JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4869
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

中古車販売しております。店の看板おリース契約72回払いで24回支払いました。本日解約おも押し出たところ残金月5万

質問者の質問

中古車販売しております。店の看板おリース契約72回払いで24回支払いました。 本日解約おも押し出たところ残金月5万×48回出240万円支払いくださいと言われました。 リース会社はN社です。 看板はどうしたらいいですかと訊ねたら 看板業者と話して下さいと言われ、 看板屋さんに聞くと50万位で買取しますと言われました。 リースの間は保険から保守メンテナンス、故意で壊されても保険入っている金額なので 解約の場合その費用込みの金額しか提示されておらず、 契約書にも内訳などは記入されていません。 この契約、支払い金額の提示は正当なのでしょうか? 教えて頂けたらありがたいです。 宜しくお願いいたします。   井上

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 5 年 前.

初めまして、民事法務手続専門の行政書士のsupertontonでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

 まず、リース契約とレンタル契約の違いは、ご相談者様もご理解いただいて

いるかもしれませんがリース契約は特別な場合を除いて

中途解約ができません。

お話から、メンテナンスリースも入っているので、本来買うより高い物件とも言えます。

リース契約の場合は、リース率が決められているので、解約する場合は

残額をすべて支払うことになります。

 実は、リース契約を規制する法律は今のところ無いのです。

そのために、トラブルも多いと言えます。

経済産業省の通達はございます。

 当然、法人同士や個人事業主でも、消費者契約ではないので

クーリングオフ等の優遇はリース契約にはありません。

契約内容の妥当性は、そう言う意味では判断しかねるということです。

リース契約は自由で、業者同士は対等な契約ができると言う考え方です。

 もし、契約内容に問題があると言うのであれば経済産業省の中小企業課等に

ご相談されるか、弁護士の先生にご相談されることです。

 実は、リース契約と言うのは、非常に高額になるもので

全く得になることが無いと言われています。

営業の美味い話に乗せられてと言うことが多いようです。

結局、50万円程度のものを360万円で買わされた言う考え方も

できます。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問