JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

財産分与について

解決済みの質問:

財産分与について
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答に不明な点等ございましたら、遠慮なくご返信ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

答えがどこに書いてあるかわかりません。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
申し訳ありません。誤ってボタンをクリックしてしまいました。

以下に回答させていただきます。


こんばんは、司法書士です。よろしくお願いします。


300万円のクルマについて、質問者様のお母様が200万円を出しているということですが、この200万円は質問者様への贈与となり、質問者様の特有財産となります。そして300万円のうち200万円は質問者様が支払ったことになります。クルマという共有財産の形成に質問者様の寄与度が高いことになります。
また、残りの100万円の負担を等分したとして、質問者様は300万円のうち250万円、つまりクルマの価格のうち6分の5を払っていることになります。

今のクルマの価格が100万円だとすれば約83万円は質問者様がもらい、お相手には約17万円もらう権利があります。
本来であれば、クルマを売って2人でお金を分配して解決しますが、質問者様が相手のもらうべき17万円を支払うことでクルマの所有を質問者様の物にすることができます。

もし相手が拒否した場合、家庭裁判所に財産分与の調停を申立てましょう。
調停委員がお互いの意見を聴取して、紛争を調整してくれます。
質問者: 返答済み 5 年 前.

財産分与で同じような質問ですが、家も頭金を出してもらっていたら同じような計算ですか?


ローンが残っています。


今査定してもらうと1000万の価値になります。


同じく1000万の支払いに当たるローンが残っています。


差引ゼロに近くはなると思いますが、主人の親に頭金を300万出してもらってるとなると、本来ゼロが支払が生じてくるのですか?


 


また他にも主人の母から孫にそれぞれ孫名義3人分と私に私名義で100万円ずつ計400万をもらいました。


これも贈与で財産分与とは違うはずですが、主人の母ということで主人は自分の親であることと、私に渡すことが嫌なので、私に渡さないか母に返すというのです。


私たちがもらったものは、私たちのもので主人や主人の母に返すのは違うような気がしますが、どうでしょうか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
>財産分与で同じような質問ですが、家も頭金を出してもらっていたら同じような計算ですか?

同じことになります。不動産購入のための親の贈与は我が子に贈与したとみられます。これを不動産購入資金に提供した場合、夫婦の共有財産の形成のために自分の資産を提供したことになり、その分、財産形成に寄与したといえます。
よって、ローンの負担も半分ずつということにはならず、購入代金にもよりますが(購入資金のうちどれくらいの割合で貢献しているかによります)、300万円を相手が多く払っているので、質問者様の負担が少し増えるということになります。


>私たちがもらったものは、私たちのもので主人や主人の母に返すのは違うような気がしますが、どうでしょうか?

全くその通りです。ご主人の母親から贈与された時点で、そのお金は質問者様の特有財産となります。いくらご主人でも勝手に処分することはできません(つまり勝手に母親に返すこともできません)。きちんと貰いましょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

よくわかりましたが、具体的にお願いします。


2000万の中古住宅購入する際に義母に400万、私の母に300万もらいましたが、引っ越しなどに使うので実際の家の頭金は400万です。


残りの300万は、家電や引っ越し代や生活費にあてました。


 


この場合は、実際どれが家用にあてたかわかりにくいのですが、どうでしょうか?


また、400万と300万をそれぞれの親からもらったなら、どのような計算になりますか?


先ほどのは、間違えていて今売ると1000万でローン残高が1200万でした。


200万の支払いが生じてきます。


 


何度もすみませんが、これだけは教えてください


週末に話をする予定です


お願いします。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
>2000万の中古住宅購入する際に義母に400万、私の母に300万もらいましたが、引っ越しなどに使うので実際の家の頭金は400万です。

残りの300万は、家電や引っ越し代や生活費にあてました。



こうした事情の場合は、引っ越し代金と家の頭金を、それぞれの親から贈与されたお金で平等に負担したと 見るべきでしょう。ご主人のお金だけが頭金に当てられたとなると、質問者様が自己の財産で引っ越し代金や生活費を負担したことになり、不公平になるからです。

よって、ご主人は頭金の7分の4、質問者様は7分の3を出したことになります。つまり差し引くとご主人は不動産の財産形成に頭金の7分の1である約57万円を多く出していることになります。よって2000万円のうちの57万円分の寄与度ということになります。たった2.85%の貢献しかしていません。


したがって、負債の200万を平等に分けるとなると、質問者様が2.85%多く払えばいいので
200万の2.85%=5万7千円となります。

つまり、負債の200万円は、
質問者様が102万8500円、ご主人が97万1500円を払えばいいということになります。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。


一つずつ疑問が解けていき、ほっとしています。



後の財産分与は家電や家具(タンスとテレビ台と子供机)と家を出たときにあった140万の現金だけです。


何でも持って行っていいと言ったので家電やタンスと子供の机を持って出ました。


でも、今になって家電も半分ずつと言います。


返せというなら返しますし、今の価値で計算してお金で半分払ってもいいので、


私はとにかく早く終わらせたいのですが、主人は裁判するとききません。


裁判すると家と車、家電(中古ばかり)タンスと現金の140万以外に何かありますか?


裁判すると主人の方が少なくなるように思うのですが、どうでしょうか?


どうして裁判というのかわかりません。


とことん追い込んで私たちには少ししか渡さないようにすると言ってました。


 


140万のうち50万は、家を出る際に現金でもらい、新居の敷金にあてました。


 


私が電化製品を持ってでたからと、自分の家電がないと新しく残した90万から使い、仕事(自営)にいるからと10万以上使っています。


これらは、必要なお金だから、これらを使った残りが財産分与対象だと言います。


これらは、これからの生活での投資であって、私たちには関係ないものに使っているように思いますが、どうでしょうか?


どこからが財産分与の現金計算がスタートするのですか?


引き落としなどで先月までの光熱費なども来月引かれるので、また何か言われそうです。


 


裁判でけりをつけるというのですが、私は不利なのでしょうか?


 


また、子供たちもこのお金の取り方に嫌気がさして、会いたくないと言っていますが、養育費をもらう以上会わなくてはいけないのですか?


 


長々とすみませんが、不安で寝れません。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.

>裁判すると家と車、家電(中古ばかり)タンスと現金の140万以外に何かありますか?

 

財産分与の対象は、婚姻共同生活の解消時点に存在する財産です。つまり結婚してから別居(または離婚)するまでに購入した財産ということになります。

ですから、家や車、家電、家具、現金の他に何か財産があれば対象になりますが、それは質問者様にしかわからないことですね。

ただ、他に思い当たらないのであれば対象となる財産はないと考えられます。

 

 

>裁判すると主人の方が少なくなるように思うのですが、どうでしょうか?

どうして裁判というのかわかりません。

とことん追い込んで私たちには少ししか渡さないようにすると言ってました。

 

裁判をしたからといって、質問者様が不利になることはありません。これまでに示してきた回答は、家庭裁判所の調停や裁判の考えに基づく見解です。

裁判をしてご主人が多くを得られるということは望めないでしょう。

「少ししか渡さないようにする」ということですが、根拠もないのに言っているのでしょう。

前にも回答しましたが、質問者様とお子さんが義理の母からもらったお金も返す必要はありません。

 

 

>どこからが財産分与の現金計算がスタートするのですか?

 

別居を始めた時点です。

ですから、現金の140万円を半分にするということです。

質問者様は家を出る際に、50万円をもらっているということですから残りの20万円をもらう権利があります。

 

 

>また、子供たちもこのお金の取り方に嫌気がさして、会いたくないと言っていますが、養育費をもらう以上会わなくてはいけないのですか?

 

養育費の支払いは、子供と会う会わないとは関係ありません。相手には子供が会わなくても養育費を支払う義務があります。子供に会わせないと養育費は払わないという理屈は通用しません。

なお、裁判所の調停や裁判では、子供が「どうしても会いたくない」という主張をしていることが裁判所の調べで分かった場合、子供との面会交流を制限する審判が下されることもあります。

 

以上のことを考えると、裁判になれば不利になるのは明らかにご主人のほうです。

あまり法律のことに明るくないのに、脅しのために言っているのでしょう。

いろいろと不安があるかもしれませんが、心配せずご自身とお子さんの将来のために頑張ってください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

先生への質問をこれで終わりにしようと思いながら、前回の質問もさせてもらっていますが、一つ一つ疑問が解決すると色々なことが思い出してしまいます。


 


もう一つ不安なことは、別居した当日は、朝から子供たちのいる前で口論となり、主人がダイニングテーブルをひっくり返し、イスを投げたり、叩かれてはいませんが、捕まえられて罵声を浴びさせられた時に、長男の高校生が止めに入り、主人に向かって切れました。二人が殴り合いになりそうだったので、私と長女の中学生が止めに入り、小学生の次男をつれてそのまま実家に非難しました。


主人の性格や考え方に私も子供もついていけず、それまでも離婚や別居も考えていましたが、主人は応じず、長女ももう少し我慢して欲しいと言っていたので耐えていましたが、その日の子供の前での出来事で別居をしようと、その足で実家に子供を預け新居を探しました。


とりあえずの身の回りの物だけだったので、次の日に荷物を取りに行った際、主人と出くわしました。


主人は、話がしたかっただけだと言ってますが、私は昨日のこともあり恐怖もあるので相手もせず帰ろうとしましたが、腕を捕まえられました。


助けを求めようと身内に電話をしようとしたら、携帯を取られ、車の鍵も取られました。


恐怖でパニックになり「殺される」と叫んだら、主人が警察を呼んで私が頭がおかしくなったようになってしまいました。


そのパニックになった時に、主人に「そんなに腹立つなら叩け」と顔を突きつけられ平手打ちを1回頬にしたことを、傷害事件として調書を書かされました。


主人は「今回は、俺が事件にさせなかったが、いつでも出来るんだ」と言っています。


私側についてくれた警察の方は、この時はこういう事実を調書にとらなくてはならないと親切に説明してくれて、そのあとも相談に来なさいと言われたので、相談に行きました。


捕まれた時や押さえられた時の7箇所のアザや今までにも同じように暴れたとこ(4-5回)の話を5枚の調書に書いてもらいDVにあたるとも言われました。


もし、主人が何かそのことで言ってきたときに対応出来るように、今は保留にしてもらっています。


 


こちらもその時用にと調書はとったものの、もし裁判になったらこのことを持ち出して何か言われないかと不安です。


 


それから、養育費の件で長男は私の連れ子です。


私の味方でもあり主人に反抗的な態度も含め、離婚したら実子じゃないから養育に義務はないから長男に養育費は払わないと言っています。


専門家に聞いたから間違っていないと言っていました。


これは、本当でしょうか?


今の気持ちは、そんな気持ちなら長男の養育費は要らないとは思っていますが、法律上、本当なのかが知りたいです。


 


長々と本当にすみませんが宜しくお願い致します。


 


 


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
いろいろと大変な事情がありましたね。そんな中でよく頑張っておられると思います。


さて、養育費の件ですが、質問者様の連れ子である長男は、ご主人と養子縁組をしない限り法律上の親子関係にはないことになります。よって婚姻関係にあるときはご主人と長男は親族関係にあり、扶養する義務を一応は負っていましたが、離婚した場合はアカの他人となってしまい、ご主人には扶養義務は無くなってしまいます。
残念ながら、ご主人の言っていることは本当のことです。


また 、DVの件ですが、

>こちらもその時用にと調書はとったものの、もし裁判になったらこのことを持ち出して何か言われないかと不安です。

裁判になった場合、明らかに不利になるのはご主人のほうです。質問者様も暴力を振るったことに間違いありません
が、被害の大きさ、回数、精神的なダメージを考えると裁判になってDVの件が持ち出されても、警察での調書を証拠として提出すれば、質問者様に不利になることはありません。むしろ、慰謝料を請求できると考えられます。
今後も、少しでも暴力を振るわれそうになったら、すぐに警察に相談してください。
腕を強くつかまれただけでも、暴行罪が成立しますので些細なことだと思っても、身の安全のために警察に通報したほうがいいです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

本当にありがとうございました。


 


別居した時は恐怖心でとっさに家を出る行動に出ましたが、その日から1週間の間、そこまで私が憎いかと思うこと言って来て、子供たちが父親を軽蔑し始めています。


主人の思うようにさせるのが早く済むし、私が損でも我慢すれば今の現状から逃げだしたい気持ちでしたが、あまりにもひどい要求なので相談しました。


 


先生の意見を聞いて安心しましたし、勇気も貰いました。


子供のためにも自分のためにも穏やかに生活したいので逃げずにがんばれそうです。


 


最後になりましたが、先生には温かい言葉も頂きましたが、これは立場が変わると、主人側の相談になると言い分も違ってきますから、これがすべてではないと私も思っています。


感情が入っているので、いきさつについては主人とは見解が違うと思いますが、財産分与についてのお金の流れや状況に偽りや感情もなく現状を書いています。


裁判になると中立な立場での話にはなると思うので、私の想像外の意見も出るかとは思いますが、財産分与や養育費等裁判で争われる用件の答えは、先生のおっしゃる答えと、さほど差はないものですか?


先生の意見は、私もそうだじゃないかな?と思ってた答えと同じだったので、安心と自信が湧きましたが、裁判では先生とは違う方が来られるのは明確な事なので、先生の意見とは反対のことをいう専門家がいるのか気になりました。


もし、いるとしたらそれも現実なのかと受け止めるつもりですが、私が絶対有利と思って違うなら、そういうこともあると頭に於いておけば、そのような事が万が一あれば、冷静に受け止められるかと思い最後に質問させて頂きました。


 


主人は裁判では、弁護士を付けるのではなく、自分で裁判の手続をして自分ですると言ってました。


 


この質問を最後にしたいと思いますので、ご意見宜しくお願い致します。


お返事の際、評価を入れさせて頂きます。


 


 


 

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
確かに、今のところ質問者様の意見だけしか聞いておらず、相手の意見も聞いてみないと判断しかねる部分もあります。ご主人が弁護士に相談すれば、その弁護士はご主人に有利な点ばかりを主張してくるでしょう(今まで話を聞いていても有利な点は無いと思いますが)。また、ご主人は自分で裁判に望むということですので、大した主張もできないでしょう。


裁判は感情よりも事実が 重要です。
財産分与や養育費に関する争いに関して、これまでのやりとりの中で質問者様が事実を述べているのなら、今までの回答は家庭裁判所の調停での判断に沿ったものなので、大幅に覆ることはありません。

事件を扱う裁判官や調停委員はどちらの味方でもなく、証拠に基づいた事実によって判断をします。ですから事実をきちんと主張すれば質問者様に不利になることはありません。相手が事実と異なる主張をしてきた場合は、事実ではないとしっかり否定しましょう。

繰り返しますが、事実を主張し証明できれば、今までの回答に大差ない結果になるでしょう。どうぞ自信を持ってくださいね。

shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
追記です。

評価してくださったあとでも、不明な点や心配なことがあれば回答させていただきますので、遠慮なく返信してくださいね。

法律 についての関連する質問