JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
AEに今すぐ質問する
AE
AE, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 748
経験:  民事法務専門
62985828
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
AEがオンラインで質問受付中

財産分与の件 父の財産・二人の子供がいます 生前父が病床で長女である私が資金管理をしていました。 理由としては

解決済みの質問:

財産分与の件
父の財産・二人の子供がいます
生前父が病床で長女である私が資金管理をしていました。
理由としては証拠はありませんが父から言われていたためです。
病床では脳梗塞のため意思疎通は日によりますが、はかれました。
元気だった頃の約束で父から家の購入費を入院中いただいています
亡くなったあと妹から家を売りその代金を返せ と言っています。
妹は生前父から同様に父から援助を受けているようです。
葬儀その後の法要のため銀行は止めていません

入院中に葬儀に備えたり、するための代金と約束の土地の代金を受け取ることは法律違反ですか?

現在現金200万と家がありそれを妹に渡そうと考えていますが
以前父から1800万あると言われていたのにないからおかしいと
なくなった時にあったわけでは有りませんでしたが
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  AE 返答済み 5 年 前.
父の意思に基づいて父の財産を使うことはなんら法律に反することではありません。
ですので元気だった頃の約束で父から家の購入費を受け取ったり、葬儀費用としてまとまった額を引き出しておくことも違法ではないです。

ただし妹から見た場合には非常に疑わしく見えてしまう行動ですので、やり方としてはあまり適切ではなかったと言えます。
ただでさえ財産を管理していると他の親族から疑われることも少なくないので、例えば贈与契約書を作っておくなど、財産の使い方が父の意思に沿うものであることを客観的に証明できる形で残しておくべきでした。
葬儀に関する費用については今からでもできる限り領収書を保存し、入出金を記録して適切に使っていることを証明できるようにしておきましょう。

今後、妹は「あなたが勝手に自分のものにした」と主張し、あなたは「父の意思に基づいて受け取った」と主張して争うことになります。
折り合いがつかなければ裁判や調停で・審判になりますが、あなたが父との約束を証明できなければ妹の主張が認められることもあり得ます。

あとは、妹が父からどの程度の援助を受けていたか調べておきましょう。
妹が生前に父から受けた援助は、「特別受益」といって遺産をわけるときの総額に加算することができます。
例えば亡くなった時の遺産が200万円あり、妹は生前の父から1000万円の援助を、あなたは12000万円の家の購入費を受け取っていた場合、それぞれを特別受益として遺産総額を2400万円であるとみなすことができます。
それぞれの相続分は2分の1で1200万円ずつですが、妹は既に1000万円もらっていますので残りの200万円だけ渡せばいいということになります。
つまり法律では、生前に受けた援助もまとめて考えて公平に財産を分ければいいということです。

上記のようなことも説明して、妹とよく話し合って解決できるといいですね。
AEをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問