契約を解約(解除)をされてしまいます。

 

契約書に禁止と書いていても、もちろん、お願いすることは可能です。

しかし、貸し主には、お願いの書面を受け取ったとしても、承諾しなければならない義務というものは、残念ながら発生しません。

あくまで、任意の交渉です。

 

とはいえ、坪数、転貸使用料、同業他社であることなどからすれば、

いわゆる「背信的な転貸」ではない(背信的な転貸というのは、転貸禁止という文言が記載された契約書がなくとも、法的にはおよそしてはいけない転貸のことを言います。)と考えられますので、

そのような事実をしっかりお伝えしてお願いすれば、無事、承諾がもらえるのではないかと思うのですが。

 

正直、貸し主には、承諾の義務がない(なんせ法的には原則が転貸禁止なのです)ので、その点は、分が悪いのですが、それ以外の事実からすれば、分が悪いわけでありませんので、

他の仕事などいろいろしなくてはいけない中、大変かと思いますが、とにかく、一度お願いの申し入れをしてみて下さいね。

mezasesakurasakuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問