JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4873
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

大学3年生の息子の件でお尋ねします。試験日当日に、それ以前の試験では、携帯電話は電源を切って鞄にしまうことになっ

質問者の質問

大学3年生の息子の件でお尋ねします。 試験日当日に、それ以前の試験では、携帯電話は電源を切って鞄にしまうことになっていたものが、突然その日から、電源を切って机の上に置くことになりました。 携帯電話に試験の要点を書いた紙を貼り付けていた息子はあわてて紙をはがして鞄に入れましたが偶然にもその紙が消しゴムにくっついてしまいました。 それを知らずに、消しゴムを机に出し、試験が開始された後に、消しゴムに紙が付いていることに気づきパニックに なっている処を試験監督者にカンニング行為とみなされ、停学処分になってしまいました。 しかし、息子は、規則が変わったことを少なくとも前日に知っていたら、携帯電話に紙を貼ることはなかったので、カンニングと疑われる行為はしなかったと悔しさのあまり食事もできない状態です。 大学は、初めから息子がカンニング目的で紙を作って消しゴムに貼ったと譲りません。 親としても、息子の名誉が掛かっています。 今回の事件は、大学が規則を変えたことをもっと早くに学生に通知していれば、避けられたことだと思いますので、大学の責任を問い、息子の処分撤回を申し出たいと思いますが、法律的にはどうなのでしょうか? 大学の主張が通るのでしょうか?


 


この規則の変更は前日の教授会(17時以降開始)で決まり、試験日である翌日施行となったそうです。したがって、教授会終了まで居残っていた学生以外、翌日の施行日に規則の変更を知ったのです。また、携帯電話は、大学が所持を義務付けたものではなく、全くの個人所有のものです。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは、息子様のこととは言え大変お困りのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 カンニングと言う冤罪は、本人の名誉もありますし、将来に影響することでも

あります。事実無根であれば、教授会なり大学側に釈明をしていくことでしょう。

携帯電話に試験の要点の紙を貼っていたと言う状況がよくわかりませんが

また、消しゴムに紙がついていることを気づかなかったと言うのは

いろいろ状況証拠的なものはあったと言うことですね。

今回の試験の内容がどういうものかわかりませんが

大学3年生と言えば、就職活動にも大事な時期ですから

そこで精神的なダメージを受けるのもやはり問題です。

 ただ、大学側は、学生の将来や就職のことを考えて何かをすると言う発想は

全くありません。

特に偏差値の高い学校と言われるところにそう言う部分が見受けられます。

あくまでも勉強する場だと言う考えです。

 似たような事件と言えるかどうかですが

大学の単位を認めるかどうかと言う有名な判例がございます。

富山大学単位不認定事件です。

これも単位が取れないと卒業できず内定が取り消されると言うような

学生にとっては辛い事件でした。

 結論として、大学は特殊な部分社会であるとして、大学の自治が

司法審査の対象になるものではないとして

この手の問題は、大学内部で解決するもので裁判では扱わないと

言うのです。

 そうなると、大学側が決めたこと自体に法律で争うことは難しくなると言うことです。

確かに、決め方が唐突過ぎたと言うのはありますが

携帯電話を机に出すかカバンに入れるかが変わったから

試験そのもの、つまり学生たちの実力を調べる行為に影響するかどうかは

難しいところです。

 争うなら、カンニングをするつもりが無かったと冤罪を主張することになります。

法的と言うよりも大学側にそう言う釈明の場を設けてもらうことが大切です。

 自分も立場上、行政書士試験の試験監督を行いますが

そこでは、携帯電話の電源を切り忘れて、鳴っただけで退場をしてもらうことに

なっています。切り忘れたでは済まされないシビアなものはあります。

また1年待たなければなりません。

 ただ、今回の件は、そう言うことにもいかず、停学までの処分が出ていますから

食い下がれるところまで食い下がってみても良いでしょう。

大学だと対抗勢力としてのPTAとか教育委員会と言うのもないので

文部科学省と言うことになるかもしれませんが、

国立(私立)大学協会にもご相談されてみてはどうでしょうか。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問