JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sr_hossyに今すぐ質問する
sr_hossy
sr_hossy, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1537
経験:  法政大学経営学部経営学科卒業後、地方銀行勤務11年大手建機メーカー本社経理部2年勤務。社会保険労務士事務所を開業。現在に至る
66125890
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sr_hossyがオンラインで質問受付中

同じ職場で働いている60歳既婚の男性です。セクハラパワハラの問題で悩んでおります。 宜しくお願いいたします。

解決済みの質問:

同じ職場で働いている60歳既婚の男性です。セクハラパワハラの問題で悩んでおります。
宜しくお願いいたします。

相手は40歳の離婚女性です。
セクハラ、パワハラで仲介人を通してお金の要求60万程度と退職勧告を求めています。
仲介人は和解を進めています。
パワハラはそれほど問題ではなさそうですが。
セクハラについて詳細を述べますと、約3年ほど前の話で、執拗に食事 等に誘った、胸を触った、スカートの中に手を入れた、トイレの掃除中に侵入して中から鍵を掛けて声を上げたら同じ職場の者が来たから鍵を開けて出た
。その職場の同僚の名前を言ったので、確かめてみると同僚覚えていないと言っています。
体に触ったのはいずれも一回程度。
その時々の事を克明に手帳につけている。このような事が相手の主張。

私の主張。、トイレの事は全く記憶にありませんが、そこまで克明に記しているのであれば、私の記憶にないだけで全く否定は出来ないのかな、と考えています。では何故3年前の事を今なのと首を傾げる次第です。
相手の要求を100%受け入れるしかないのでしょうか。
拒否したら相手は訴訟を起こすと言っています。

訴訟を起こされて敗訴したら、相手の弁護士費用から全額を私の方で賄う事になるのでしょうか。

宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sr_hossy 返答済み 5 年 前.

ご相談、拝見させていただきました。労働問題担当の社会保険労務士です。

女性が会社の上司や同僚をセクハラで訴える事例は多いです。

事実はわかりませんが、ご相談者様が「全く否定はできない」状態で、相手方が「克明に手帳につけている」となると、状況は不利なように思われます。

判決での支払いを言い渡される金額は、そのセクハラ行為の内容や事情(背景)などを裁判官が総合的に判断して示されますので、60万円という金額が妥当かどうかはここでは判断できません。ただし要求してくる金額としてはそれほど高くはない水準です。

相手の弁護士費用は判決で「弁護士費用○○万円支払え」と言われます。全額の時もありますし、一部の時もあります。

相手の要求を100%受け入れるしかないのか?とのご相談ですが、相手の要求に納得がいかない場合は、①拒否する②黙殺する③要求水準を下げるように交渉する、くらいしか対応の選択はございません。

相手が本気でしたら①や②の対応をしたら訴訟を提起してくるでしょう。

仲介人がいるのでしたら、退職勧告だけは取り下げてもらったり、金額をもう少し引き下げてもらえないか、など交渉をしてみた方がよろしいかと存じます。

いただいた情報からだけで考えますと、裁判になった場合はご相談者様が絶対的不利な状況ではないかと思われます。今回も相手方が手帳をつけているように、セクハラ問題で女性が訴える際は、このような証拠を用意周到に準備しているケースが圧倒的に多く、裁判所が「セクハラの事実あり」と判定する確率が非常に高いのも特徴です。

今回ご相談の内容は、示談で済むのでしたら、要求の引下げ等で交渉を続け、示談(和解)した方がよろしいケースでしょう。(最終的なご判断はご相談者様がすることですが)

sr_hossyをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問