JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

マンションの購入契約で300万円の手付けを入れましたがキャンセルをしたいと申し入れましたが 返金は出来ないと言われ

解決済みの質問:

マンションの購入契約で300万円の手付けを入れましたがキャンセルをしたいと申し入れましたが
返金は出来ないと言われました。
最初の契約でその様に書いてあるとも言われました。
駄目なものでしょうか、宜しくお願い致します。 守本睦彦
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 4 年 前.
こんにちは、司法書士です。よろしくお願いします。


手付けとは、大まかに言うと、売買契約締結に際して買主が売主に履行の保証として交付する金銭のことです。

たとえば、不動産の価格が金2000万円の場合に、売買契約締結の 際に買主が金200万円の手付けを支払うことが、実務でもよく行われます。
売買契約書という紙切れ1枚でなく、より確実な、事実上の拘束力を契約に持たせようという意味です。

本来、契約を締結した場合に契約の解除というのは簡単にはできません。ただ気が変わったからという理由で一方的に契約を解除されては経済活動に混乱をきたすからです。原則として相手方に契約の不履行がある場合にしか解除は認められません。

しかし、ただ気が変わったという理由で、買主が一方的に契約を解除することができる方法がひとつ存在します。
それが「手付けの放棄」です。
手付金が交付されたときは、買主は手付金を放棄することにより、また売主は交付された手付金の倍額を買主に支払うことによって、それぞれの契約を解除することができるのです。
ただ気が変わったからという理由であっても、お互いに上記の条件のもとでの解除権を認め合いましょうという「契約」ということです。


したがって、質問者様が契約を解除する場合、解約手付金300万円は放棄しなければならないことになり、残念ながら返金を請求することはできません。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問