JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kanekiyoに今すぐ質問する
kanekiyo
kanekiyo, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 481
経験:  大手司法書士事務所での勤務を経て独立。現在は司法書士事務所を経営。
63213887
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kanekiyoがオンラインで質問受付中

はじめまして。 金銭の返済義務についてお伺いします。A男さんが以前付き合っていた女性(C美)の現在の彼氏という方か

解決済みの質問:

はじめ まして。
金銭の返済義務についてお伺いします。A男さんが以前付き合っていた女性(C美)の現在の彼氏という方から、Aと男さん
と当時A男さんと付き合っていたB子さんに対し、「C美がA男に散々な振られ方をして精神を病んでしまった。自分(彼氏)
はアルバイトでやっと生活しているので、通院費として慰謝料を払って欲しい」と連絡がありました。
A男さんとB子さんが無視していたところ、今度はA男さんの前の彼女だったK子さんに請求されました。
K子さんは、状況について理解を示し、一度50万を相手に支払ましたが、その後C美さんの彼氏から病院代として5万は遣ってしまったが、残ったお金は返済すると連絡がありK子さんに45万返金しました。
この場合、K子さんはA男さんに対し、C美さんの通院費として支払った5万円を請求することはできますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kanekiyo 返答済み 5 年 前.

こんにちは。司法書士のkanekiyoと申します。質問をご投稿頂き、誠に有難うございます。
ご質問への回答は以下の通りとなります。分かりやすい回答を心がけてはおりますが、ご不明点等ございましたら、お気軽にご返信下さい。

 

K子さんが、50万円全額につき当初より貸付(返金を求める)の意思で金銭を交付していたか、それとも当初は贈与(返金を求めない)する意思で金銭を交付していたかにより、5万円請求できるかどうかが変わってまいります。

 

前者(貸付)であれば返金を求めることができますし、後者(贈与)であれば返金を求めることは難しいかと存じます。

 

もっとも、50万のうち45万は返金してもらっているということであれば、残り5万も当然に貸付であった主張しやすく、最終的に出るところに出た場合(裁判)でも、50万全額につき貸付であったと証明しやすいかと存じます。

kanekiyoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問