JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
jo-banに今すぐ質問する
jo-ban
jo-ban, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2613
経験:  慶應義塾大学卒業。茨城県において法律事務所経営。
67881597
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
jo-banがオンラインで質問受付中

こんにちは。私はパワーストーンのお店しています。今月始めに来たお客様が買った石を返すと弁護士を通じて内容証明を送って

質問者の質問

こんにちは。私はパワーストーンのお店しています。今月始めに来たお客様が買った石を返すと弁護士を通じて内容証明を送って来ました。内容はすべてのお金を返すように書いてありました。でも石にお名前も書いていますし、返品されても私達も困りますし、どうしたらいいかわからないのと、やはり弁護士にお願いして問題を解決したらいいかまよっている時にこのサイトを見ました。回答をよろしくお願いします。私は良心的にいつも営業していますので、こういう事は初めてでした。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
はじめまして、弁護士です。

いくつか確認をさせてください。

1 弁護士からの手紙に書かれている返金要求の理由は何ですか?

2 実在する弁護士ですか?(弁護士の実名は書かないでください)
http://www.nichibenren.or.jp/bar_search/
ここで登録されていなければ弁護士ではありません。

3 パワーストーンの売却価格はいくらですか?

よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 4 年 前.
今私はアイパッドでメール送っていますので、長文になりますから先ほど送りました、メールアドレスで送ります。今しばらくお待ちしています。ハンドルネームアルグで送りますのでよろしくお願いします
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
質問者様側がどのようなシステムになっているのか、回答者側からはわからないのです。

今少し返信が届くのを待ってみます。
質問者: 返答済み 4 年 前.

質問にお答え致します。石の購入金額は100万8千円です。


8月のはじめに、ブレスを修理して欲しい と来店。石を見ましたが、修理できるものではなく、新しい物を購入してもらいました。本人も気に入っていましたので、何度か来店され、いろんな相談を受けました。その結果、家の所々に、パワーストーンを置く事を提案して、本人も納得して、当社規定の契約書にスムーズにサインして残りは現金60万円を8月23日に持ってくるという約束でした。その契約書にサインする際に、こういうものは一切返品、キャンセルもできません。(契約書に記載)パワーストーンにも自筆で名前を書いていただいておりますので、もうあなたのものですから、これはキャンセルできません とスタッフが言いますと、「こんなことを返品をする人が居るんですか?私はそういう事は絶対しませんから」といわれましたので、その日は快く帰っていただきました。その時に少し気になることがあります。このパワーストーンを置くと、浄化作用がたくさんあり、あなたのお悩みのお父さんのことも、もちろん貴方やお母さんの事も、楽になりますよと言いましたら、


お父さんのためにこんな事をしたくないと怒っていましたので、それではなく


自分も、お母さんも、良くなるためにと思えばいいことです。 と言いましたら、そうですねと普通にもどりかえって行きました。


そして、その時に40万をVISAカードで回数払いできりました。


現金支払の約束の日に、何度こちらから電話しても、電源を切っていて、


つながりませんでした。その時初めて私達は、この人が払う意志がないと分りました。翌24日、内容証明が届きました。


その内容は、今メールで書きました事を、書いてありましたが、虚偽の事実もありました。


返品理由は、この石を買うとお父さんの事が良くなると言われ、買いましたが、これは事実無根で詐欺である。と書いてあり、VISAカードの取消の要求と、現金60万は支払わないと言うことでした。


この弁護士を調べてみますと、法テラスに属している弁護士と解りました


 


このお客は、ちなみに市の職員です。


私達の税金で暮らしている公務員がこのような事をして、民間の企業に迷惑をかけて、どういうことかと憤慨します。


先程のご質問にあったことですが、当社は、法人で、県内にエステサロン3件とパワーストーンの店を1件運営しています。


私は、代表のものですが、どうしても気持ちがおさまらず、弁護士を探していたところ、このサイトにヒットしました。


それで、朝とりあえず、自分のI-PADからとりあえず連絡しました。


ですが、文字数が多いので、会社にきて、会社のパソコンより、このメールを返信しています。


以後、やり取りは、このパソコンからしたいと思います。


回答よろしくお願いいたします。


 


 


                          アルグ


 

質問者: 返答済み 4 年 前.

質問にお答え致します。石の購入金額は100万8千円です。


8月のはじめに、ブレスを修理して欲しいと来店。石を見ましたが、修理できるものではなく、新しい 物を購入してもらいました。本人も気に入っていましたので、何度か来店され、いろんな相談を受けました。その結果、家の所々に、パワーストーンを置く事を提案して、本人も納得して、当社規定の契約書にスムーズにサインして残りは現金60万円を8月23日に持ってくるという約束でした。その契約書にサインする際に、こういうものは一切返品、キャンセルもできません。(契約書に記載)パワーストーンにも自筆で名前を書いていただいておりますので、もうあなたのものですから、これはキャンセルできません とスタッフが言いますと、「こんなことを返品をする人が居るんですか?私はそういう事は絶対しませんから」といわれましたので、その日は快く帰っていただきました。その時に少し気になることがあります。このパワーストーンを置くと、浄化作用がたくさんあり、あなたのお悩みのお父さんのことも、もちろん貴方やお母さんの事も、楽になりますよと言いましたら、


お父さんのためにこんな事をしたくないと怒っていましたので、それではなく


自分も、お母さんも、良くなるためにと思えばいいことです。 と言いましたら、そうですねと普通にもどりかえって行きました。


そして、その時に40万をVISAカードで回数払いできりました。


現金支払の約束の日に、何度こちらから電話しても、電源を切っていて、


つながりませんでした。その時初めて私達は、この人が払う意志がないと分りました。翌24日、内容証明が届きました。


その内容は、今メールで書きました事を、書いてありましたが、虚偽の事実もありました。


返品理由は、この石を買うとお父さんの事が良くなると言われ、買いましたが、これは事実無根で詐欺である。と書いてあり、VISAカードの取消の要求と、現金60万は支払わないと言うことでした。


この弁護士を調べてみますと、法テラスに属している弁護士と解りました


 


このお客は、ちなみに市の職員です。


私達の税金で暮らしている公務員がこのような事をして、民間の企業に迷惑をかけて、どういうことかと憤慨します。


先程のご質問にあったことですが、当社は、法人で、県内にエステサロン3件とパワーストーンの店を1件運営しています。


私は、代表のものですが、どうしても気持ちがおさまらず、弁護士を探していたところ、このサイトにヒットしました。


それで、朝とりあえず、自分のI-PADからとりあえず連絡しました。


ですが、文字数が多いので、会社にきて、会社のパソコンより、このメールを返信しています。


以後、やり取りは、このパソコンからしたいと思います。


回答よろしくお願いいたします。


 


 


                          アルグ


 

専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
なるほど、状況はよくわかりました。

弁護士が
内容証明送りつけてきたのですから、何らかの反論を考えておいた方がいいでしょう。

相手の主張は詐欺取り消し(民法第96条第1項)です。
つまり、売り主が詐欺で契約させた場合には、契約を取り消せるというものです。

ですから、質問者様としては、詐欺ではないということを反論することになります。
私はパワーストーンのことはよくわかりませんが、
>このパワーストーンを置くと、浄化作用がたくさんあり、あなたのお悩みのお父さんのことも、もちろん貴方やお母さんの事も、楽になりますよと言いました
という点について、確定的な効果を約束したものではないのだと思います。
(この点についての、反論は普段パワーストーンを売っている質問者様の方が詳しく書けると思います。)

そうすると、買い主を騙す意図はなかったわけです。
ですから、詐欺ではないという反論をする必要があり、そうすることで相手の請求は認められません。

一般的に詐欺取り消しを立証するのは困難です。
・詐欺行為
・相手が勘違いしたこと
・詐欺によって騙そうとする意思と契約を締結させようとしていた意思があったこと
を買い主が立証する必要があり、これのどれかの立証が欠ければ相手の請求は認められません。

ですから、法的な反論としては、上記の点を意識して返信されてください。
jo-banをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございました
質問者: 返答済み 4 年 前.
ありがとうございました
専門家:  jo-ban 返答済み 4 年 前.
無事に解決することを祈ってます。

法律 についての関連する質問