JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

よろしくお願いいたします。薬剤師・50歳・男性です。未払い賃金が18万円あります。内容証明郵便で時効の中断をしました

解決済みの質問:

よろしくお願いいたします。薬剤師・50歳・男性です。未払い賃金が18万円あります。内容証明郵便で時効の中断をしましたが、来月9月8日で時効が完成します。債務者は北海道在住、私は福岡におります。勤務していたことを証明できるものが手元にありません。ただ、私の印鑑・署名の入った処方箋を債務者が保管しているはずです(たしか3年間の保管義務あり)。支払催促か少額訴訟を考えています。持ち出しにならなければ十分です。ちょっと懲らしめてやりたいのですが。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
こんばんは、弁護士です。
こちらこそよろしくお願いします。

間もなく時効ですね。法律家に依頼するのであれば、打ち合わせや書類の作成に準備期間が必要ですので、早急に依頼する必要があるでしょう。


「面接」なしで引き受けるのは、法律家としてのモラルに反するという意見が多数です。
依頼するのであれば、「会いましょう」と言ってくれる法律家にお願いすることをおすすめします。
本件では、司法書士か弁護士です。


「ちょっと懲らしめる」ことが主目的であれば、支払い督促がいいでしょう。時効を中断することが最優先です。
安価に、弁護士に頼むまでもなく可能です。
「異議」が出される可能性はありますが、そういった手間をかけさせるだけでも、相手は懲りるでしょう。もしかしたら、無視し続けて異議が出ない可能性も、というわずかな期待もあります。
支払い督促をする分には、とりあえず証拠は不要です。

後のために、働いていた証拠ですが、当時の手帳やメール、第三者の証言、退職したことがわかる書類、など何でも結構です。それらを組み合わせることで立証につなげましょう。

少額訴訟以降を法律家に頼むと、持ち出しになる可能性もありますし、そうならないようにすると、報酬が低く引き受けようとする法律家もなかなかいないと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

迅速かつ丁寧に回答していただきました。ありがとうございます。もう少し教えていただけませんでしょうか。


「準備期間が必要ですので」最低何日くらい必要でしょうか?標準的なもので結構です。

「働いていた証拠ですが、」相手が保管しているであろう処方箋のみです。これを証拠にするこはできないのでしょうか。退職時に普通の会社であれば発行する書類を全くもらっていません。タイムカードも無い薬局でした。


また裁判になった場合①私が北海道へ出向く必要があるのか②裁判にかかる期間は③「処方箋」を提出させることが可能であれば、必要な手続きを教えていただけませんでしょうか。

「少額訴訟」は1回で結審と聞きましたが①専門家に依頼せずにできないか②「処方箋」だけでは勝つ見込みが無いのか。について教えていただけませんでしょうか。


 


よろしくお願いいたします。

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
>準備期間

専門家に依頼するのであれば、会って話す必要があるので、まずはスケジュール調整が必要です。
通常ですが、都合良くすぐにあえても、訴状完成までは最低でも1~2週間はかかります。


①電話で参加することはできますが、裁判所が「直接来なさい」と言ったら行く必要があります。
また、ダメ元で福岡の裁判所に提起してしまうという手段もありえます。裁判所が受け付けてさえくれればいいのです。福岡への提訴が違法なわけではありません。

②相手の対応次第です。何も反論がなければ1回(1.5ヶ月くらい)で終わりますが、しっかりと反論をしてくるようでは、半年は見た方がいいでしょう。少額訴訟から通常訴訟に移行する可能性があります。
③訴訟提起前であれば、証拠保全。訴訟を提起した後であれば、文書提出命令。
です。いずれも弁護士の力を借りなければ難しい手続です。


①可能です。
少額訴訟は本人がなさっている方が多いです。
もしそうされるのであれば、訴状の作成に速やかに着手した方がいいです。提出は郵送でも構いません。
②これも相手の対応次第です。
ただ、処方箋だけでは、払われるべき給料の額はわからないです。
例えば、ですが、処方箋を出すときだけは勤務していたが残りは全部休みだったという反論をされてしまうと、18万円という額を立証することはできません。相手が、質問者様が勤務していたことを認めさえすれば問題ありません。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


迅速かつ丁寧が回答をありがとうございました。


 


もう一つだけお願いします。「少額訴訟」の場合も「証拠保全」「文書提出命令」


の手続きが必要でしょうか。必要な場合、やはり弁護士さんの力を借りなければ難しいのでしょうか?また一般的な費用も教えて下さい。大変参考になりました。


追伸 素人にお勧めの少額訴訟の本がありましたら紹介して下さい。今日の晩にでも丸善あたりに行く予定です。

法律 についての関連する質問