JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
rikonnsouzokuに今すぐ質問する
rikonnsouzoku
rikonnsouzoku, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 246
経験:  弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
67515089
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
rikonnsouzokuがオンラインで質問受付中

はじめまして匿名ですが質問いいでしょうか?

質問者の質問

はじめまして匿名ですが質問いいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.
もともと匿名が原則でので、どうぞご質問されてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.


5日ほど前に妻が子供と一緒に両親に実家へ連れて行かれました

原因は妻がうつ病になりかかった状態で心身共に衰弱している為たという事です その日は私が仕事でたまたま居た両親がそれを聞いて私に伝えました

 

内容は私が辛らつな言葉で彼女を傷つけたと言う事でした、思い当たる事は数年まえから彼女が始めたゲームの事で度々口論になり、先日決定的な事があった為私も激怒してしまいました。 相手の父親はかなりの口調で私の色々な問題があると言ってきており、その内容も酷いものばかりでこの

まま相手の父親の言いなりですと離婚の危機になりかね無いと思ってます

 

私としては、子供(2歳半)と妻ともう一度元の生活を送りたいのですが

相手方の父親がどう言う仕打ちを考えてるかと思うと眠れません

私にできる対策は無いでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.


5日ほど前に妻が子供と一緒に両親に実家へ連れて行かれました


原因は妻がうつ病になりかかった状態で心身共に衰弱している為たという事です その日は私が仕事でたまたま居た両親がそれを聞いて私に伝えました


 


内容は私が辛らつな言葉で彼女を傷つけたと言う事でした、思い当たる事は数年まえから彼女が始めたゲームの事で度々口論になり、先日決定的な事があった為私も激怒してしまいました。 相手の父親はかなりの口調で私の色々な問題があると言ってきており、その内容も酷いものばかりでこの


まま相手の父親の言いなりですと離婚の危機になりかね無いと思ってます


 


私としては、子供(2歳半)と妻ともう一度元の生活を送りたいのですが


相手方の父親がどう言う仕打ちを考えてるかと思うと眠れません


私にできる対策は無いでしょうか?


 

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.
ご相談いただきまして、ありがとうございます。家族関係専門の行政書士のrikonnnsouzokuでございます。よろしくお願いします。

 ご相談者様におかれましては、大変なご状況にあるようで、心中お察し申し上げます。

さて、私は法律の専門家ですから、法律的観点から回答いたします。質問者様の状況や考えからいって困難なものもあるかと存じますが、あくまでも当職からの一つのご提案であると思っていただければと存じます.

法律的な手段としては、「夫婦関係円満調停」というものがあります。

夫婦関係が円満でなくなった場合に、夫婦関係を修復するという目的で話し合いを進めていく調停があります。

それが、家庭裁判所で行われる「夫婦関係円満調停」です。

この調停は当事者双方から個別に事情を聞き、夫婦関係が円満でなくなった原因は何なのか、夫婦関係を修復していくためには当事者がどのように努力すればいいのか等、解決していくための話し合いが進められていきます。

なお、この調停手続きは離婚した方が良いのか修復できるよう努力した方が良いのか迷っている場合にも利用することが出来ます。

ただ、夫婦関係を修復させるために申立てて円満解決している夫婦もいらっしゃいますが、調停委員から離婚をした方がいいのではと薦められて最終的に離婚をするケースもあります。

この調停の申立書である「夫婦関係調停申立書」は、夫婦関係を修復するための円満調整と、離婚するための夫婦関係解消と同じ申立書になります

回答として納得いただけましたでしょうか。一助にしていただけたら、幸いです。

納得いただけたら、「承認」をお願いします。

追加質問も受け付けますので、よろしくお願い申し上げます。

補充回答も、「承認」後に行いますので、遠慮なくおしゃってください。

質問者: 返答済み 5 年 前.


有難うございます、質問が2度言ってしまい申し訳ありません


夫婦関係円満調停なる事がある事をはじめて知りました有難う御座います


二人で話し会えば時間がかかると思いますが、大丈夫と思うのですが


相手の父親が入って来る場合はどうやって排除したらいいのでしょうか?


 


 

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

調停手続きは、家庭裁判所において、調停委員二名が、双方から事情を聞き裁判官の指揮のもと両者の間に入って調停案を示すなどして、当事者間で公正で具体的に妥当な合意を成立させ、紛争の自主的任意的解決をはかろうとするものです。

 

裁判官が調停室に来るのは、調停が成立する期日の時などに限られるのが実情です。

 

家庭裁判所では待合室を別にするなどして、双方が顔をあわせないようにするなどの配慮がなされています。

 

調停は、家事裁判官一人と二人以上の家事調停員、申立て人、相手と五人で話し合われますが、現実には家事裁判官がすくないので二人の調停委員が中心になってすすめます。

 

調停は非公開で夫と妻を交代で調停室に呼んで、事情を聞きながら夫婦がお互いに合意できる点を探っていきます。申立人と相手が直接話し合うわけではありません。

 

>二人で話し会えば時間がかかると思いますが、大丈夫と思うのですが

相手の父親が入って来る場合はどうやって排除したらいいのでしょうか?

 

調停も話し合いですが、上記のように進行しますから、第三者に邪魔されることなく、自分の意見を伝えることができます。

 

ご相談者様の場合、調停が良いのではないかと思います。検討してください。

質問者: 返答済み 5 年 前.


家庭裁判所で調停になる場合は、弁護士にお願いする事になりますか?


 


相手の父親の行き過ぎた詮索が私は嫌なのですが、プライバシーの


侵害にはならないのでしょうか? (多分ですが実家で妻が聞かれている)


私たちの収入、借金、貯金等をかなり言ってきます


 


また、家に入った形跡があるのですが(誰かは不明)もし仮に


相手の父親が妻の同意を得て入ったとして、私は納得いかない場合は


父親を訴える事はできますか? 


 


子供の件ですが、もし仮に私が調停で離婚する事になってしまった場合


子供を引き取る為にはどういった条件が必要でしょうか?


 


 


 


 


 


 


 


 

専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.
>家庭裁判所で調停になる場合は、弁護士にお願いする事になりますか?

本人が出席する形で大丈夫です。


>相手の父親の行き過ぎた詮索が私は嫌なのですが、プライバシーの

侵害にはならないのでしょうか? (多分ですが実家で妻が聞かれている)

私たちの収入、借金、貯金等をかなり言ってきます

調停においてはむしろ当然のことで、妻が答えている以上、侵害とまではいえません。

 

>また、家に入った形跡があるのですが(誰かは不明)もし仮に

相手の父親が妻の同意を得て入ったとして、私は納得いかない場合は

父親を訴える事はできますか? 

妻の同意があり、しかも親族であれば、住居侵入罪とまではいえないでしょう。

 

>子供の件ですが、もし仮に私が調停で離婚する事になってしまった場合、

子供を引き取る為にはどういった条件が必要でしょうか?

 

恐れ入りますが、質問が別項目ですので、まずプラス評価の承諾をいただいてから回答させていただきます。

 

そうでなければ、専門家に報酬が支払われないシステムです。回答をみて、承諾をしない方もいますので、このような形をとらせていただきます。ご了承ください。

rikonnsouzokuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  rikonnsouzoku 返答済み 5 年 前.

仮に離婚する場合ですが・・

 

まずは、話し合いによることとなります。

 

当事者の協議または調停で決まらなければ、 家庭裁判所 が審判で決めます。

 

家庭裁判所調査官が父親、母親の生活情況を調査し、裁判官が、父母の子どもに対する愛情、父母の生活状況、経済状態、子どもの意思を基準に決めます。

子どもが小さい場合は、母親を親権者に指定し、子どもが自分の意思を持てるようになると(10歳以上)子どもの意思を尊重して親権者を決め、大きい子どもの(15歳以上)場合は、子どもの意思により親権者を決めます。

 

子どもが15歳以上の場合、子どもの陳述を聴かなければなりません(家事審判規則54条、70条)。

子どもが2歳なら、調停や審判では母親が親権者に決まることが多いです。

 

理由は、幼児の人格形成には母親が必要との心理学の理論のようです。

ただ、現在、養育しているのが父であれば、父が親権者に指定されることもあり得ます。

弱気にならずに頑張ってください。

 

条件としては、子供の福祉の観点から、経済的状況が父親のほうがよいこと、愛情をもって育てることができること、子供もなついていること、など、子供にとっても、父親が親権をもつことが好ましいことを主張する、ということになります。

 

子供の観点から考えるようにしてください。

 

以上でございます。

法律 についての関連する質問