JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2257
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

敷金について質問致します。 S59年築のアパートです。 入居時の契約書に「解約明渡し時、ルームクリーニング代として¥40,000申し受けます」「クリーニング代は敷金から

解決済みの質問:

敷金について質問致します。

S59年築のアパートです。

入居時の契約書に「解約明渡し時、ルームクリーニング代として¥40,000申し受けます」「クリーニング代は敷金から差し引きを致します」と記載されております。

捺印し契約しましたが、返還請求は出来ないでしょうか。

(別途、こちらが汚してしまった畳交換費用が請求されているので、それに関しては
支払うつもりです)

ちなみに非喫煙者でクロスの汚れは指摘されていません。


ご回答、宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 5 年 前.
こんにちは、司法書士です。よろしくお願いします。


本件はいわゆる賃貸借契約における、クリーニング特約の問題です。

本来、部屋のクリーニングは家主が負担すべきですが、契約書に特約と
して記載されている場合、借主がクリーニング代を負担しなければならないのか、ということで争いがおこります。

家主が個人の場合に、このクリーニング特約は借主に対する不意打ち的な規定で合理性がない、という判例があります(東京簡易裁判所 平成16年10月29日)。

・・・クリーニング費用の負担についての条項には,単 に「・・借主負担とし・・」とする合意があるが,どういう条件のもとで,費用がどのくらいかかるかも不明な内容の契約であるから,明確性に欠け,賃借人に著しく不合理なもので合理性がないと言わざるを得ない。したがって,の条項は,合理的解釈のもとではじめて認められるもの,即ち,賃借人が明渡しに当たって通常求められる掃除やクリーニングをしていない場合にこれを認めるものとし,そのクリーニングの方法,箇所,その費用が相当であるかどうかを総合して決められるものと解される(東京簡易裁判所 平成16年(少コ)第1844号 敷金返還請求事件判決より引用)。

つまり、「通常求められる掃除」、たとえば掃除機 をかけるとか、水まわりをきれいにするとか、ゴミはきちんと捨てるとか、そういった「普通の」掃除さえしていれば、それ以上クリーニング代を借主が払う必要などない、とこの判例は言っています。

上記判例では、52,900円のクリーニング代の請求に対し、脱衣所の床の汚れ,洗面化粧台水栓金具の汚れ,防犯シールの剥がしがされていないという理由で5,000円のみ借主負担と認めましたが、それ以外の47,900円分は貸主が負担すべきものと判断しています。実に請求額の10%に減額されたということです。


質問者様のケースでは、契約書にクリーニング代がしっかり明記してあるという違いはありますが、基本的にはしっかり掃除してあれば、クリーニングはする必要のないものです。一回掃除して大家に見てもらい、どこが汚れているのかを見てもらい、クリーニングが必要ないということを主張してみることができます。通常一通り綺麗に掃除すれば40000円もクリーニング代がかかることはありません。

上記の判例を示して大家と交渉してみてください。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問