JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

マンション売却で契約済みです。 先方(買主)の都合で、決済(所有権移転)前に引っ越しを承諾しました。こちらは先方の

質問者の質問

マンション売却で契約済みです。
先方(買主)の都合で、決済(所有権移転)前に引っ越しを承諾しました。こちらは先方の都合を考慮し、善意で応じたつもりでしたが、先方は、引っ越ししてから決済までの日程を、嫌がらせで(仲介業者も感じている)先延ばししています。
売買契約書ではローン承認を条件に決済前に引っ越しすることを承諾しています。
ただし、契約後に、固定資産税や管理費の精算を引っ越し日を基準にすることを求めたところ拒否されました。
契約日が8月11日。当初の決済予定日が8月30日を 予定していましたが、9月3日に変更し、さらに9月14日(残代金の支払い期日)まで、引き延ばされました。
仕事の都合ということですが、仲介業者の話からも嫌がらせでギリギリまで決済しないつもりではないかとのことです。
つまり、先方は、8月25日から9月14日まで、決済(所有権移転)前にもかかわらず、固定資産税や管理費も払わず、かつ、何か発生した場合の責任も負わずに居住しています。
※ こちらからは、決済前に火災保険に入るように請求したり、何かあった場合は責任を持つというような内容の覚書の締結を求めても拒否。
決済日を早めるように仲介業者経由で伝えても、全く自分の都合しか伝えてきません。
「私は買主なんだから・・・」という姿勢で、一方的に自分の都合を突き付けてくる始末です。
引っ越ししてから決済前の固定資産税や管理費の日割り分は、仲介業者が負担することに応じています(口頭)が、平気な顔で決済前に居住し、責任を負わない姿勢は許しがたいです。決済までの退去もしくは、引っ越ししてから決済前の間の何らかの負担を求めたいと思いますが、どのようなことができるでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

通常は決済前に入居を認めることはあまりなく、あなたが買主のことを思って善意で認めたことは良く分かります。
そしてその善意を踏みにじるような買主の態度を許せないとお考えになるのも無理のないことだと思います。
ですが、法律的には決済までの退去もしくは、引っ越ししてから決済前の間の何らかの負担を求めることはできないでしょう。

 

あなたと買主との関係は売買契約によるものですから、相互に売買契約の内容に拘束されます。
この点、契約においてローン承認を条件に決済前に引っ越しすることを承諾していますので、後から一方的にこれを覆すことはできないのです。
あなたにも都合があるのですし、一方的に買主の都合だけで決済日を先延ばしすることは誠意のない行動だと思いますが、今回の契約では残代金の支払い期日が9月14日となっていますので、例え嫌がらせで先延ばししているのであってもその期日までに決済ができれば契約違反とは言えず、相手に契約以上の負担を負わせることは難しいと言わざるを得ません。

 

決済前に何らかの問題が発生した場合の責任については、契約書で「危険負担については、引渡し日の前日までは売主、引渡し日以降は買主の負担とする」といった条項を定めていることが多いので確認してみてください。もしこのような定めがあれば、すでに引渡し入居済みですから自然災害や類焼・延焼など買主に過失のない損害についても買主が責任を負うことになります。
なお、買主の過失による損害については当然に買主が責任を負います。

専門家:  AE 返答済み 5 年 前.
疑問は解消されたでしょうか?
回答の内容により詳しい説明が必要な点がある場合は、その旨ご返信ください。
補足の説明をいたします。
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.

このサイトの仕組み及び料金は既にデポジットされていることはご理解されているでしょうか。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくご返信くださいね。

法律 についての関連する質問