JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 934
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

以前不倫をしていて(当方男既婚、相手女性未婚)分かれた女性から、分かれた後に妊娠がわかり、中絶を行った。そしてその術

解決済みの質問:

以前不倫をしていて( 当方男既婚、相手女性未婚)分かれた女性から、分かれた後に妊娠がわかり、中絶を行った。そしてその術後がよくなく、結果二度と妊娠できない身体となった。そして現在はそれが原因で心身影響がで、栄養失調で入院し仕事なども失ったと言われ、手術費用、通院費用、病院の入院費用などの実費と慰謝料をメールで求められています。この場合どう対応すべきでしょうか?
またこの場合の慰謝料とはいくらくらいになりますでしょうか?
病院関連費は手術費用94000円、入院費152000円、病院代88000円、通院費38000円と言われました。これは妥当な金額でしょうか?
また払うとしたらどのように支払えばいいのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
中絶手術は自由診療となるため、病院によって大きく価格が異なります。
また、中絶の時期が遅くなればなるほど、手術も難しくなりますし、
それに合わせて金額も高額になります。
妊娠ができないような状態になってしまったというようなことですから、
恐らく初期ではなく、少し難しい手術だったのでしょうか。
であれば、約35万円程度の金額というのは十分考えられる金額といえます。

---
慰謝料や病院関連費用についてですが、法的には支払い義務はありません。
現実には男性が女性に対して金銭を支払うケースが多いですが、

1.中絶に消極的な女性に対し、男性側が説得をするために支払う。
2.交際に対しての道義的な責任として支払う。
3.今後の干渉をさせないための手切れ金や口止め料などの
 意味合いで支払う。

上記のいずれか、あるは複数が競合して、支払いをしているということになります。
法的には支払い義務がないものですので、金額もバラバラです。

まずは、相手方の要望を探ってみるところからになるかと思います。
男女の揉め事は感情がどうしても中心になります。今ははいいと思っていても、
ちょっとした心境の変化で、後日揉め事が生じるということがあります。

上記の通り、法的に責任がないとして支払いを拒絶するのも一つの方法ですが、
もし、病院関連費用や慰謝料などについて支払いをされるつもりなのであれば、
きちんと示談書を作成し、金銭のやり取りについても記録に残るよう、なるべく
銀行振込みにされることをおすすめします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速の回答ありがとうございます。
いくつか補足説明をさせていただき、何点か確認をさせていただければと思います。


まず中絶は妊娠発覚後すぐ行いました。
妊娠2ヵ月くらいだと思います。
ただその際に中絶同意書の書類も見せられず、サインも求められませんでした。手術日なども言われず、これから中絶手術しますという報告がメールでありました。その後、中絶を行い地元に戻って仕事をしているなかで、栄養失調で倒れ、入院した結果二度と妊娠できない身体になったといわれたということでした。
こういった場合その証拠を求めたりするべきでしょうか?


 


相手方の要望は金銭の支払いのようなのですが、現在相手の現住所がわからず、電話番号も以前のものしかわからない状態です。その中で相手は書類を残すことを嫌がっております(中絶の証拠をこれ以上残したくないからというのが理由で、それを求めるということは私に誠意がないといっています)。こういった相手に金銭を払うには、どのように示談書などを作成するべきでしょうか?

私としては相手をなるべく刺激せずに、穏便に解決したいとは考えています。金銭のスムーズな支払い方法や、今後の干渉をなくすためにどのように行動すべきか教えていただければと思います。

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
メールのやりとりだけでは、極端な話本人かどうかすらわかりません。
きちんと約束をすることは、【お互いのために】、大事なことです。
すこし、時間を使ってでも、誠意のある対応をするために、必要な物だと説明を
して、理解を求めるようにしましょう。と、いうのが行政書士の立場からの回答
です。

ただ、最終的には感情のものなので、これまでの付き合いの経過から考えて、
以前から、そういう性格だったな、いくらか支払っておけば納得してくれそうだ、
ということであれば、ひとつの方法であるのも事実です。その場合は、メール上
でも構いませんので、きちんと約束事を交換するようにし、最終的な合意内容
はもちろんですが、途中経過も含めて、全て残しておくようにしましょう。

基本的には、病院関連費用については、請求書や領収書の確認、基本は原本
ですが、今回のような状況であれば写メで送ってもらういう方法も、何もしない
よりはいいでしょう。

ポイント、
・合意内容の保存
 支払い総額、内訳、支払い条件の記載に加え、その他の請求はお互いにしない
 旨の記載をしておきましょう。
・支払い記録の保存
 現金で渡すのであれば、領収書は必須です。手書きでサインをしてもらいましょう。
 振込であれば、必ず本人名義の口座に振込をします。
 現金書留というのは、金額は記載しますが、あくまでも保険をかけた金額であって、
 記載金額が中に入っていることは証明してくれませんので避けましょう。


質問者: 返答済み 4 年 前.

早速の再回答ありがとうございます。
私の中で教えていただきたいことは、ほぼ教えていただけました。


ただ最後に3点、私には判断がつかないので教えていただけますか?


1.今回のケースとして、専門家の立場から慰謝料・病院関連費用を私が払ったほうがよいのか?


2.病院関連費用について、手術の証拠や入院の証拠がない中でも手切れ金だと割り切って支払ったほうがよいのか?ちゃんと証拠(病院の領収書や診断書)を確認をするまでは払うべきではないのか?


3.慰謝料を払うとした場合、専門家の立場から今回のケースはいくらが妥当と思われますか?


 


以上3点、ご面倒とは思いますがご回答いただければと思います。


よろしくお願いします。

専門家:  houmu 返答済み 4 年 前.
手切れ金的な金銭として、不明確なまま支払うという考え方もありますが、
この場合の一番のポイントは、女性側が期待している金額と、ご質問者様の
払ってもいいと考えている金額の乖離の有無や程度になるかと思います。

内容を明確にした上で、交渉をした上での支払いであれば、最終的に高額
になってしまったとしても、払った側も一定の安心感を得られるでしょうし、
あきらめも付くでしょう。

しかし、内容が不明確なまま支払いをして、その考えていた金額に乖離が
あると、再度支払いを求められて、払ってもまだ足りないなどとなって、
お金は出ていくし、心労は減らないし、ということになりかねません。
従って、女性の考えていた金額と、実際にあなたの支払っても良い金額とが
概ね一致しているのであれば、曖昧なまま支払って解決、というのも一手ですが
そうでない場合には避けるべきでしょう。

先にも回答しました通り、法的には支払い義務のないものですので、第三者の
目線で言える、妥当な金額というのがありませんが、しいて言えば、現在の年収や
これまでのデートに使ってきた金額の水準が低ければ、大きなことをいっていても
それはブラフで、実際には10万・20万を支払って終わりということもあるかもしれ
ませんし、会うたびにお小遣いをあげていたような関係であれば、100万200万でも
全然足りないと主張される可能性もあります。(仕事を失ったということを主張
されているため、収入面の保障を求めてくる可能性もあるためです。)

現在、奥さんに不倫関係が発覚していないのであれば、それを守れるかどうかが
重要なポイントになるかと思いますが、大きなお金を支出してしまえば、それ自体が
バレる原因になります。お金は出ていって、奥さんにバレてとなるのが一番良くない
ですし、同じようにバレてしまった場合を考えたときにも、金銭的な支出の有無や
程度は、夫婦関係の修復にも影響するでしょう。
従って、バレずにこっそり出せる金額というのが第一命題といえます。そして、その
範囲内の金額で相手が不満そうであれば、書面作成は必須といえるでしょう。
もし不満そうであれば、その後説得できたとしても、あとから再請求されたり、逆に
少額しかもらえなかった腹いせにバラされる、というようなことが考えられるからです。
もちろん、書面を作っていても約束を破られるリスクはありますが、それでも相手方に
対しての心理的抑止力にはなるからです。

もう一つの目安として、離婚における、配偶者に対しての慰謝料をみてみますと、
10年20年と連れ添った夫婦ですら財産分与とあわせて、300~500万円といった
金額ですから、あまり高額の支払いには疑問があります。

houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問